本文へジャンプ

  • 【放送終了】薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    市販薬でも
    せなさん / 京都府 / 10代 / 子ども
    記事ID: 49681

    わたしは今高校三年生ですが、もう五年ほど前から、ある特定の市販薬でのODを繰り返し、その薬がなければ生きていけないほどに依存してしまっています。飲まなければ手が震えてしまったり、そもそも意識を保っていられなくなってきたり。
    市販薬での中にも、使い方を誤ると覚醒剤を使った時の所謂"ハイ"の状態に陥るものもありますし、乱用やめたときに解脱症状も同じようにでます。市販薬でも、薬というものにわたしもまたそれに依存してしまっているので、ある意味では覚醒剤の乱用者と近い位置にいるのかも知れません。

    投稿日時:2016年02月11日 21時40分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    苦しみは取れない。
    芋けんぴつぁんさん / 滋賀県 / 10代 / 子ども
    記事ID: 49679

    私はよく処方された安定剤や睡眠薬でODをしてます。
    それは中学1年の頃からやっていて、今もしています。誰に助けを求めたらいいのかわからず、薬に頼ってしまう。それで迷惑をかける。申し訳ないと思っても苦しみは取れない。
    もしかしたら清原さんも誰かに助けを求めていたのかも?と私は考えています。

    投稿日時:2016年02月11日 20時00分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    日本も先進国になって下さい!
    tamaさん / 東京都 / 母親
    記事ID: 49678

    日本では違法薬物を使って逮捕されると犯罪者として罰せられ、著名人であれば世間の晒し者になって毎日報道されダメ人間扱いされますが、アメリカなど薬物対策の先進国では、犯罪であっても裁判でリハビリ施設に入所させられ、薬物依存性を克服するプログラムを受け、ある一定期間を終了すれば元の職場に復帰出来ます。
    有名な俳優やスターたちもたくさんいます。
    その件でバッシングするどころか回復を讃え応援までするので回復率が格段に高まるのです。
    清原が二度も死にかけ、本人もあの時に死んでいれば良かったと言ったと今日のTVで観ましたが、死んでいく人が多い依存症者の中で命を頂いたのには意味があると思いました。
    これからは回復施設でプログラムを受け、薬物を使っている人たちの回復のお手本として生きていってくれたら良いと思いました。
    ダルクの創設者の近藤代表のように!「運命を使命」に転換していけるよう心から願っています。

    投稿日時:2016年02月11日 18時46分

    コメントを書く

  • 提案

    依存症という病気への理解
    ヤスさん / 茨城県 / 40代 / 薬物依存症回復施設スタッフ
    記事ID: 49674

    私自身、覚せい剤事件で刑務所を経験しながらも止められませんでした。
    まずは、自分が薬物依存症という病気だ。と認めるのが回復には大事なことなのですが、本人はいつでも止められる。という気持ちがあるのでなかなか病気と認めることが出来ません。
    周囲の人も意志や根性で何とか出来る。という所から変えていかないと難しいと思います。

    投稿日時:2016年02月11日 14時47分

    コメントを書く

  • 提案

    魔女狩り
    はなこさん /
    記事ID: 49670

    芸能人や有名人が薬物依存にかかると、マスコミは人間のクズのようにその人を扱いますが、それは法的に許されることなのでしょうか。
    殺人を犯すことと、薬物依存にかかることと、同じラインで犯罪者扱いされてよいものなのでしょうか。
    報道の法整備はどうなっていますか?

    また、病気から回復して、社会復帰するための道筋を教えてください。
    回復して頑張っている人を取り上げてください。

    投稿日時:2016年02月11日 09時35分

    コメントを書く

  • 提案

    シブ5時ファン
    do ut desさん /
    記事ID: 49651

    野球の事は全くわからないので
    野球の有名な人が覚醒剤で逮捕、
    というニュースは
    全くショックでは
    なかったのですが、
    大好きな番組、NHK総合、
    シブ5時に出演されていた
    アナウンサーさんが
    薬物で逮捕されて
    しまったことは、
    ショックでした。
    厳しい処罰を与えるのではなく、
    どうしてそんなことに
    なってしまったのか、
    どうすれば、
    そうならなかったのか、
    そのアナウンサーさんには
    番組に登場して、
    識者の皆様と共に考え、
    語り、薬物依存のない社会を
    作る人になって頂きたいです。
    犯罪を犯しても、それを
    上回る「良いこと」が
    出来る機会を作って差し上げて
    頂きたいです。
    ハートネットTVとシブ5時の
    コラボでお願いします。


    投稿日時:2016年02月10日 15時42分

    コメントを書く

  • その他

    疾患と知って理解を深めて欲しいです
    みのむしさん / 埼玉県 / 50代 / 医療専門職
    記事ID: 49648

    嗜癖の専門病棟勤務を経て、現在は産業看護に携わっています。あるとあらゆる職業、肩書き、立場の老若男女の全てが対象の疾患です。けれども、依存症についての理解が医療関係者の中でも正確にされていないのが現状だと思います。患者と呼ばれる当事者はもちろん、その周囲にいる関係者への理解もなされていないと思います。必要なのは正確な理解と知識と専門治療であり、愛情や友情、善意や好意では依存症と言う病には太刀打ちできません。依存症に陥るきっかけを他者が批判することは容易です。好奇心的な関心ではなく、誰の身にも起こりうる疾患のひとつと考えていく必要があると思います。依存をしていると現実から一時的に逃れることができますが、その間、向き合うべき現実は置き去りのままですから、自分の成長が止まっている状態と言われます。依存していた対象から離れると言うことは、真の自立を意味します。何回スリップしても立ち上がり続けようとする、当事者の中にある健やかさを無知や無理解によって不用意に傷つけることはして欲しくないと思います。

    投稿日時:2016年02月10日 14時49分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    共依存と世代間連鎖
    ラメさん / 岡山県 / 30代 / 子供、妻
    記事ID: 49646

    私の父はアルコール依存症でした。
    散々苦しめられた挙句、最期は自殺してしまいました。
    今、私の夫はアルコール依存症の治療を受けています。
    私も共依存の素質を持って育ってしまったようです。
    依存症は、1人だけの問題ではありません。
    共依存の人間がいる限り、依存症は消えないと思います。
    周りの人間も依存症の一端を担っていることを、忘れてはならないと思います。
    そのためにも、もっと手軽に依存症のことを知る機会があってよいと思います。

    投稿日時:2016年02月10日 13時44分

    コメントを書く

  • 悩み

    連れ合いの苦しみ、痛み
    悩める義母さん / 東京都 / 60代 / 義母
    記事ID: 49643

    娘が離婚します。婿が徐々におかしくなり、食事をしなくなる、アレルギーだと鼻の炎症を猫のせいにする、疑い深くなり娘の外出を止めるようになる、朝起きられずに仕事を休みがちになり、最後はやめてしまう、寝てばかりいたと思うと、夜中に冷蔵庫から直接食べるようになる、たばこの吸い殻も灰もそこら中にまき散らすなど、人が変わったようになりました。家の金もものすごい勢いでなくなりました。その上、携帯も部屋の鍵も車のかぎも持たせずに家から閉め出したり、手を上げるように至っても、娘は自分のせいでそうなったのだと思い込み、そばにいました。
    最後に、友達たちの助けでシェルターに逃げ込みましたが、いろいろな媒体を使って嫌味を言ったりや脅しをかけてきます。
    本人の意思で病院や更生グループに入ったりできればいいですが、その勇気もなく、向こうの家族も何もしません。

    投稿日時:2016年02月10日 12時57分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    当事者です。
    ななしさん / 福岡県 / 40代 / 当事者
    記事ID: 49637

    テレビでの報道を見て、これ以上当事者を追い詰めないで欲しいと願います。
    弱い事は悪い事としての認識を覆せとは言いません。
    薬を使うエネルギーはとても大きいのです。そんなエネルギーを持った人達を力で押さえつける事はしないでください。
    ちょっとだけ肩に手をかけて『こんな方法もあるよ』と声をかけ、ただ黙って寄り添うだけで、今度はそのエネルギーを自分が生きるために使うことが出来ます。
    薬を使ってまで生き延びようとしていた人を罪人にするのではなく、病気として治療、サポートをしていく事がこれからの薬物問題を前進していく事に繋がると思います。
    私はそのような方々に施設、自助グループで出会いました。
    特別な事は出来ませんが、以前の私の様な方の側に居続けるために自助グループで仲間をお待ちしております。

    投稿日時:2016年02月10日 11時20分

    コメントを書く

現在のカキコミ78件中