本文へジャンプ

  • 【放送終了】薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    治療法、困難ですね・・・。
    BENTAKAさん / 宮崎県 /
    記事ID: 49636

    私は薬物依存になったことがないのですが、一度依存すると治療は困難だと思います。一人では出来ない何かがあると感じます。
    周囲の理解と簡単に言ってしまうのですが、薬物依存者は周囲に人が近づかなくなりがちな気がします。だから彼が選手時代薬物依存でなくても、何か悪い噂が立っていて、野球関係で人脈がとても広くても誰も、近づかなかったのではと思っています。
    誰かが歩み寄ってほしいのですが・・・。そうならないと治療にならない気がします。

    投稿日時:2016年02月10日 11時17分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    薬物依存とプロ野球界
    BENTAKAさん / 宮崎県 / 20代 /
    記事ID: 49635

    大の野球ファンの者です。ここ数年よく、プロ野球の試合をテレビ観戦して、スポーツのウェブサイトにカキコミをしていて、野球に関わる多くの知識を学んできたので、そういった世界を生きてらっしゃった人の今回のニュースは余計悲しかったです。
    薬物依存は怖くて、やってはならない事だと思いますが、プロ野球という(他のスポーツも)競争の世界が、決して悪く言うつもりはないのですが、当然それを生み出しやすい環境だとは感じています。休めば次の選手がすぐ出てくる環境で、怪我などすればすぐ薬物とはいかなくても、試合に出られなければそれが長引くと気持ちは切れやすくなり、野球を引退して燃え尽きて、何年か後には薬物に手を出しやすくなって、やめられなくなる流れもあるように見えます。今回の清原容疑者がその流れのように見えます。これがやめたくてもやめられない苦しみについてです。
    それでも若い才能や再ブレイクとかする選手、さらにチームを勝たせるために選手の能力を引き出すコーチや監督の中にも、才能が伸び悩みながらも誘惑に負けず、ベンチやグラウンドに立ち続ける男たちが山ほどいるので、その辺で人間としての誘惑への強さが出てくるものだと感じます。ファンとして称えていい事だと思っています。
    野球界はまた、私たちファンにいい夢を見せて頂きたいと思います。それが野球界にとっても一番の立て直しだと感じます。
    かなりの長文失礼しました。

    投稿日時:2016年02月10日 10時32分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    カミングアウト
    けんさん / 新潟県 / 60代 / 父親
    記事ID: 49633

    本人が薬を止めるために、ダルクに入りました。しかしながら、短い時は3日、長い時で1か月なかなか落ち着いて回復に向かうことは出来ません。我が家に帰るとお決まりの処方薬や市販薬に頼りっきりの生活、私たち夫婦も世間体故、本人の要求を受け入れ、どうしようもない状態に陥りました。そんな時ある方の提案を受け入れ、本人を手放すという選択を受け入れ、帰ってきたときに家に入れるのを拒みました。本人は家のドアを壊すような状態になり、やむなく警察に連絡、保護を頼みました。家の前にパトカーが2台、近所は騒然となり、もう世間体故に薬物依存症の息子のことを隠しておくことができなくなりました。本人が警察に連れて行った後に、私は自ら長男が薬物依存症であり、突き放しが必要なことを近所に説明しに歩きました。世間体を捨てると、これからの生活が大変になるのかなと考えていましたが、逆でした。今までの生活は、本人のためと思い嘘をついていたのがその必要がなくなり、地域の皆様に支援を受けるまでになりました。少しでもカミングアウトが出来る家族が増えることが、薬物依存症という病気への理解が深まるのではと考えるようになりました。

    投稿日時:2016年02月10日 09時56分

    コメントを見る(現在1件)

  • かなしい

    その人の何がわかるの?
    シャンプーさん / 東京都 / 30代 / 相談員
    記事ID: 49632

    本人のことをテレビでしか知らない人が
    「アイツはまたやる。」
    とか、
    「子供の夢を壊した。」
    と、書き込みをします。

    こういった言葉が、本人を傷つけ信頼や信用を見いだせない状況を長引かせます。

    本人がやり直したいと願うなら、どんな形であれ信用し、信頼してください。

    どうか、どうかお願いします。

    投稿日時:2016年02月10日 09時24分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    私が堕ちた理由
    湊さん / 東京都 / 40代 / 回復途上人(LGBT)
    記事ID: 49627

    私の薬物依存が始まったのは仕事柄、夜型の生活になり、しかし昼も仕事がある、寝る時間は平均2~3時間でした。
    朝、目を醒ますためにリタリンを飲み、無理やり目を開けていました。そんな生活が続くわけもなく、ドンドン飲む量が増えていきました。
    薬か抜けてくると更衣室に隠れてまた、飲む。出先で無くなったり、切れるとパニックがおきてしまうので、いつも多目に持っていました。
    ある日リタリンもなくなり、精神病院に静養入院。なのにまた手に入れ入院中も飲んでいて、ある日もうこんな生活はダメだ。これを飲みきったら辞めよう、と決意。ここは病院だし離脱症状がでても大丈夫。体がだんだん鉛の様に重たくなり身動きがとれなくなり、うわ言で『もう嫌だ。リタリンくれ!』と言っていたみたいです。私自身覚えていませんが。

    そこまでして、起きていなければ仕事にならなかったし、枕営業もシラフでは同性を抱けなくて。
    狂わないと何も出来なかったのです。
    お金のために薬を飲み、薬のために働きました。
    もう、狂っていました。
    あの離脱症状はとても苦しかった。多汗、手足の震え、ろれつが回らない、落ち着かない。挙動不審でした。
    私は薬とお酒を止めるために2ヶ月半専門病院でリハビリテーションプログラムをしっかりやりました。
    退院後は自助会、外来毎週行く、抗酒剤を飲む。の三本柱を守り、毎日自助会を周り自分の飲酒とODにまつわる話を何回もし、仲間の存在に励まされてやっと3ヶ月が経った。
    もう、戻りたくない。
    新しい仲間と新しい生き方を始めた。一人ではお酒も薬も止まらない。依存症という、立派な病気だからだ。意志が弱い訳でもなくそのような問題ではないのだ。
    自助会は貴方を歓迎してくれるはずだ。共にやっていこう!

    投稿日時:2016年02月10日 00時09分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    依存症は病気です
    山さんさん / 東京都 / 50代 / 母親
    記事ID: 49626

    インフルエンザにかかったら、癌になったら、病院に行きますよね。または、それなりのところで治療をしますよね。依存症は病気ですから、きちんと治療が必要です。それが、病院なのか、仲間なのか、施設なのか。。。それはその人によって違うと思います。そして、回復し続けて、成長して社会に戻っている人はたくさんいます。
    私の息子は薬物依存症です。幸い早くに回復施設に繋がり、信頼できる人に出会い、今は施設を出て暮らしています。私たち家族は家族会に、繋がり仲間をみつけ勉強して。。松本先生の公演も何度も聞いています。。。そして、家族として私たちも回復しつつあります。人間の最後とか、もう人生終わったなんていわないでください。逮捕されて、テレビで騒がれるかたもたくさんいますがみんなとても孤独だったのだと思います。ほんとの気持ちを話せる人がいなかったのかと。私たちの息子は友達がたくさんいました。でも心の痛みをわかりあえるひとはいなかったのかもしれません。生きるために薬物を使って、何とかやってきた人たちは、ガラスの心の持ち主だそうです。社会はそういう人たちに好奇の目や、排除、罰とではなく、見守る気持ちをぜひお願いします。わたしも薬物依存症の家族になってみて初めてわかりました。今回のように、気持ちを伝える機会をあたえてくださり、ありがたく思っています。

    投稿日時:2016年02月09日 22時52分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    薬物依存者が回復する時
    ジャスミンさん / 京都府 / 50代 / 依存症回復支援者
    記事ID: 49623

    薬物を止めることがゴールではなく、止めることはしらふで生きることのスタートなのです。薬物やアルコールを使うのは象徴で、解決すべき課題は薬物使用の裏に隠されている抱え切れない感情、心の痛みなど様々な解決出来ていない問題などでないでしょうか。
    また、そこからの解決や回復は独りでは難しく安心できる人や場所、希望などとのつながりが必要なのではないでしょうか。
    薬物依存者がこころの底から回復を実感できるのは、薬物依存者の回復を社会や職場、友人や家族が受け入れた時ではないでしょうか。

    投稿日時:2016年02月09日 22時33分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    薬物はニュースでは、違法薬物の話が多いけど
    ちんちゃんさん / 東京都 / 50代 / 援助職職員
    記事ID: 49622

    処方薬依存も、多いのでは?

    ネットで、売り買いされているみたいだし…

    薬物依存症のセルフヘルプ グループに、違法薬物以外に

    処方薬依存のオーバードースの別のセルフ ヘルプグループも、必要なのでは?

    投稿日時:2016年02月09日 22時11分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ78件中