本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在90

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • かなしい

    いいづらいですが
    りんごさん / 熊本県 / 40代 / 身体・発達障害アリ
    記事ID: 51650

    身体障害と発達障害です。


    ずっとひとりでした。

    頼みの綱の夫が 消防軍団の作業に長いこと泊まり込みでした。


    何もいりませんでした。必要なものはありませんでした。

    頼る人も支えになる人もいなくて
    夫を返して欲しかった。

    他の人には、家族や 支援してくれる人がいたでしょうが、
    わたしには夫しかいない状態でした。


    とても辛かったです。


    世間に一人にされたように感じてとても辛かったです。

    投稿日時:2016年06月01日 19時08分

    コメントを見る(現在1件)

  • 相談

    声はあげたいのですが、、、
    てるんさん / 東京都 /
    記事ID: 51644

    障害をもつ家族と暮らしています。
    大きな声を出したりなど、ご近所には日頃からご厄介をおかけしていますが、寛容に受け止めていただいています。大変ありがたく思っています。
    災害時に肢体不自由で体重もある家族を避難させるためには、ご近所に日頃以上の支援をお願いすることになります。大変心苦しく感じます。「いざというときには避難のお手伝いをお願いします」と切り出すのを迷っています。

    投稿日時:2016年06月01日 10時18分

    コメントを書く

  • 提案

    「配慮」について
    さくらピアさん / 愛知県 / 50代 / 施設職員
    記事ID: 51633

    配慮という言葉は障害種別、重度軽度、世代などによって様々で、ひとくくりに言えないものだと思います。
    その障害者のことを知っている人を地域に増やし、この人にはこれが必要、あの人にはあれが大切と、普段からわかってもらえれば安心だし、障害当事者も自分のことを話せる力、話せない人は周りの人と連携することが大切だと思います。

    豊橋市障害者福祉会館さくらピアは福祉避難所に指定されており、防災意識の高揚を目的として毎年9月に当事者主催で一泊二日の避難所体験をしています。
    机上の資料や報告だけでなく、障害のある人もない人も一緒に体験することによって「気づき」「配慮」という言葉の具体的な形や行動が見えてくると思います。

    投稿日時:2016年05月31日 18時13分

    コメントを書く

  • 提案

    まさか・・・という坂・・・を懸念中です。
    大太郎さん / 広島県 / 40代 / 当事者本人(統合失調症)
    記事ID: 51507

    拝啓 こんにちは。

    東日本大震災・阪神淡路大震災(主に地震による。)
    広島土砂災害(ゲリラ豪雨による土砂崩れ。)

    など、上記以外にも数多くの犠牲者を生んだ災害が
    小生の人生経験中にも国内外で多く発生し、
    まさか・・・自分(家族)も・・・という坂を懸念中です。

    小生の自宅はどちらかと言うと津波災害というよりも
    ゲリラ豪雨による
    土砂災害(一応防災工事は施されている)、や、
    何者かによる放火災害(人災)など
    が要警戒レベルかもと
    過去の元気だったころの父と共に
    食事中に世間話に興じたこともございました。
    実際にテレビで問題化された数年前の地元ゲリラ豪雨
    もございましたが当時雨後地元は懸念されていた
    高潮水害や土砂災害までには至らずにほっと一安心でした。
    過去実際に行政(地元市役所)側に問い合わせた父によると
    降水量50ミリ(/時間)まで位なら
    大丈夫だろうとのことでしたが
    危うくピンチになりかけただけに
    とてもとても他人事で済ませられる問題ではないと
    実感しました。

    南海トラフにおける日本国民全体を震え上がらせる地震災害も
    まさか・・・という坂・・・を
    懸念されている一つの事例と考えてよいと思います。

    核の無い社会も好いですが、それと同時並行して
    隠れている準被災可能性地域も要注意との旗印に
    小生も微力ながら一票を投じたいと思います。

    失礼致しました。 敬具

    投稿日時:2016年05月23日 18時43分

    コメントを書く

  • 提案

    東日本大震災を経験して
    万年サンタさん / 岩手県 / 40代 / 当事者
    記事ID: 51495

    震災当日、避難所がすべて被害を受けて避難できない状況でした。一泊自宅で不安な思いをしました。
    翌日、新たな避難所が設けられ避難しましたが、常用している薬を忘れそうになったり、精神科の薬が足りていないという情報が流れたりして何日か分の薬を持ち歩く大切さを知りました。
    避難所では、保健師が忙しく動いていたため話を聞いてもらえず10日後自宅に帰ってきてから疲労感やうつの症状が出ました。視覚障害もある為、食事の時間などの説明を声で出してもらえなかったので戸惑いました。小さい避難所だったので、周りの人が助けてくれましたが、熊本のように大きな避難所であれば必要な情報が得られず困るだろうなぁと恐怖感を持っています。
    情報の提供は、声や文字など多種の障害の人に対応するものにして欲しいです。

    投稿日時:2016年05月23日 11時22分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    精神科はどれくらいの質の医療が出来たのでしょうか。
    BENTAKAさん / 宮崎県 /
    記事ID: 51493

    被災当初からどんな想いで、精神医療を行ってきたのか、患者たちはそれを受けてきたのか、いつまでも気にかかっていました。
    例えば、

    ・薬の処方が出来なくなる
    ・患者たちはもちろん、精神科医も看護師も建物も被災されているから、人数が殺到して外来診療が短時間になりやすくなるから、患者たちの症状を適切に把握できたか
    ・把握のでき方によって、誤った増薬・減薬もあり得たので、その点は心配だった
    ・被災された入院施設も多く(特に大きな病院)、減少した病棟に多くの患者が入り込む可能性も高かったため、患者たちの状態も変化する事が考えられる
    ・また精神科医や看護師などの手が回りにくくなるだけでなく、薬の種類や数も足りなくなるうえに、病床や拘束器具まで数が足りているかどうかも気がかり

    可能性として想像できる事を挙げたのですが、どういった事が、実際に起きていたのでしょうか。
    恐らく相当な理不尽があっていたと想像します。体や心のケアがケアにならない、人とのつながりがつながりにもならない、やりにくさもあったと想像できます。現時点ではどのくらい状況が改善されたかも気になる部分です。
    また被災当初などはみんなで助け合えても、日数が経つにつれストレスが増えていくので、外来や病棟での関係性が悪化する可能性があると思います。
    この問題になると、みんなの心のケアが必要なので、配慮を求めたくても、配慮は難しくなるのでしょうか。

    投稿日時:2016年05月23日 10時00分

    コメントを見る(現在1件)

  • ムカムカ

    両県のお隣に住んでいるのに…
    ぱんこさん / 福岡県 / 20代 / 娘
    記事ID: 51490

    私は今回震災があったお隣福岡に住んでいます。
    母が車イスで生活をしており、趣味で手話を勉強しているため…
    たとえば
    ・現地のトイレを見てのアドバイス(こちらの投稿にも多い、オストメイトや手すりの位置、多目的トイレがない・適したトイレがみつからない時の対処(お風呂の椅子を改造するなど)法など…)
    ・足が不自由で座ったままでもできるエコノミークラス症候群の予防法のアドバイス(車イスで飛行機旅をしたことがあり、そのときの経験が活かせると思います)
    ・えんげ障害のある方に最適な料理を考えること
    ・手話ユーザーさんと一緒に楽しんでもらえるゲームやお芝居を披露して、聴覚障害についての理解をしてもらう など…

    当事者の家族だからこそ、いろいろできそうなことがあると思うんです。あとは専門の方も一緒に監修して頂けたら…。

    被災される前からご病気や障害などで現地で大変な思いをされている方もおられるでしょうし、

    被災地でのショックで体調を壊し、介護が必要になった方…その日から突然慣れない介護をはじめるご家族もおられると思うので、
    できれば私の普段の介護力や趣味を活かして一人でも多くの方を救いたいのですが…

    私は介護があるので1日も外に出られません。
    ボランティアをしたいのに行けなくて、もどかしいです。

    この番組で「うちの介護はこんなことしているよ!」などの情報共有のできるツールなどできないでしょうか…

    また、私のようにもどかしさを感じている方はおられますでしょうか。

    投稿日時:2016年05月22日 22時29分

    コメントを書く

  • 悩み

    薬を服用しているから・・・
    ひなももさん / 福岡県 / 30代 / 母親
    記事ID: 51459

    地震は経験した事はありますが被災までは経験のない私です。
    今回の熊本、大分での大地震で被害に遭われた方の心中をお察しします。
    私はパニック障害と発達障害を持っていて通院と薬も服用しているので、いざ手元に薬がない状態になったら困ると思います。
    普段から少しだけ薬も持ち歩いてはいますが全く切れてしまって離脱症状がでたりするのが心配ですね。
    只でさえ不安な状況のなか、体調まで悪くなるとかなり辛そう。
    今は薬のおかげもあって過ごせているので・・・
    また小さな子供もいて、守ってあげなきゃいけない立場なので本当に大変ですよね。

    投稿日時:2016年05月20日 04時52分

    コメントを書く

  • 悩み

    化学物質過敏症です。
    ぴっこりんさん / 兵庫県 / 40代 / 母親
    記事ID: 51441

    私と小学生の息子は「化学物質過敏症」です。
    他人が使用する洗剤や、洗剤・防虫剤・タバコの匂いがついた衣類、消臭剤などありとあらゆる化学物質に反応して、呼吸困難、痒み、倦怠感、集中力欠如など様々な症状が引き起こされるため、他人との共存が難しい体質です。
    自分ももちろん辛いですが、我が子が苦しむ姿を見るのは本当に胸が引き裂かれるほどの辛さです。
    こちらは関西ですが災害が起きて避難が必要になった時、生きていくすべがあるのか非常に不安を感じます。
    化学物質過敏症 患者に配慮した避難所も用意して頂けたら本当にありがたいです。

    投稿日時:2016年05月19日 18時40分

    コメントを書く

  • 提案

    地域との付き合いも
    JET さん / 愛知県 / 30代 /
    記事ID: 51437

    知的重度の子供がいます
    療育施設などでいろいろ障害や診断がつかない軽い子もいらっしゃいます
    障害が見えにくい子供は
    周りの理解も難しく地域との繋がりがうすい気がします
    毎日の生活だけで親たちは余裕なくなおさらご近所付き合いも
    負担で精神的に難しいのが現状で
    避難所でも付きっきりで食事も取りに行けない、トイレも親しか見れる人がいないなどとても困ってても相談先がないなど
    グレーゾーンの方でも
    支援はしてもえるのか
    心配です
    知り合いの方を普段から少しでも増やす事が避難所でも気にかけてくれる方がいるだけでも安心できると思います
    うちの子の場合は
    ディサービスの方や
    近所と知り合、気にかけてくれる数人ですがいらっしゃいます
    あきらかに避ける方やいやな事もありますが
    必ずいい人もいます
    親も高齢で身内もうちの子供は障害児のため頼れません
    災害時は市役所なども頼れるかわからないし、福祉避難所も利用できるか不安でいます
    災害時に頼れる方をみつけるのは
    難しいかもしれませんが
    知ってもらうから始めてみることも必要な気がします

    投稿日時:2016年05月19日 10時43分

    コメントを書く

現在のカキコミ90件中