本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在90

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    避難所へ行けない。防災訓練さえ無理な人は?
    それでも今は生きている。さん / 愛知県 / 40代 / 患者当事者
    記事ID: 51435

    「いつも出来ていないことは、緊急時なら、なおさら出来ない」
    集団生活で病状が悪化してしまう人は、大災害に遭っても自宅待機や車中泊をするしかない。
    そのような者へも普段から目配りして、支援体制を作っておく必要があると思う。

    化学物質過敏症の患者は、タバコや香料等で体調を崩す。
    無香料であっても除菌剤・消臭剤・虫除け等の衛生用品やプラスチック製品等の成分によって神経機能が乱され、ひどい場合は自力で立てなくなったり、呼吸困難や意識障害に陥る。
    シックハウス素材で保管されていたものは、移染で発症源化してしまう。
    大勢の人が集まる場は各々が生活臭を持ち込んで密集するため、患者にとっては拷問監獄も同然。
    もしボランティアの手に負えないほど体調悪化したとしても、適切な対処が可能な医療機関は殆ど無い。

    非常事態の現場では連絡の行き違いやミスも多いので、事前に配慮をお願いしても、実際は反故にされることが多いだろう。
    たとえば個人用に持ち込んだタオル等を他の人に使われてしまい、合成洗剤等に汚染されて廃棄を余儀なくされたり。
    安全確保のために「洗い物用の水が欲しい」といっても、
    「緊急時に贅沢!」と一蹴されて終わりそう。

    食料や毛布等の物資に困ったとしても、配給の順番待ちの列には並べない。
    そもそも現状では、一般仕様の配給物資自体が体調悪化を招く品質。
    非常食は密閉容器の素材臭や乾燥剤等の成分が染み込んで食べられないし、
    アレルギー発症を抑える回転食やアレルゲン除去済みの食材を確保するのも、普段以上に困難を増す。

    大半の人が当たり前に過ごしている日常生活でさえ、
    患者側にとっては常時、生存権を脅かされているのが実状。
    今すぐにでも日頃の生活を見直して取り組むことが、重要課題だと痛感している。

    投稿日時:2016年05月19日 07時28分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    普段から帽子を被る練習を
    なおピーママさん / 宮城県 / 30代 / 母親
    記事ID: 51409

    仙台市に住む東日本大震災の被災者です。

    発達障害のある息子は当時お腹にいて七カ月でした。

    発達障害児の通園施設に通い、今年から保育所に通っておりますが、普段から外に出る時は帽子を被るくせをつけるといいと通園施設で教えられました。

    なぜならまた地震などあった際に、防災頭巾をかぶることを嫌がらないようにするためです。

    親から進んで外に出る時には帽子を被り、小さなことですが、頭を守るために防災頭巾を被ることに抵抗がないようにすることも大事かなと思います。

    投稿日時:2016年05月16日 18時09分

    コメントを書く

  • 提案

    持病があるため心配です
    まいさん /
    記事ID: 51407

    小学生の息子は自閉症スペクトラムとADHDがあり、コンサータを服用しています。父親以外、母親の私、息子、園児の娘にはぜん息があり、普段はキュバールという吸入薬を使用しています。

    避難所に避難しても、発達障害の息子は奇声や興奮で避難所で過ごせないと思います。もし、過ごせたとしてもストレスと、ホコリっぽい環境でぜん息発作が出るのではないかと危惧しています。

    夫は建設機材のレンタル業なので、災害時は仕事が忙しくなり、片道30kmほどあることもあり、あまり帰宅出来なくなるのではないかと思います。

    自分が動けるくらいの体調なら良いけれど、苦しくて動けなくなったら、と考えると不安です。

    ぜん息患者、発達障害で奇声や興奮などがあり避難所で過ごせない方はどうやって過ごしているのか気になっています。

    投稿日時:2016年05月16日 16時29分

    コメントを書く

  • 提案

    未来への警告
    うっしーさん / 福岡県 / 40代 / 障碍者
    記事ID: 51394

    弱者の為にも、私達にできることは、タイムマシンのない現在、過去に戻ることを知っているのは高齢者や、私達大人だけです、その一つが自分が経験したことを伝えてあげること、すなわち教育です!
    子供たちだけではなく、全世代に意識改革が必要性があると思います。
    今現在はICTや、フューチャースクール等の普及が進んでいており、様々な形でデジタル化が進んでおり、これを利用し、情報伝達を正確で速く伝えてあげることが、未来の日本国内だけでなく、世界の為にもなると思います。
    私は心臓の障碍者ですが、心臓の手術前に、2度救急車で地方の病院に運ばれましたが、熱中症と診断結果でした、3度目に大きな病院に運ばれた時は、9割命はないといわれ、手術にのぞみかろうじて、障碍者として、生きています!
    情報伝達の速さがこれからもっと必要になると思います。
    未来への為にも、教育、意識改革推進が必要だと感じます。

    投稿日時:2016年05月15日 14時26分

    コメントを書く

  • その他

    緊急時の法律の運用を変えよう
    インサイトさん / 宮城県 / 40代 / 社会的犠牲者
    記事ID: 51391

    東日本大震災の時、仲間の向精神薬が補充できなくて、違法行為と知りつつも、致し方なく向精神薬を分けてあげたことが医療団体が入るまで恒常的にありました。

    非常時には医師の処方箋がなくても薬が手に入る方法を確立して欲しい。

    投稿日時:2016年05月15日 12時13分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    全国からの在宅支援物資を頂いて感謝!感謝!
    施設のアンパンマンよりさん / 熊本県 / 50代 / 事務員
    記事ID: 51339

    私は、松葉佐先生、田中先生、緒方先生のご指導の下、くまもと江津湖療育医療センターで支援物資を管理させて頂いている事務員です。全国の小児科の先生、病院、相談支援事業所、訪問(看護・介護)事業所、個人の方々そのほか沢山の皆様より在宅支援を頂き有難うございました。当センターも毎日のように在宅利用者の皆様が支援物資を頂きにいらしています。現在約200家族の方が、疲れた顔をされているなか、皆様からの物資や手紙、物資を入れられた段ボールに書かれたコメントや絵を見ながら「本当にうれしい」「ありがたいです」等のお言葉を言われていてこの状況を乗り越えていっている状況です。当センターでも荷物の開閉にてんてこ舞いの時もあり、物資を送って頂いた皆様にお礼を言ううことも、また物資の箱の送り先もわからずといった状態です。電話でもファックスでも沢山の応援物資のことを言って頂きそのことに対応できていない私も本当に申し訳ありません。発生からやがて1か月近くとなり少しづつ在宅の皆様も元気になっています。今後も皆様あたたかく見守って下さい。

    投稿日時:2016年05月10日 10時50分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    【熊本県の聴覚障害者への義援金のお知らせ】
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51239

    一般財団法人全日本ろうあ連盟より

    支援金に関する連絡先

    一般財団法人全日本ろうあ連盟 本部事務所

    聴覚障害者災害救援中央本部事務局

    〒162-0801 東京都新宿区山吹町130 SKビル8F

    TEL:03-3268-8847

    FAX:03-3267-3445

    メール saigai(アットマーク)jfd.or.jp

    この支援金は、平成28年熊本地震で被害を受けた聴覚障害児・者、手話通訳者等を対象とする救援活動、対策本部・地域本部等支援活動のために使用します。

    一般財団法人全日本ろうあ連盟のホームページに「熊本地震に関する聴覚障害者関連の情報」がございますので、合わせましてご覧ください。

    投稿日時:2016年05月02日 14時27分

    コメントを書く

  • 提案

    お茶べり!!
    ゆかりさん / 福岡県 / 本人
    記事ID: 51221

    お茶を飲みながら
    お話ししませんか?
    もし、したいという方が
    いたら、1人だと思わず
    私のことを
    思い出して下さい!
    いつでも、
    いつまでも
    待ってます。

    追伸
    私は聴覚障害や
    精神障害があります。
    障害を越えた絆が
    皆さんと築いていけたらと
    願います!!

    投稿日時:2016年05月01日 23時47分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    【神戸市や兵庫県に熊本県・大分県から転居された障がい者の皆様の相談窓口です】
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51213

    兵庫県では4月1日の障害者差別解消法施行を受け、「障害者差別解消相談センター」が出来ました。

    兵庫県障害者差別解消相談センターでは、障害者やその家族、支援者等から障害者差別に関する相談を受け付け、社会福祉士または精神保健福祉士等の専門家が助言を行うほか、必要に応じて調査等を行い、関係機関(兵庫県弁護士会、神戸地方法務局等)と連携します。
    10時から12時及び13時から16時(年末年始を除く)
    電話 078-362-3356
    ファックス 078-362-3560
    メール counseling(アットマーク)pref.hyogo.lg.jp

    また熊本県や熊本市で同様の相談窓口を探しました。
    熊本県で「被災地障害者センターくまもと」が出来ましたが、ご存知のように熊本地震以降に出来た団体ですので、すぐに県民のみなさまのために動ける態勢かどうかは分かりません。

    投稿日時:2016年05月01日 15時00分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    高齢者の皆さまヘ
    ちびまるこさん / 愛知県 / 50代 / ボランティア希望者
    記事ID: 51203

    ヘルパー2級、ガイドヘルパーの資格あり。実務経験あり。
    愛知県在住ですが、友だちと一緒に、5月4日から10日間の予定で、ボランティアに伺わせて頂きます。お手伝いさせて下さい。
    ご連絡、待ってます。

    投稿日時:2016年05月01日 09時36分

    コメントを書く

現在のカキコミ90件中