本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在91

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    高齢者の皆さまヘ
    ちびまるこさん / 愛知県 / 50代 / ボランティア希望者
    記事ID: 51203

    ヘルパー2級、ガイドヘルパーの資格あり。実務経験あり。
    愛知県在住ですが、友だちと一緒に、5月4日から10日間の予定で、ボランティアに伺わせて頂きます。お手伝いさせて下さい。
    ご連絡、待ってます。

    投稿日時:2016年05月01日 09時36分

    コメントを書く

  • 悩み

    どこに頼めばいいか?わからない
    mangetuさん / 熊本県 / 50代 /
    記事ID: 51202

    熊本市在住です。下肢に障害があります。両手に杖を使います。1人暮らしです。2階に衣類を置いています。手摺をつかめば登れますが時間がかかります。寒暖の差があるので着替えを取りに行こうとするのですが、余震があるので怖くて上がれません。ボランティアさんをお願いしたいと思ってネットで検索しますが、ボランティア募集しか出てきません。困っています。

    投稿日時:2016年05月01日 09時06分

    コメントを見る(現在3件)

  • うれしい

    全国盲ろう者協会の「熊本地震義捐金」の受付
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51191

    社会福祉法人全国盲ろう者協会(本部は東京の新宿です)では「熊本地震義捐金」を受け付けています。期間は2016年8月末日までです。全国の個人のみなさまも義捐金にご協力ください。

    投稿日時:2016年04月30日 13時11分

    コメントを書く

  • 提案

    抜本的改革が必要
    さーたりんさん / 神奈川県 / 50代 / 大人
    記事ID: 51186

    復興や介護の現場ではコミュニティーの大切さがわかっています。また、孤立した家でいつの間にか独居老人が死んでいたという報告もあります。さらに、生活基盤である家が崩壊しています。

    ですから、コミュニティーで生活できる家を建てればいいんです。コミュニティーの場をつくって、そこでボケ防止に何かして、三三五五孤立した家に帰るのではなく、ホテルのような丈夫な家を建てて、共同生活するんです。

    年金生活者が集まり、炊事、洗濯、掃除を手分けして行っていれば、その活動は有意義なものになり、会話も弾みます。

    ここで大切なのは寝る部屋はトイレ、洗面台つきの個室であることです。この個室には1人でもいいし、夫婦2人でもいいです。その個室以外は共有とします。温泉旅館に行けばそこにある浴衣を着るように、そこで生活する部屋着も共有です。

    この施設を県や市町村が建て、年金や生活保護を支払うのではなく、食料をはじめとする生活に必要な物資を支給します。ですから、銀行や買い物に行く必要がなく、高齢者の自動車の運転を減らすことができます。

    その日の料理担当達は、支給される食材からメニューを考え、協働で作業します。洗濯も業務用の大きなものでまとめて行います。この生活形態ならば、孤立住宅で生活するより、食材の無駄は大幅に減り、光熱費も相当量の節約になり、発生するゴミも激減します。また、市の職員などの巡回、訪問、支援などもほぼ不要になります。

    炊事、洗濯、掃除だけではすぐに済んでしまい、やることがなくなってしまうので、小さな畑や小規模の養鶏をしてもいいでしょう。また、そこに入居するまでに使っていた家財道具の多くが不要になるので、それを分解して再資源化するのもいいでしょう。人間はやることがないとつまらないと感じます。また、明るく楽しく生活し、やることがあればボケることもなく、身体も脆くなりません。

    投稿日時:2016年04月30日 05時06分

    コメントを書く

  • 悩み

    身近な誰かに理解してほしい
    おれんじさん /
    記事ID: 51181

    今回の熊本地震で被災した、20代女性です。身体障害で杖や車椅子を使用し、発達障害もあります。
    地震の前日までガンを疑われ、1人悩む日々でした。

    人が多い避難所で車椅子を使うのが気が引け、ずっと我慢して歩いていました。
    発達障害で聴覚・視覚過敏があり、他の人とコミュニケーションを取ることが苦手な特性もあります。(発達障害があることを家族は知りません。)
    そんな状態での避難生活、3日目には限界になりました。もともと悪い股関節を、脱臼したのではないかと思うくらいの激痛が襲いました。それが全身疾患にも影響し、全身が硬直し痙攣しました。
    一歩も動けず、自分ではトイレに行くことも水を取りに行くこともできませんでした。誰にも言えなくて、耐えられず泣き叫び、あまりの痛みに意識朦朧としていました。
    ようやく事の重大さに気づいた家族が車椅子を出してくれました。

    誰かに相談したい、助けを求めたい。でも、どうすればいいのかわからないんです。この病気の人はこの機関に相談を…という情報は有り難い。でも、いろんな障害・病気を合わせ持っていたり、何の病気か特定されていない場合は、どこに相談すればいいのでしょうか?切実に知りたいです。

    投稿日時:2016年04月29日 17時29分

    コメントを見る(現在4件)

  • 呼びかけ

    被災した障害者支援のための義援金募集
    しろねこさん / 茨城県 / 40代 / 大学教員
    記事ID: 51178

    熊本で被災した障害者を支援する団体が立ち上がり、義援金の募集を開始されています。すでに動きをウォッチされているかもしれませんが、メディアの力はとても大きいと思うので、情報を番組等でお伝えいただくことはできないでしょうか?/被災した障害者支援のための義援金募集のお知らせ「被災地障害者センターくまもと」で被災された障害者に対する支援のため義援金の募集

    投稿日時:2016年04月29日 12時18分

    コメントを書く

  • 提案

    SNSなどによる当事者(障がい者や高齢者)とご家族の情報発信の重要性
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51174

    阪神淡路大震災の時に障がい者や高齢者のお世話をした経験あり、教訓も熊本県と大分県の皆様にお伝えしたいのですが、現地がボランティアセンターを立ち上げる前に熊本地震の翌日には東北などから多くの支援団体が先に入っていますので、一時避難所や福祉避難所に関してはそういった方々に頑張っていただくしかありません。山間地の集落や避難所での車中泊の皆様など、個別な支援やきめ細やかな福祉が行き渡っているかも全体的には分かりません。
    救援物資においてもSNSによってペット用品やおむつなどはたくさん寄せられていますが、車いすや白杖や介護用品なども集まっているのかは分かりません。
    SNSが注目されていますが、障がい者や高齢者の皆様も代筆や口述筆記のような形で、ぜひ今からでも遅くはないので広めて欲しいと思います。
    書き込み専門のボランティアを呼びかけるというのも、九州に居ない人にも頼む事が出来ると思います。
    この番組をいつもご覧になっている層の方だけに広まっていては進展や実現が無いと思います。熊本県南阿蘇村のペット同伴避難所のように発災後に実現した場所もあります。新聞などでご存知のように、需要が見込めないものでもメディアが取り上げれば実現出来ます。
    インターネットで書くといろんな事を言われることもあります。良かれと思っても意外な反論が来る事もあります。熊本出身の有名人の方がその例です。
    今からでも、どこかのSNSを始めて多くの繋がりを持っていただきたいです。
    いわゆる合理的配慮を一般の皆様に説明するのも時間がかかりますが、力を合わせて欲しいです。

    投稿日時:2016年04月29日 06時29分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    熊本地震のあとの県内の発達障がいをお持ちの方とご家族への支援を
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51167

    熊本県北部発達障がい者支援センター「わっふる」さまよりお返事をいただきました。
    熊本県の人口は、約178万人のようです。
    発達障がいをお持ちの方は熊本市のなかで何人いらっしゃいますでしょうかとの問いには、統計上は「約6.5パーセント程度」だそうです。
    いま発達障がいをお持ちの熊本のみなさまに地震のあとに必要な支援はございますでしょうかとの問いには、
    熊本地震から2週間が経った今の課題は、避難所へのパーテーションや心のケアが必要だと言われています。
    要約したものを書かせていただきました。

    投稿日時:2016年04月28日 18時41分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    目を向けてもらって知ってもらって行動する時!!
    R-1さん / 熊本県 / 40代 / 父親
    記事ID: 51156

    昨夜の書き込み、「医療ケア児の母」の夫です。

    普段から医療ケアが必要な子供に付きっきりの妻。
    寝不足で体調が悪いのも、もちろん知っていますし気に掛けています。
    しかし、あまり手助けをしていない夫である私、妻に任せっきりの私の無力さに申し訳なく思っています。

    今回、震災などの特別な状況ではなく、日常普段の生活の中でしっかり睡眠や休養が取れるように、

    「医療ケア児をサポートする母親をサポートする体制」

    が各自治体で構築されることを夫・父の立場として、また周りの家族も含めて切実に望みます。
    もっと私も医療ケアや妻のサポートなど、努力・工夫・協力をしてから発言するべきなのでしょうが…。

    昨晩の放送内での戸枝さんの想いが、とても嬉しく思いました。

    投稿日時:2016年04月28日 12時51分

    コメントを書く

  • その他

    【(公社)日本オストミー協会熊本県支部】人工肛門や人工膀胱など排泄障害のある人への情報です
    JOA熊本さん / 熊本県 / 50代 / JOA熊本県支部広報
    記事ID: 51151

    避難生活で、ストーマなどの装具が不足し困っている方は「日本オストミー協会」の被災者相談窓口へ、お問合せください。

    【電話番号】 03-5670-7681
    (平日 午前10時から午後4時)

    投稿日時:2016年04月28日 10時27分

    コメントを書く

現在のカキコミ91件中