本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在90

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 悩み

    余震が不安です。
    武彦さん / 熊本県 / 40代 / 父親
    記事ID: 51144

    1歳4ヶ月の娘が居ます。
    気管切開での人工呼吸器と胃ろうをしており、寝たきりの為に24時間体制の介護が必要です。
    また、重度の心身障害児になります。
    本震の際に熊本市内が停電となり人工呼吸器がバッテリーに切り替わりましたので、急いでかかりつけの合志の病院に向かい緊急避難入院をさせてもらいました。
    たまたま、20日からレスパイトとなっていましたので、20日~26日まではレスパイトにしていただきました。
    その為、本来は26日に退院でしたが、平日に本震並みの揺れがあった場合に妻一人では対応不可ですので29日まで再度緊急避難入院をさせてもらう事にしました。
    ここ数日は揺れも落ち着いてきてますが、万が一私が仕事で不在の時に震度7が発生したら非常に怖いです。
    自宅が熊本市内ですので合志までは時間もかかりますし、道路が寸断されていたらと思うと恐ろしいです。
    ですから、このまま病院に居る間は安心できますが、いつまでもお世話になるわけにもいきませんし、家族三人で自宅で暮らしたいですし…
    医療ケア児を支えてくれる施設等がもっと増えてくれると、仮にかかりつけの病院まで物理的に行けない場合でも安心できるのかなと思います。

    投稿日時:2016年04月28日 00時20分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    県外への避難入院
    ぱんさん / 熊本県 / 30代 / 母親
    記事ID: 51139

    今回の地震にて、避難入院をしましたが、熊本の大きな病院が機能崩壊していく中、主治医より県外への転院をすすめられました。

    息子は人工呼吸器使用者です。24時間の看護が必要で、吸引、胃瘻からの注入、導尿など医療ケアはたくさん必要な状態です。

    医療物資もたくさんいる我が子が、このまま熊本にいては、病院にも負担をかけるし、今後増えるであろう、病状の悪くなった子供のためにベッドを空ける、という意味でも、転院が最善と考え、今は宮崎の大学病院でお世話になっています。

    他県に行くのが不安な親御さんもいるかと思いますが、医療的ケアがおおいに必要なお子さんこそ、県外への避難入院も考慮してよいのではないかと思います。

    また、他県の病院がたくさん受け入れてくださることを望みます。

    投稿日時:2016年04月27日 20時28分

    コメントを書く

  • 相談

    同じ障害者として
    ちぃさん / 東京都 / 20代 / 双極性障害の当事者
    記事ID: 51138

    双極性障害で手帳2級持ちです。精神障害は見た目に理解されにくく避難所でも辛い思いをされているのだろうかと思うと何か自分にも出来ることはないかと強く思います。

    投稿日時:2016年04月27日 20時25分

    コメントを書く

  • かなしい

    見守るだけ…
    クローバーさん / 兵庫県 / 40代 / 母親
    記事ID: 51137

    兵庫県西宮市に住んでいる、介護福祉士です。熊本地震の為にボランティア行きたいと考えていますが、宿が取れません。障害、高齢の方の介助出来るし行けるのに…ともどかしい毎日です。泊まり込みでもよいのなら、食料確保すれば動けます。
    ボランティアの心得も承知しています。ずっと何もできずのままで心苦しいです。介助人不足なのに…。

    投稿日時:2016年04月27日 18時39分

    コメントを見る(現在4件)

  • 悩み

    寝れずに限界
    よここさん / 熊本県 / 40代 / 医療ケア児の母。障害児親の会会長。
    記事ID: 51134

    熊本市の気管切開児です。いつもの夜中の吸引だけでも寝不足で日々体調不良の所へ、続く余震でも眠れず、もう限界です。
    昨日はストレスからの突発性難聴と診断されました。
    介護するママ(家族)たちが倒れてしまいそうです。
    大変な時ですが、
    医療ケア児を少し預かって貰えるならば、震災の片付けよりも、とにかく「寝たい!」です。

    投稿日時:2016年04月27日 14時59分

    コメントを書く

  • 提案

    熊本県での災害時の発達障がいの方への支援について
    あむろなみへいさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 51131

    わたしは関西に住んでいるので熊本県と熊本市の事情はネットとラジオとテレビでしか知らないのを前置きした上で、熊本県内に4つほどある熊本市の支援団体の中のひとつからご連絡をいただきました。1つ目に「発達障がいの方の人数は把握出来ていない」こと、2つ目は「熊本地震の後の困りごとに関しては情報収集に努めている状況」だと言う事、3つ目はタイムリーな(最新の)支援情報は「熊本県発達障害当事者会Little bit」または「高機能自閉症・アスペルガー当事者会シェアハート」と言う団体に問い合わせた方がいいというご意見を頂きました。新聞のネット記事で「発達障害者「配慮を」 避難所入れず物資困窮―家族ら、無理解を痛感」とありましたが熊本県以外の団体や報道が世論を焚き付けるよりも、まずは全体の支援の需要を掘り起こすべきだと思いました。一般避難所が閉鎖されつつあるなか、仮設住宅や復興住宅なども見据えた支援も同時に考えた方がいいと思いました。

    投稿日時:2016年04月27日 11時59分

    コメントを書く

  • 提案

    話し相手のボランティア
    卯月ともさん / 熊本県 / 20代 / 被災者
    記事ID: 51126

    私は、見た目では分からない軽い発達しょうがいを持っています。
    被災後も普通に仕事をしています。しかし、しょう害のことを正しく理解してくれる人が周りにいないので、心に溜まっていくものがあります。きっと避難所にいるしょうがい者の方も同じ思いを抱えているのではないでしょうか?
    人手不足なのは分かります。話し相手になって話を聞いてくれるだけでもいいのです。相談室みたいなかしこまった所ではなく、気軽に話せるような人が、各場所にいてくれたらなと思う日々です。

    投稿日時:2016年04月26日 22時49分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    支援物資の在り方
    ぽよぽよさん / 福島県 / 40代 / その他
    記事ID: 51120

    支援物資沢山届いているようですが、その支援物資があるところはあるけど、ないところはない状態です。ボランティアや警察官そして自衛隊のみなさん、避難所へ行くのであれば、ただ手ぶらで行くのではなく、その届いた物資を持って避難所に行った方が良いのではと思います。テレビを見ているとボランティア活動している人達沢山いますが、支援物資を避難所に運ぶ人の姿見てないような気がします。今その避難所では何が必要なのかを聞き、仕分けされた物資を持って行けば「あれが足りない、これが足りてない」っていう事無くなると思います。

    投稿日時:2016年04月26日 16時57分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    要支援(阿蘇中学校)
    まさゆきさん / 福岡県 / 40代 /
    記事ID: 51117

    被災者避難所の阿蘇中学校へボランティアに行かれた方からの情報です。風邪薬が足りず、支援いただきたいとの事です。対応可能な方、何卒よろしくお願い申し上げます。

    投稿日時:2016年04月26日 12時42分

    コメントを書く

  • 提案

    福祉避難所の周知不足解消を
    よしつねさん / 岩手県 / 60代 / 特養ホーム施設長
    記事ID: 51116

     ようやく福祉避難所の状況が報道され始めています。全体で1700人の想定なのに実際の受入れは100人超の程度とのこと。行政は積極的な周知は行っていない様子だが、それでは一般避難所で苦労し、福祉避難所の存在すら知らない要援護者があまりに気の毒です。指定を受けている介護施設でも実際に受入れがあまり出来ない施設もあるとの報道もあり、各施設から受け入れ可能人数等を至急に行政に報告して、要援護者に周知する必要があります。人材不足の対応として広く介護ボランテイア(有償)の募集を広報しては如何でしょうか。
     また、北九州市内の介護施設へは広域避難受入れを行うようですが、それにならって近隣県の福祉避難所への広域的な対応も至急に行う必要があると思います。

    投稿日時:2016年04月26日 11時44分

    コメントを書く

現在のカキコミ90件中