本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在90

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    身体二級、北九州です。
    ささきごいちさん / 福岡県 / 50代 / バツ一独身
    記事ID: 51012

    そちらに駆けつけたいんですが、支援センターは立ち上がらないし、ボランティアの経験なし、介護もなしでは無理か〜っと。小学生のスクールサポーターも同じボランティアに違いないなどとイライラしてます。
    私の住居に無償で2人程なら世話出来ると思いますが、迎えに行く提案は有でしょうか?よろしくお願いします。

    投稿日時:2016年04月19日 20時48分

    コメントを書く

  • 相談

    びっくりです!
    りんたんさん / 群馬県 / 20代 / 母親
    記事ID: 51011

    私は熊本ではないですが、私の息子も発達障害があるので、もし避難ときに、避難も出来ないのかなぁとか?福祉の方の避難の場所は知らないので、知っておかないとなのかなぁっと不安になりました。
    ほんとに他人事ではありません。

    私にも何か出来る事がありますか?

    投稿日時:2016年04月19日 20時29分

    コメントを書く

  • 相談

    教えて下さい
    めがねのえっちゃんさん / 群馬県 / 50代 / 友人
    記事ID: 51010

    熊本市北区清水新地に住む友人夫婦は、81歳の母と共に自宅で認知症(90歳レビュー型)の父の介護を数年前からしています。今回の震災でも、避難所に行くことができず、自宅で生活しています。夫婦、母はけがもなく現在は無事ですが、鉄筋の家(元外科医院)ですが、外壁のひび割れは、余震の度大きくなっているとのことです。危険な生活をしています。 両親を預かってくれる施設を探したいのですが、方法がわかりません。兄が東京在住なので、東京。私の主人が広島に単身赴任中(実家で生活)熊本、東京、広島。県外も含めて受け入れ施設があるのかも考えていますが、窓口がわかりません。両親の行く先が決まれば、夫婦二人で、何とかやっていけると言っています。数年来の自宅介護、今回の震災で、夫婦二人疲れきっています。最低でも、訪問介護をお願いしたいです。テレビでこのサイトを知りました。助けてあげたいです。

    投稿日時:2016年04月19日 19時57分

    コメントを見る(現在2件)

  • 提案

    障害児の母ができる事
    障害児の母さん / 神奈川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 50995

    スケジュールが少しでも変わるとパニックになる子供が避難所で過ごしていけるのか?聴覚過敏の子供はベッドフォンが必要だし、音が出る歌の絵本があれば少しは落ち着く子供もいるかもしれない。ミキサーの食事しか食べられない子供はどうしているのか。ヘリコプターで取材に行くのならば、特別支援学校の子供たちに必要な物を届けて欲しいです。少しでも子供たちが落ち着く場所時間を確保できる事を祈っています。情報と支援金を特別支援学校のPTAで集めて局の人に運んでもらう事はできないですか?

    投稿日時:2016年04月19日 17時31分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    これが「減災」の近道だと思う
    BENTAKAさん / 宮崎県 /
    記事ID: 50989

    私は今回の一連の地震でさらに、感じることがあります。
    大きな被害を受けた熊本市と東九州とをほぼ東西に結ぶ道路は、南阿蘇村で土砂崩れの被害を受けた国道57号、阿蘇大橋が崩落した国道325号、宮崎県とを結ぶ国道218号の、大きく3本と思って頂きたいです。道路交通情報を調べると、東九州の主要都市の延岡市または大分市から、少し遠回りしないと熊本市のエリアに行き着きません。
    全国ニュースでは物資が届かないのは最寄りの役所から避難所までが目立つと報じられていますが、一部報道では現地のエリアまでの道路寸断も一因とのことから、九州は全国ニュースで報じている首都圏と比べて、幹線道路が少ないと思うのです。
    しかし、九州には南北に貫く山脈があるなどして、東西に結ぶ道路をこれ以上増やすとか林道の改良には限界があります。したがって既存の幹線道路を改良・強化させて、災害に強い道路にするしかないのです。またのり面や道路周辺の建物や森林などの補強等もこまめに必要でしょう。確かに限界があることだし、形ある物は壊れるという言葉がありますが、市街地などの中心部の道路強化も含めて、大切な事だと思うので、出来る限り力を注いでほしいと思います。
    なぜ道路改良を求めるかと言うと、こういう災害で道路が寸断されるたびに、物資がまた届かない事の繰り返しだからです。物資が届かないと、避難されたりしている方々がとても困ります。
    道路はこういった部分でも住民を支えているのだと思います。早く1本でも道路が復旧してほしいと心から願います。

    投稿日時:2016年04月19日 16時49分

    コメントを書く

  • 提案

    救援従事者に光を
    マッパさんさん / 熊本県 / 60代 / 独居老人
    記事ID: 50979

    被災者に寄り添った報道は大事ですが、ともすれば救済に当たっている方々は置き去りにされていると感じます。公共サービスの復旧・維持に従事されている方はもちろん、コンビニやスーパー、銭湯などを必死に運営しておられる方々も、すべて被災者です。ボランティアで避難所などを支援しておられる方々も同じく被災者です。
    下手をするとこういう方々への苦情や批判を目にする事すらあります。このままでは、献身的なお気持ちがくじけてしまうのでは無いか、支援を受けておられる方々に過剰な依存心が芽生え、復興を阻害するのではないかと懸念します。
    是非とも、そういう視点からの報道も加えて頂きますようお願いします。

    投稿日時:2016年04月19日 14時59分

    コメントを書く

  • 提案

    避難者だけが被災者では無い
    マッパさんさん / 熊本県 / 60代 / 独居老人
    記事ID: 50978

    10万人超ともいわれる避難者が避難している避難所への物資の配布が話題になっていますが、人口70万人の熊本市民の大多数が被災者です。いわば在宅被災者とでも呼ぶべきこれらの大多数の市民への支援については全く報道がありません。
    私も含めて近所のご家庭では、遠慮もあり、様々な理由で在宅を選択しておられ、水や食料の調達に大変な困難を抱えておられます。
    行政の支援は「避難所での避難者数」という計数に基づいて行われるため、在宅者は初めから支援の対象から除外されているのです。避難所に来ていないからといって不自由をしていないという事では無いということをご理解頂き、その視点からの報道をお願いします。

    投稿日時:2016年04月19日 14時48分

    コメントを書く

  • 提案

    福祉避難所の状況は?
    よしつねさん / 岩手県 / 60代 / 福祉施設職員
    記事ID: 50962

    昨日の緊急報告は大変タイムリーでした。大半の報道が地震そのものや行方不明者捜索に集中している中で貴重でした。
    私は特養ホームの施設長で福祉避難所の指定も受けていますが、要介護状態の高齢者などは福祉避難所の活用は最適と思われますが、現状では被災地での福祉避難所の状況が全く報道されていません。体育館等の一般避難所では過酷すぎます。もし、福祉避難所も飽和状態であるならば至急に近隣県への広域的な移送が必要と思われます。残念ながら車中泊の避難者から3名の死亡者が発生していますし、2次災害の犠牲者は何としても食い止めなけれななりません。このような状況について、取材と問題提起をNHK報道には大いに期待しています。そして、Eテレでの報道に止まらず、ぜひ総合テレビでの放送もしてほしいと思います。

    投稿日時:2016年04月19日 10時48分

    コメントを書く

  • 提案

    難病
    のぞみさん / 福岡県 / 30代 / 本人
    記事ID: 50961

    被災した場合の薬の確保・処置する場所やトイレの確保など難病患者はニーズが高いと思いますが、情報を集約し避難所で迅速に対応してほしいです。
    また、難病患者は対象療法だったりするとさらにその場にいる医師・看護師・保健師に要求することも多いかもしれませんが、できる限り要望に応えて頂き悪化などの二次災害が起きないように努めてほしい。
    医療物品の量が常日頃から多い場合は持ち出すのも限界があるので、福祉避難所にてすぐに貰えるように指定難病患者やその他慢性疾患患者のデータベースの集約など、今後のシステムを作ってください。

    今回の震災をうけ会社にも一日分の処置道具を常備することにしてなんとか逃げたあとのことを考えなければとおもいました。
    ヘルプカードにも指定難病受給者番号をかきたしたり今後のことを考えて工夫をしました。

    投稿日時:2016年04月19日 08時27分

    コメントを書く

  • かなしい

    広汎性発達障害のつらさ
    ふゆさん /
    記事ID: 50955

    関西在住の広汎性発達障害の子供(10代です)がいる保護者です。

    熊本での地震にとても心を痛めています。

    中でも、見た目ではつらさをわかってもらえない広汎性発達障害のお子さんのことがとても気がかりです。

    そしてその保護者さんの大変さ、肩身の狭さ・・・「わかります」というのは気がひけますが、本当に本当に大変であることが想像できます。

    広汎性のお子さんは、様々なので、個々により様々なつらさを抱えていますが、うちの子がもしも避難生活を強いられたら・・・と考えると、避難所生活はおそらくできません。

    ひとけのない野外で生活するか、車中で生活するか・・・を選ぶと思います。

    なぜなら、迷惑をかけてしまうからです。

    ささいな刺激でパニックになり、大きな声を出す、大きな声で泣き叫ぶ。
    パニックがさらに大きくなると、物を投げたり、暴れたりするかもしれません。

    小さい子供ではなく、10代という年齢も手伝って、奇異の目、冷たい目で見られることもあると思います。

    きっと、今回震災に合われた方の中に、うちの子のようなつらさを抱えるお子さんもいらっしゃると思います。

    障害者(主に身障者ですよね)や高齢者という震災弱者といわれる方だけでなく、このような震災弱者がいることを知って欲しいです。

    こういう子供たちは、ストレスのたまり方が健常者さんの数倍大きいといわれています。
    ただでさえストレスのたまる避難生活です。
    想像するだけで、心が痛くなります。










    投稿日時:2016年04月18日 23時37分

    コメントを書く

現在のカキコミ90件中