本文へジャンプ

  • “災害時に困難に陥りやすい人”への配慮について(放送終了・2016年6月 WEB連動企画“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:50786

    4月14日夜に発生した熊本地震。直後に立ち上げたこのカキコミ板では、被災した障害者や高齢者、家族の声を募集してきました。6月2日(木)生放送の WEB連動企画 “チエノバ” では、こうした声をもとに、“災害時に困難に陥りやすい人” にどんな配慮が必要なのか、改めて考えていきます。

    そこで、放送に向けて、みなさんからのご意見・体験談・メッセージを、改めて広く募集します。
    障害のある方、高齢の方に加えて、難病、アレルギー、LGBT、乳幼児を抱えている…など、災害時に困難に陥りやすいニーズを抱えているみなさんの声をお待ちしています。

    ▼今回、熊本・大分で被災された当事者・ご家族の方
    今どんなことで困っていますか? 避難所や自宅での生活でどんな配慮が必要ですか? 実際に「こんな配慮があって助かった」「こんな配慮がなくて困った」といった体験談を、ぜひ教えてください。

    ▼過去に大きな災害を経験された当事者・ご家族の方
    「あの時こんなことで困った」「こうした配慮が欲しかった」「こんな配慮があって助かった」など、実際に経験したからこそ分かる苦労や、周囲の方へのメッセージ・アドバイスなどをお待ちしています。

    ▼被災経験のない当事者・ご家族の方
    「もし自分が被災したらこんなことで困るだろう」「こんな配慮があるとありがたい」など、当事者だからこそ分かること、わが身に置き換えて想像できることがあるかと思います。ぜひ、そうした声をお寄せください。

    番組は、みなさんからここに寄せられた「カキコミ」をもとに作ります。
    ぜひ、あなたの “声” をお寄せください。お待ちしています!

    ※放送は終わりましたが、このトピックでは、ご自身の体験談やご意見を引続き募集します。支援や募金の呼びかけ、伝聞による現地の情報提供などはご遠慮ください。

    番組スタッフより
    ★放送予定
    WEB連動企画 “チエノバ”「熊本地震 知ってほしい 被災時の悩み」 
    生放送 6月2日(木)夜8時/再放送 6月9日(木)昼1時5分
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を

    ★熊本地震に関連する情報やこれまでに放送した番組をまとめています。
    【熊本地震に関する情報を更新中です】#ハートネット熊本地震

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年04月15日 17時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在91

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • かなしい

    広汎性発達障害のつらさ
    ふゆさん /
    記事ID: 50955

    関西在住の広汎性発達障害の子供(10代です)がいる保護者です。

    熊本での地震にとても心を痛めています。

    中でも、見た目ではつらさをわかってもらえない広汎性発達障害のお子さんのことがとても気がかりです。

    そしてその保護者さんの大変さ、肩身の狭さ・・・「わかります」というのは気がひけますが、本当に本当に大変であることが想像できます。

    広汎性のお子さんは、様々なので、個々により様々なつらさを抱えていますが、うちの子がもしも避難生活を強いられたら・・・と考えると、避難所生活はおそらくできません。

    ひとけのない野外で生活するか、車中で生活するか・・・を選ぶと思います。

    なぜなら、迷惑をかけてしまうからです。

    ささいな刺激でパニックになり、大きな声を出す、大きな声で泣き叫ぶ。
    パニックがさらに大きくなると、物を投げたり、暴れたりするかもしれません。

    小さい子供ではなく、10代という年齢も手伝って、奇異の目、冷たい目で見られることもあると思います。

    きっと、今回震災に合われた方の中に、うちの子のようなつらさを抱えるお子さんもいらっしゃると思います。

    障害者(主に身障者ですよね)や高齢者という震災弱者といわれる方だけでなく、このような震災弱者がいることを知って欲しいです。

    こういう子供たちは、ストレスのたまり方が健常者さんの数倍大きいといわれています。
    ただでさえストレスのたまる避難生活です。
    想像するだけで、心が痛くなります。










    投稿日時:2016年04月18日 23時37分

    コメントを書く

  • 提案

    飲み水について❗
    けんさんさん / 宮城県 / 40代 / 農業配管工独身
    記事ID: 50941

    飲料水はエコキュートや電気温水器、石油給湯器に入ってますので、バルブ開けるか、転倒していても、自衛官などはツルハシもってますから、タンクに穴を開けて回収すれば、一軒あたり50から500リッターの飲料水がとりだせますよ。大至急集めて下さいませ。

    投稿日時:2016年04月18日 20時15分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    今、必要なもの
    きみもと すなおさん / 岡山県 / 50代 / 障がい当事者
    記事ID: 50936

    東日本大震災の支援経験から、必要と思われることを書きます。断水時、飲料水は勿論ウエットティッシュ・使い捨て手袋など、手を汚さず飲食に使える物。停電やガスの遮断に対しては、懐中電灯(LEDが小型で明るく便利)、暖を取るためのボンベ式カセットコンロ・使い捨てカイロ。女性や子ども用の下着・肌着、生理用品、紙オムツ(配布時は女性の担当者を)。避難所でのトラブルを回避するため、管理運営に必ず複数の女性に参加・関与してもらうこと。妊産婦・乳幼児を抱えた人が、安静に休める場所(せめて半日でも、交替ででも)。障がい者には、障がい特性に応じた支援を。見えない・聞こえない当事者への情報の提供に配慮、精神の当事者には少人数で過ごせるスペースを確保。一人でいる人への声掛けなど不安を取り除く配慮をぜひしてあげてください。

    投稿日時:2016年04月18日 17時32分

    コメントを書く

  • かなしい

    私も…
    オカン1031さん / 大阪府 / 40代 / 母親
    記事ID: 50907

    難病から障害者になり、乳ガンにもなりました。車椅子の生活で普段はヘルパーさんのお
    世話になっています。今回の熊本地震では今、私が出来ることを!と考え、前震直後から
    Twitterでお年寄りや身体障害者・知的障害者やその家族の方に声掛けをして下さい。一
    緒に避難所に行ってくださいと朝まで呼び掛けを続けました。昨日は、行方不明者の方の
    情報を拡散して、現地に電話をして確かめました。
    でも本当に自分が障害者になった事を恨みました…元気だったらあちこち駆けずり回って
    でも支援物資を集められたのに…送ることができたのに…って…
    自分の無力さが情けなくて…
    何をすればいいんでしょうか…

    投稿日時:2016年04月18日 10時50分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    頑張ろう 熊本
    荒尾市手をつなぐ育成会さん / 熊本県 / 30代 / 荒尾市手をつなぐ育成会 事務局長
    記事ID: 50886

    熊本市のしょうぶのさとでは、60名の入居者の支援物資が足りてないようです。直接荒尾
    市から行きたいのですが、道路状況がわかりません。支援の手をお願いします。

    投稿日時:2016年04月17日 18時14分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    託麻東小学校
    はにまるさん /
    記事ID: 50885

    託麻東小学校、被災者にお年寄りや子供が多いが物資が足りていないようです
    早急に対応お願いします

    投稿日時:2016年04月17日 17時20分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    奈良からです
    tomosanさん / 奈良県 / 40代 / 父親
    記事ID: 50869

    ツイッターを見て、熊本市立江南中学校に水と食料が届いてません

    避難所になっているのにとどいてない

    速急にお願いします。

    投稿日時:2016年04月17日 04時13分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    緊急特別番組にメンタルヘルスの拡充もお願いします。
    ベテルギウスさん / 福岡県 / 30代 / 自閉症スペクトラム+鼻炎+喉風邪
    記事ID: 50858

    ぼくが気になる被災者に、平成24年の北九州北部豪雨で被害に遭った男児がいます。
    避難場所や仮設住宅で窮屈な生活を強いられて、ストレスで円形脱毛症なりました。
    それ以前に、自分自身がその立場になったら、耐えられるのだろうか…
    いつの災害関連の緊急特別番組や被災者が苦しんでいる状況をを見て思うのですが、
    自らの無力感と厭世観に襲われます。明日は我が身かもしれないからです。
    その証拠ですが、ぼくは前々から自身が災害で非難を強いられる悪夢を度々見ます。
    未だに引きこもりの様なリスクを抱えており、合宿、研修、会社の慰安旅行等の外泊が
    苦痛だからであり、そもそも知らない人が横にいたら眠れません。
    昨夜は緊急地震速報のアラームと共に激しい揺れで、眠れていないこともあり、
    鼻炎と喉の痛みで声が出ずに、その不調による運動不足で体の調子が良くありません。
    ここは、被災地ほど酷い被害がないとはいえ、この程度でもこのダメージなのです。

    それにしても被災地の復興が遅れて、経済(貧困拡大)も治安も悪化し、
    災害に便乗した犯罪が多発するのではないかと気になります。
    義援金詐欺、倒壊した家に窃盗、暴力等の犯罪行為が起きるかもしれません。
    それに義援金詐欺をお願いする電話は詐欺ですので、
    もしこのような電話が来たときは、消費者ホットライン(188番)や、
    地元の消費者生活センターに報告をするようお願いします。
    いずれにしても、災害を「他人の不幸は蜜の味」「メシウマ」と捉えて、
    狡猾な中傷や犯罪を起こす連中には要警戒です。

    義援金を寄付するなら、著名のスーパーや公共機関に寄付するのはもちろんですが、
    災害のストレス・PTSDでのダメージは、半端ではありません。
    メンタルヘルス面でも十分な支援が必要でしょう。
    だから緊急特別番組を組むなら、医療やメンタルヘルスの面もお願いしたいです。

    投稿日時:2016年04月16日 21時36分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    みんなとともに希望をもって乗り越えよう!
    長野人さん / 長野県 / 30代 /
    記事ID: 50851

    私は長野県塩尻市に住む30代の男性。
    長野県は過去に大きな地震が発生しましたが、徐々に明らかになる被害状況を見ると心が痛みます。
    地震発生から3日目、長野県内からも被災地へ向けて救援物資が発送されたり、捜索や炊き出し等の任務を遂行する自衛隊や長野県警察本部の捜索隊も現地へ向けて出発しました。

    今回の地震は決して他人ごとではない。
    万一私が住む土地で大規模地震が起きたら、障がいを持つ一人でもある私は今回の地震報道を見て、被災地のために何ができるか?を真剣に考えたいと思います。
    熊本の皆様、皆さんと共に希望をもってこの危機を乗り越えましょう!
    危機を乗り越えてこそ、明るい希望の光が差すってことを伝えて。

    投稿日時:2016年04月16日 20時54分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    難病の友人が避難所にいます
    ともちんさん / 福岡県 / 40代 / 友人
    記事ID: 50848

    友人が学園大の避難所にいますが、トイレが使えないそうです。

    また、先ほど食料が届いたようですが ひと家族にオニギリ1個という状況で全く足りていません。

    友人は難病を抱えています。

    お薬は1ヶ月分持参してるとのことですが、お水が足りません。

    援助をお願いします!!!!

    投稿日時:2016年04月16日 20時40分

    コメントを書く

現在のカキコミ91件中