本文へジャンプ

  • その他

    【西原村役場】自宅にいる障害者・高齢者の方、声を上げてください!
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50973

    福祉避難所に指定されている場所が被災したため、利用を希望する人は、西原村社会福祉協議会「のぎく荘」に避難してもらっています。

    現在、保健師、DMAT、地域活動支援センターの活動員らが巡回中です。
    もし、まだ自宅にいたり、声をあげられていない障害のある方、高齢の方がいれば、声をあげてください。

    避難できていない…などの連絡は、
    西原村役場 電話:096-279-3111(代表)まで

    番組スタッフより

    (19日13時追加情報)

    ≪西原村社会福祉協議会より「のぎく荘」の現状について≫

    電気は復旧しました。引き続き断水中ではあるが、飲み水・トイレ用の水は巡回車の水で確保できています。

    敷地内に簡易の医療所もできました。(日赤の人がきています)

    あと10名弱は受け入れが可能です。ただし、介助者が不足しているため、家族同伴が受け入れ条件です。

    看護師がいるため、簡単な医療的ケアなら対応可能です。高度な医療的ケアが必要な方は病院へ行って頂いています。避難所で受け入れが難しい方など、支援が必要な度合いの高い方から受け入れているため、軽度の方は避難所に行ってもらう可能性も高いです。

    村内の方で何か困っていることがあれば、ひとまず連絡ください。

    西原村社会福祉協議会 電話:096-279-4141

    投稿日時:2016年04月19日 14時00分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県難病相談・支援センター】当事者の方へ―声を上げてください!/相談も受付中
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50974

    ≪難病の当事者・家族の方へ≫

    薬剤師が避難所をまわっているので、自分から必要な薬のことを相談してください。

    センターでも明日(20日)から避難所をまわることにしており、現在準備中です。被害が大きい益城町を中心に、2~3人で歩いてまわります。
    医療的ケアはできないので、支援内容は、傾聴による心理的ケアと、情報提供になります。基幹病院は動いていますが、難病の人は、意外と自宅最寄りの個人病院にかかっている場合も多いため、その被災・開所状況を今情報収集していて、その情報を伝えます。
    益城町のかかりつけ医が被災している場合、熊本市東区・南区・北区などの病院で受け入れてもらえるところを探して伝えます。

    センターでも相談を受け付けています。
    電話:096-331-0555(平日9時~16時)
    メール:nanbyo-0555★extra.ocn.ne.jp
    ★マークをアットマークに変えてください。

    投稿日時:2016年04月19日 13時35分

    コメントを書く

  • その他

    【日本難病・疾病団体協議会】支援者の方へ―難病の人への配慮のお願い
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50969

    ≪支援に関わる方へのお願い≫

    難病の人には常備薬を持ち出せない人が多く、希少疾患であるために、DMATも薬を持っていない可能性が高いです。
    しかし本人は、周りの高齢者など「もっと大変な人がいるから我慢しよう」と考えて、東日本大震災の時には体調を崩す人が多くいました。
    DMAT、医療関係者、自治体、NPOなど避難所の管理者に、「薬で困っている人は遠慮せずに申し出て」と声かけを積極的にしてほしいと思います。
    また、そこで入手しても一週間分で終わってしまったりするので、定期的に声かけをしてほしいと思います。

    また、今回は余震が多いため、屋外避難が多いと予想されますが、それも心配です。我慢して体調が悪化することが多いので、冷えないような対策をとってほしいです。

    外から見えにくい病気だったりするので、積極的な声かけをお願いいたします。

    投稿日時:2016年04月19日 12時34分

    コメントを書く

  • その他

    【高次脳機能障害「ぷらむ」熊本】支援者の方へ―避難生活での配慮のお願い
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50968

    高次脳機能障害のある人の家族による団体です。

    ≪支援に関わる方へのお願い≫

    高次脳機能障害は、それぞれ症状が違い、感情のコントロールがとれない人(特に子供)が多いので、大広間で知らない人との避難生活を強いられたり、閉じ込められた空間だったりすると、パニックがおきてしまいます。
    隔離された空間など、それぞれの人に合った配慮があると有り難いです。

    投稿日時:2016年04月19日 12時32分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県ろう者福祉協会】支援者の方へ―聴覚障害者向け情報提供をお願いします
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50967

    ≪支援に関わる方へのお願い≫

    聴覚障害者が水と食料を確保できるために、以下のようなことを要望したいそうです。

    (1)水や食糧が来たとき、どこに何が来ているのか、耳が聞こえなくても分かるような情報提供をしてほしい。具体的には、文字の掲示物。

    (2)昭和15~25年生まれの聴覚障害者は教育を受けておらず、文字が読めない人も多い。なので、(1)の情報について、絵や地図も入れて示してほしい。

    (3)災害時、支援に来るのは福祉経験者とは限らず、安全推進課など、普段聴覚障害者と関わっていない人がくる。彼らは聴覚障害者とのコミュニケーション方法を知らないので、聴覚障害者とのコミュニケーション方法を市区町村内の担当者で共有して支援してほしい。

    投稿日時:2016年04月19日 12時31分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県聴覚障害者情報提供センター】電話リレーサービスを行っています!
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50964

    聞こえない方に向けて、電話リレーサービスを行っています。
    下記にテレビ電話をかけてもらえれば、情報提供施設にいる手話通訳が対応し、聞こえる人とつないでくれます。
    基本は平日9時~18時まで。現在は緊急事態なので土日もやっています。

    Facetime: trs★kumajou.jp
    ★マークをアットマークに変えてください。

    Skype: kuma-trs(承認が必要です)

    投稿日時:2016年04月19日 11時50分

    コメントを書く

  • その他

    【御船町地域包括支援センター】益城町・御船町の福祉避難所情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50879

    (17日11時半現在)

    ≪益城町≫

    ▼特別養護老人ホーム「ひろやす荘」(上益城郡益城町安永1080番地)
    行政と協定を結び、主に高齢者を対象とした福祉避難所として活動しています。一般の避難所で過ごすのが難しい高齢者を受け入れています。

    ▼障害者支援施設「熊東園(ゆうとうえん)」(上益城郡益城町広崎786-1)
    行政と協定を結び、主に障害者を対象とした福祉避難所として活動しています。

    ≪御船町の情報≫

    福祉避難所の協定を結んでいるところはないそうです。

    高齢者などの福祉的な対応が必要な人は、老人総合施設「グリーンヒルみふね」(熊本県上益城郡御船町辺田見840-9)に案内しています。
    ただ、高台にあるため車イスなどでは移動が難しく、車が必要です。

    番組スタッフより

    (19日11時追加情報)

    <御船町に福祉避難所が開設されます>

    包括支援センターから今、市・県に今申請しているので、今夜には開設されます。
    福祉施設を使うわけではないため、スタッフの数に限りがあり、重度の介護が必要な方は付き添いの必要があります。

    場所:御船町観光交流センター

    希望者は、巡回中の民生員の方、地域包括センタースタッフ、保健師さんなどに声をかけるか、役場の福祉課社会福祉係までご連絡ください


    御船町役場 福祉課社会福祉係 電話:096-282-1342

    <子ども連れの方へ>
    ◆授乳中のお母さんへ
    御船町カルチャーセンターにて、授乳スペースや、その他授乳でのケアを用意しています。

    ◆3歳未満のお子さんとともに避難されている方へ
    一般避難所での生活が困難な方に、子育てふれあい館を避難所として用意しました。

    投稿日時:2016年04月19日 11時00分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本聴覚障害者総合福祉センター】被災された聴覚障害者に水を配布中/手話通訳・要約筆記を受けつけています
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50938

    聴覚障害者は給水所がどこにあるのか、音声情報では分からない上、年配の方だとネットで情報をつかむのが難しかったりするので、熊本聴覚障害者総合福祉センターで、現在、2リットルのペットボトル100本の支給を受け、1人1本で配布中です(困っている方であれば、聴覚障害者に限定せず、お渡しすることは出来ます)。
    18日17時現在、残り70本ほどあります。
    通常の開館時間は、8時半~17時半です。緊急事態なので、それ以外の時間で開いていることもあります。

    また、手話通訳や要約筆記が必要なら、センターまで連絡ください。

    電話:096-383-5587
    FAX:096-384-5937
    メール:kshk★muse.ocn.ne.jp
    ★マークをアットマークに変えてください。

    投稿日時:2016年04月18日 18時38分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市発達障がい者支援センター】支援へのアクセス情報を提供しています
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50932

    避難所での生活が厳しいため、自宅にとどまっている方へ
    給水車や食糧、トイレなど、どこに行けばたどり着けるのかがわからず困っている場合は、下記まで連絡してもらえれば、こうした支援へのアクセス情報を伝えられます。

    ◆相談受付◆
    電話:096-366-1919(平日8:30~17:15)
    メール:378kumamon★ezweb.ne.jp (24時間受付)
    ★マークをアットマークに変更してください。

    投稿日時:2016年04月18日 16時34分

    コメントを書く

  • その他

    【大分県盲人協会】被災された視覚障害者の方へ
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50921

    会員に安否確認をしたところ、18日11時半現在、大きな被害を受けた人はいません。

    大分県内で被災された視覚障害者の方へ
    お困りのことがありましたら以下へお電話下さい。

    大分県盲人協会 電話:097-532-8450

    投稿日時:2016年04月18日 14時21分

    コメントを書く

現在のカキコミ64件中