本文へジャンプ

  • その他

    【熊本県宇城市】グループホーム日向1~4 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50909

    (18日11時半現在)

    知的障害・精神障害の方が入所。
    2名ずつ×4部屋で暮らしています。

    8名全員無事です。
    アパートの被害はなく、避難せずそのまま暮らしています。

    水道が通っておらず、職員が自宅で水を汲んで届けている状況です。
    食事は今のところストックがあり大丈夫です。職員が調理して届けています。
    地元のスーパーには物がないので、八代のほうまで買い出しに行っています。

    今のところ、必要な支援は特にありませんとのことです。

    投稿日時:2016年04月18日 11時55分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県宇城市】グループホームともに 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50908

    (18日11時現在)

    知的障害・精神障害の方が、6つのグループホームに入所しています。

    ≪グループホーム≫
    まいふれんど:6名 まいはーと:5名
    まいどり~む:6名 はっぴぃはうす6名
    ぴ~ちはうす:6名 なのはなはうす:6名

    35名全員無事です。

    当初は3か所(白根公民館・ウイング松橋・豊福小学校)に避難していました。
    現在、GHはっぴぃはうす以外の29名は、各GHへ帰宅しました。

    はっぴぃはうすは倒壊の度合いが高く、6名(知的2・精神1・重複1・発達1)が戻れない状況です。
    そのため、現在は「ウイング松橋」で避難中ですが、自閉症の人がパニック状態になっているため、今日中に別のアパートへ避難する予定です。

    なお、「ウイング松橋」には多くの障害者やスタッフたちが避難してきています。
    人が溢れ、廊下で寝たり、お風呂にもなかなか入れない状態が続いています。

    水道は通っています。
    食料は備蓄3日分があり、県南の事業所からの支援ももらえそうです。しかし、このまま長引けば心配な状況です。

    投稿日時:2016年04月18日 11時48分

    コメントを書く

  • その他

    【公益社団法人日本てんかん協会「波の会」本部事務局】現地からの安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50873

    熊本支部の代表とは連絡がとれていますが、激震地にいた会員3人のうち一部と連絡がとれていない状況です。
    他の会員からは、家屋の被害があり、電気や水道などライフラインが止まって米を炊くのも大変という話も入っています。

    今後最も心配されるのは、薬の不足です。
    日本てんかん学会と相談して、薬などの物資を届けるかなど、支援について今協議しているところで、現地のアクセスや余震のリスクの中、どうすればいいかを検討中です(17日11時現在)

    番組スタッフより
    (18日11時追加情報)

    事務局長の方からです。

    ★服薬を中止しないようにしましょう!
    てんかんは、急に服薬をやめると“てんかん重積状態”(普段の発作がどんな発作で
    あれ、全身けいれんがおこり、なおかつ止まらなくなってしまうこと)になることが
    あります。
    この状態は、生命に危機をもたらすもので、非常に危険です。
    てんかん治療のために服薬中の方は、決して「抗てんかん薬」を切らすことがないよ
    うに、早めの受診をお勧めします。

    ★受診をされる際のお願い
    被災地において、医療機関を受診される際に、次の点を優先順位としてお考えくださ
    い。
     1.普段のかかりつけ病院、かかりつけ医の受診を最優先に考えてください。
     2.かかりつけ医の受診が困難な場合、何科でもよいので、近くの診療している医療
    機関に相談してみましょう。いつもの薬であることをしっかり伝えれば、専門外(外
    科や皮膚科など)の先生でも処方してもらえる可能性が十分にあります。
     3.医療機関の受診が困難な場合で、院外薬局で処方されている方は、かかりつけの
    薬局に相談してみましょう。処方せんは後から届けることにする、かかりつけの病院
    に連絡をしてもらうなど、何らかの便宜を図ってもらい、調剤してもらえる(お薬を
    もらえる)かもしれません。

    ※かかりつけ医以外の医療機関を受診する方で、処方内容がわからない方は、実際の
    お薬を持参することをお勧めします。お薬があれば、処方せんがなくても処方するこ
    とは可能です。

    ※てんかんに関連して、症状に変化のある方で、抗てんかん薬の調整を希望される方
    は、できるだけ専門医(てんかん専門医、小児神経専門医)を受診することをお勧め
    します。

    ※「静岡てんかん・神経医療センター」では、「てんかんホットライン」を開設し、
    地震で被災をしたてんかんのある人などからのてんかん診療支援に関する相談にも応
    じています。ご活用ください。

    電話:054-246-4618
    対応時間:24時間(熊本地震対応の緊急体制です)
    Eメール:support★shiuokamind.org / epilepsy.hotline★gmail.com
          ★マークを@に変更してください。

    投稿日時:2016年04月18日 11時00分

    コメントを書く

  • その他

    【全国盲ろう者協会】現地「夢の会」盲ろう者の安否情報&支援のお願い
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50837

    現地の全体状況はまだ確認できていません。
    連絡がとれた熊本の「夢の会」によると、連絡がとれた人の中にはけが人はおらず、事務局の健常者も無事でした。ただ何名かまだ連絡がとれていない人がいる状況です。多くの人々の家は損壊し、中の家具が倒れるなどしているそうです。

    <被災した盲ろう者への支援のお願い>
    予想ではありますが、情報が入らず困っていると考えられます。
    東日本大震災の経験によると、支援者も自分の家族が第一になるため、当事者の支援は二の次になってしまい、取り残されている場合があるのではと思われます。
    どこが避難所かという情報や、避難所内での情報も、中々入ってきません。トイレにも十分に行けなかったり、けがをしても医者とコミュニケーションとれなかったりして十分なケアが受けられない可能性もあります。

    「盲ろう者」である旨、また支援方法(手の平に文字を書く、または弱視ならば大きなはっきりした文字で伝えるなど)を書いた名札を下げるなどの支援が必要ではないかと思います。
    また、盲ろう団体は人数が少なく組織力が弱いので、視覚障害・聴覚障害の団体と連携して支援にあたってほしいとのことです。

    番組スタッフより
    (18日10時追加情報)

    九州各県の「盲ろう者友の会」に登録している会員は、全員無事であることが確認で
    きたそうです。

    投稿日時:2016年04月18日 10時00分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市西区】ケアホームきらら 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50895

    (17日17時現在)

    認知症の方が入所しています。

    施設は小さな亀裂が入ったものの、大きな被害はありません。
    利用者の方は怪我はありませんが、夜寝付けない人が多いのが心配な状況です。

    断水しており、トイレが問題です。地下水を汲んで流している。今日、明日中には復旧と聞いています。

    ≪必要な支援について≫

    水が出ないため、紙皿、紙コップが沢山あると助かります。
    紙おむつも足りなくなっています。

    投稿日時:2016年04月17日 19時32分

    コメントを書く

  • その他

    【大津町】つくしの里 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50894

    (17日13時現在)

    入所52名、グループホーム15名。

    ≪建物の状況≫

    居室の一部が壊れたり、天井がめくれているなどのことがあって、一部建物が使えなくなっていますが、入居者は無事です。

    ≪ライフライン≫

    電気は来ていますが、水が配管等の破損で使えない状態が続いています。
    建物の破損があるので、在宅の利用者については、自宅待機にしてもらっている状態です。

    ≪食料≫

    備蓄が数日は大丈夫ですが、その後が心配な状況です。

    投稿日時:2016年04月17日 19時14分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市西区】熊本県コロニー協会 グループホームきずな 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50893

    (17日17時現在)

    19人が入所しています。

    けが人はゼロ。
    建物は3棟あったものの、2棟が傾いてしまっていて、残された1棟に19人が入居している状態です。
    今後、建築士に診断してもらって、どうするか考えたいと思っているとのこと。

    利用者の方は、夜、余震が続いているので、眠れない人が多くなり、昼夜逆転となり、日中傾眠状態になっています。

    断水しているので困っています。
    食事については、食材は何とかかき集めているものの、そろそろ底をつきそうです。

    投稿日時:2016年04月17日 18時48分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市北区】ライフサポートセンター アメニティ 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50891

    (17日17時現在)

    障害者グループホームに8人が入所しています。

    けが人はゼロ。物的被害はありません
    余震が続いているため、利用者の方がソワソワしているのが心配です。

    断水しているので困っています。
    食事については、食材は何とかかき集めているものの、そろそろ底をつきそうです。

    投稿日時:2016年04月17日 18時42分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市東区】障害者グループホーム「れん」 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50890

    (17日17時現在)

    けが人はゼロ。物的被害はありません。
    本震以降、一旦自宅に戻ってもらいました。
    うち1人は自宅に住める状態でないため、避難所で暮らしています。
    別の1人は、自宅が住めなくなったため、このGHの一室に父と母が暮らしています。

    いま必要としている支援は特にありませんが、断水しているので困っています。
    飲み水、トイレが大変です。いつ直るのか連絡がありません。そこさえクリアにしてもらえば助かります。

    投稿日時:2016年04月17日 18時38分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市東区】ケアホームまんまん 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50889

    (17日16時半現在)

    人的被害はなく、施設内の被害もありません。
    水、電気、ガスも大丈夫です。

    投稿日時:2016年04月17日 18時33分

    コメントを書く

現在のカキコミ98件中