本文へジャンプ

  • その他

    【熊本市南区】NPO法人くまもと福祉ネットワーク「しま寮」 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50882

    (17日14時半現在)

    精神、知的、難病、身体障害の方がいます。
    グループホーム入所者 4人
    就労継続支援A10人、B10人です。

    けがなどの人的被害はありません。
    グループホームが築30年だったため、かわらが落ちたり、壁にひびが入ったりしています。

    電気は問題ないが、断水しています。近くの用水路から水をくんで対応しています。
    トイレが厳しいこともあり、現在、入所者は和水町にあるグループ会社の別のグループホームに移って避難しています。

    投稿日時:2016年04月17日 16時39分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県北部発達障がい者支援センター】現地の状況/発達障害のある方への支援のお願い
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50880

    (17日13時現在)

    相当数の当事者が避難所にいると思われます。
    今のところ、各避難所に問い合わせても、まだ当事者が「困っている」と訴えているケースはありませんが、申し出がない分、苦しんでいるのではないかと心配しています。
    困っている人がいたら支援センターに連絡してください。
    電話:096-293-8189

    現在、対応の仕方などを書いたチラシを持って避難所を巡ることを検討しています。

    番組スタッフより
    ※発達障害情報・支援センターのホームページに、災害時の発達障害児・者支援についてまとめてありますので、そちらも参考にしてください。
    「お役立ち情報・発達障害」の相談窓口で紹介している「発達障害全般に関する相談」・発達障害者支援センターのホームページの新着記事よりご覧いただけます。

    投稿日時:2016年04月17日 14時50分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県宇城市】グループホームみすみ 安否情報更新/A型就労支援通所施設「ねんりん」安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50878

    5か所のグループホームの入所者34名全員無事、うち31名は16日(土)朝7時ごろに事業所本部に集まって避難。残り3名は自宅へ帰っています。大きなパニックはありませんでした。

    A型就労支援施設「ねんりん」に通所している9名も、全員無事を確認しました。

    投稿日時:2016年04月17日 13時59分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県玉名郡】DM風の会(1型糖尿病)安否情報&糖尿病の方の支援の留意点
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50877

    (17日12時現在)

    1型糖尿病の人30人ぐらいが会員です。
    1人1人の安否は携帯がつながらないなどでまだ確認できていません。

    ◆インシュリンについて

    インシュリンは、処方箋や保険証を持っていなくても病院でもらうことができます。しかし、そのことを知らない人も多いのではないかと心配しています。
    各避難所に、「かかりつけ医ではなくても薬がもらえます」といった張り紙をして周知をお願いしたいです。

    ◆気をつけてほしいこと

    1型糖尿病の子供などは、避難所だと食事が炭水化物が多くなる上、体を動かさないため、血糖値が上がりやすくなります。体調に影響が出てくることが心配されます。

    インシュリンを打っていることを隠している人もいます。避難所では、トイレなど不衛生なところで打ったりするのが心配されます。

    生活パターンがいつもと変わると、インシュリンを打つ量のコントロールが難しくなります。体を動かさないとインシュリンがたくさんいることもあります。


    ※「日本IDDMネットワーク」が、ホームページで被災した当事者向けの情報を発信しているので、参考にしてください。

    投稿日時:2016年04月17日 13時42分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市東区】慈愛園 熊本ライトハウス/ライトハウスのぞみホーム 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50875

    (17日11時現在)

    ◆熊本ライトハウス(障害児)
    20名が入所、うち半数が聴覚障害で、半数がその他(視覚障害・知的障害・発達障害など)です。

    ◆ライトハウスのぞみホーム(成人)
    40名が入所、9割以上が視力障害で、重複、盲ろうの方もいます。

    人的被害はありませんでした。健康状態も大丈夫です。
    停電・断水が続いていましたが、17日6時半に電気復旧、10時頃に水道も復旧。
    ようやくトイレが使えるようになり、早速子供たちをお風呂に入れています。

    住居部は被害ありません。  
    食堂が少し雨漏りし、タイルがはがれています。
    家族・職員も含め、直接の負傷はないが、実家が住めなくなった人がいます。

    食事などもめどがたち、今は全てOKの見込みです。

    投稿日時:2016年04月17日 12時38分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市富合町】グループホーム・ケアホーム心陽 安否情報
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50874

    (17日12時現在)

    近隣9棟のグループホームに60名が入所。
    主に知的障害で、歩行困難者も数人います。

    人的被害はありません。
    14日~15日、2回目の揺れがあって、グラウンドに集合し、車中泊30名、残りは鉄筋コンクリートのGH内にいました。
    15日本震のときは揺れがひどいため、全員が外に出て寝ました。
    16日夜は雨のため、中で一晩。今は天気がいいので外にいます。

    職員1名、自宅が倒壊し来られない人がいます。
    現在も60名全員が、2階建ての心陽ホーム東・西に集まり雑魚寝しています。
    日中はなるべく外で過ごしています。
    今のところちゃんと寝ています。顔が見えて安心しているようです。

    今のところ、ライフラインも含め自分たちで対応できています。
    食事は備蓄の米がかなりあり、災害用の缶詰と、自家栽培野菜でスープを作ったりしてしのいでいます。
    電気はときどき途切れるが、自家発電機でやっています。燃料も今のところOKです。
    井戸水も電気でくみ上げています。備蓄しているミネラルウォーターもあります。
    お風呂には入っていません。

    投稿日時:2016年04月17日 12時27分

    コメントを書く

  • その他

    【日本アレルギー友の会】安否情報/アレルギーのある方への配慮のお願い
    番組ディレクターさん /
    記事ID: 50872

    会員の中で2名熊本県在住の方がいますが、安否確認はしていません。

    ≪避難生活での配慮のお願い≫

    避難生活ではストレスで悪化すると思われます。
    アトピー性皮膚炎の場合、お風呂に入れないと悪化するので、早めに入れるなどの配慮をお願いしたいです。また、全身に薬を塗るために裸になるので、個室があると本当は嬉しいです。
    食べ物のアレルギーに関しては、食べられる物資を聞いた上で調達してもらえると助かります。

    投稿日時:2016年04月17日 12時00分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県山都町】特別養護老人ホーム 蘇望苑 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50867

    認知症、その他要介護の高齢者50名が入所、職員10名で対応している宮崎と熊本の県境にある施設です。

    人的被害はありませんでした。
    本館と別館と施設がありますが、16日朝未明南阿蘇の6強の揺れによって、別館に亀裂が入り、入所者を本館に移しました。
    しかし、余震が続くたびに本館も建物のひびが悪化しているそうです。

    阿蘇の大橋でトンネルが崩落したため、熊本からの通常ルートが使えなくなっています。
    迂回路はガソリンを求める市民で国道が渋滞。食材を運ぶ業者が納入できず、食料が不足し始めています。
    現状では入所者の食事は1日2回にしていますが、それでも、あと2,3日が限度だと思われます。

    食材と水を宮崎の方に求めに行きましたが、市民が今朝から一気に買占め手に入らない状態です。

    まだ水道は流れていますが、山間部のため夜の大雨で多分使えなくなるだろうと職員は話していました。

    宮崎側に在住の職員に頼らざるをえませんが、激しい余震で眠れず、披露困憊の状態が続いています。
    熊本側に在住の職員は、一部の人は、帰れなくなると大変だからと、家族ごと施設にきて人手不足だからと手伝ってくれていますが、施設にこられない職員もいます。

    このまま余震と雨が続くと、ここは完全に孤立してしまう可能性があります。
    熊本県側に登録されている施設のため、宮崎側からの支援物資が望めません。

    昨日(15日)は、熊本県山都町役場の担当者が様子を見にきましたが、今日(16日)は連絡がなかったといいます。

    おむつ類もあと3日が限界。停電になったら、「たんの吸引」等も危険な人もいますが、提携する病院も手いっぱいで入院など対応はできない状態だといいます。

    番組スタッフより

    (19日追加情報)

    「昨日の放送で紹介してもらったことを受け、物資を届けてもらえました。パンなど久しぶりに届き、助かりました。道路の方も、自衛隊が宮崎側から少しずつ整備に上がってきてくれているので、少し安心しています。ありがとうございます」とのことです。

    投稿日時:2016年04月17日 00時53分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県益城町】介護老人保健施設 平成唯仁館 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50866

    60人の入所者のほとんどが寝たきりの認知症の方です。

    人的被害はありませんでした。
    エレベーターが使えないので、利用者の方に1階に降りてもらって、過ごしてもらっています。

    建物は無事ですが、中はすごい状態。棚が余震で倒れたり、書類が散乱しているそうです。

    水は、自衛隊の給水に頼っていますが、トイレの水に困っています。紙おむつの備蓄はあと1週間分で、業者が来れなくなっているので心配だそうです。

    職員が被災しているため、人手が不足しています。
    停電がありましたが現在は復旧しており、1週間ぐらいは非常食もあるのでなんとかなるかと思うとのことです。



    投稿日時:2016年04月17日 00時34分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県御船町】介護老人保健施設 御船清流園 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50865

    認知症やその他要介護の高齢者48名が入所しています。

    入所者・職員共に人的被害はありませんでした。
    職員は3分の1が益城町在住なので、家の倒壊等により出勤が難しく、人手不足で困っているといいます。

    食料や水が不足して困っているが、他の避難所などに取りに行かないといけず、人手不足で思うに任せない状況だそうです。

    紙おむつが1週間程度分しか備蓄がなく、不安を抱えているそうです。





    投稿日時:2016年04月17日 00時22分

    コメントを書く

現在のカキコミ98件中