本文へジャンプ

  • その他

    【熊本県南小国町】特別養護老人ホーム悠清苑 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50845

    70名の入所者のほか、グループホームで暮らす人が9名、ショートステイの利用者が11名います。

    建物に被害はなく、人もけがなど被害はなかったそうです。電気が使えているため、テレビで情報を得られています。

    水は地下水が濁って使えない状況です。食料は、ガスを使わず保存食を食べていますが、備蓄は3日分。1週間分は来週業者に発注しているので、それが届けば大丈夫だが、、、という状況です。

    今後の天候悪化について心配しています。

    消防団の人からの情報では、これからここの施設が避難所になるとのことです。

    投稿日時:2016年04月16日 20時25分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県南阿蘇村】特別養護老人ホーム水生苑 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50844

    入所者は50名(うち2名は入院中)。
    けが人や体調を崩した人はいないそうです。
    建物にも被害はありません。

    水と電気が使用できない状態ですが、自家発電があり、夜2時まではそれで対応しています。
    ガスはプロパンがあります。

    食べ物は1日2食にして食べているそうです。備蓄分は3日分くらいあるものの、その後は支援が来ることを前提にしています。もし支援が来ないと厳しい状態になるそうです。

    おむつや衛生用品も備蓄は3日分しかない状態です。
    停電によりトイレの水洗が使えず、ポータブルトイレを使っており、施設の敷地の片隅を掘って排泄物を埋めている状況だそうです。工事現場などにある簡易のトイレがほしいとのことです。

    発電機の軽油も明日まで分しかなく、困っているそうです。

    夜間のみまもりセンサーが停電で機能しないので、通常2ユニットに1人ずつなのを1ユニットで1人ずつにして、職員総出であたっている状態です。

    地域の高齢者については、配食サービスで回っている人の自宅を回ったところ、みんな避難所に行っている様子だったといいます。

    投稿日時:2016年04月16日 20時19分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本市】精神障害者、知的障害者グループホーム ふれあいワーク 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50842

    3つのグループホームに12名が入所、通所の人が51名います。人的な被害はありませんでした。

    グループホームの一つでは、昨晩、瓦が落ちる、ガラス割れる、棚倒れて食器が散乱するなどで暮らせる状態ではなくなったそうです。

    他の2軒のグループホームにも不安があるため、入所者12名のうち10名は、同じ法人で運営するB型事業所ふれあいワークに避難しています。
    (残りの1名は入院中、1名は家族のもとに)

    公民館の避難所はいっぱいで、入れないそうです。最初は公園にいたものの、雑魚寝でも屋根がある方が良いと、事業所の板の間にブルーシートと毛布を敷いて過ごしている状態です。余震の中、少しずつ部屋を片付けているといいます。

    通所の利用者の中には、避難所がいっぱいで、駐車場で過ごす人も多い状態です。障害ゆえに、周りへの遠慮も大きいといいます。
    疲れはたまっているものの、睡眠をすすめても眠れない状態です。

    断水が続いており、食材は知り合いや職員の持ち寄りで確保しましたが、明日いっぱいまでしかないため、水・食料の確保に不安を抱えているといいます。


    投稿日時:2016年04月16日 20時07分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    【日本難病・疾病団体協議会】安否情報&難病の人への配慮のお願い
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50838

    全国の関係団体にメールで状況確認しているところだそうです。全体状況は把握できていませんが、16日17時現在、以下の安否情報が確認できています。

    ▼フェニルケトン尿症親の会:安否確認できて今のところ全員無事
    ▼筋無力症友の会 九州支部:今のところけが人はなし
    ▼遺伝性血管性浮腫(HAE):福岡に住む事務局長は無事だったが、県内の安否確認はまだとれていない。

    <難病の方に必要な支援について>

    東日本大震災などの経験を踏まえた予想ですが、難病の人には常備薬を持ち出せない人が多く、希少疾患であるために、DMATも薬を持っていない可能性が高いです。
    しかし本人は、周りの高齢者など「もっと大変な人がいるから我慢しよう」と考えて、東日本大震災の時には体調を崩す人が多くいました。

    DMAT、医療関係者、自治体、NPOなど避難所の管理者に、「薬で困っている人は遠慮せずに申し出て」と声かけを積極的にしてほしいと思います。
    また、そこで入手しても一週間分で終わってしまったりするので、定期的に声かけをしてほしいと思います。
    また、今回は余震が多いため、屋外避難が多いと予想されますが、それも心配です。上記と通じますが、我慢して体調が悪化することが多いので、冷えないような対策をとってほしいです。
    外から見えにくい病気だったりするので、積極的な声かけをお願いいたします。

    投稿日時:2016年04月16日 18時40分

    コメントを書く

  • 提案

    【熊本県ろう者福祉協会】水と食料の確保が必要!聴覚障害者向け情報提供を
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50835

    今、被災地の聴覚障害者にとって大切なのは、水と食料の確保です。

    生活用品は使えるものの、水道管が破裂し復帰しておらず、飲み水はもちろん、トイレの水洗もできず、水を自動販売機で買っている状況です。

    また、食糧確保についても、コンビニは閉店しており、弁当専門店を見てきたら行列で商品も見当たらりません。

    聴覚障害者が水と食料を確保できるために、以下のようなことを要望したいそうです。

    (1)水や食糧が来たとき、どこに何が来ているのか、耳が聞こえなくても分かる情報提供してほしい。具体的には、文字の掲示物。

    (2)昭和15~25年生まれの聴覚障害者は教育を受けておらず文字が読めない人も多い。なので、(1)の情報について絵や地図も入れて示してほしい。

    (3)災害時、支援に来るのは福祉経験者とは限らず、安全推進課など、普段聴覚障害者と関わっていない人がくる。彼らは聴覚障害者とのコミュニケーション方法を知らないので、聴覚障害者とのコミュニケーション方法を市区町村内の担当者で共有して支援してほしい。

    投稿日時:2016年04月16日 17時33分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県宇城市】知的障害者グループホームみすみ 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50834

    知的障害のある人、33名が5か所のグループホームで暮らしています。
    入所者は全員無事でした。33名のうち、30名は16日(土)朝7時ごろに事業所本部に集まって避難しています。残り3名は自宅へ帰っています。大きなパニックはありませんでした。

    建物の被害はそれぞれ違いますが、詳しくは確認していません。被害が大きく戻れないグループホームもあるかもしれません。

    ずっと停電していましたが、16日15時半ごろに復旧しました。水道は無事です。本部では給食の準備もでき、生活には問題ない状況です。

    投稿日時:2016年04月16日 16時35分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県宇城市】障害者支援施設 清香園 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50833

    知的障害や身体障害、精神障害のある人50名が入所していますが、職員も含め、全員が無事でした。
    鉄筋なので建物の被害もありません。

    市の水道は止まっています。井戸水がありますが、泥が混じり飲めません。水で調理できないため、備蓄の保存食に切り替えています。

    食事内容や生活時間などがいつもと変わったため、自閉症の入所者の中には、精神的に不安定になっている人もいます。
    職員がサポートして落ち着かせている状況です。


    投稿日時:2016年04月16日 16時29分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県産山村】特別養護老人ホームなでしこの里 安否情報
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50832

    入居者24人の特別養護老人ホームです。
    けが人はいません。

    建物は少しヒビが入ったり、壁がはがれたりしていますが、元々小学校なので大丈夫です。
    周辺の要介護の高齢者が24人ほど集まってきています。

    水も電気もOKでガスもプロパン、テレビも見られるので情報も手に入る状況です。

    食料は数日はもちますが、避難してきた人も含めると倍くらい必要になるので、少しずつ使うようにしています。
    なくなってきたら近隣の農家などからもらうしかないと考えているそうです。

    職員がなかなか施設に来られず、いつもの半分くらいの5人でまわしています。それに加え調理担当者1人、応援の人が2人の体制です。

    避難してきている独居の人達は、いつ帰れるのかと不安そうにしています。

    投稿日時:2016年04月16日 16時25分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県阿蘇市】特別養護老人ホーム阿蘇みやま荘 情報孤立の状態です
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50831

    入所者80名の特別養護老人ホームです。

    電話が停電用なので発信ができず、利用者にも連絡が難しくて困っています。

    道路事情が非常に大変で、至る所が通行止めになっています。熊本市を朝3時に出て昼の12時すぎにつくといった状況。

    情報を得る手段がラジオしかありません。

    投稿日時:2016年04月16日 16時17分

    コメントを書く

  • その他

    【熊本県阿蘇市】特別養護老人ホーム阿蘇みやま荘 安否情報/水・食料が不安です
    NHK番組ディレクターさん /
    記事ID: 50830

    入所者80名ですが、けが人はいません。
    建物にも被害はありません。

    水道・電気が止まっている状態です。
    食料は3日分はあありますが、それから先はどうなるかわかりません。取引業者も、在庫を益城町に送ってしまって手元にない状態です。

    水は備蓄分とわき水などをつかっていますが、混濁しています。飲み水ではなく、トイレなどに使っています。

    投稿日時:2016年04月16日 16時14分

    コメントを書く

現在のカキコミ98件中