本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在519

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    カサンドラ広めて…
    トゲトゲさん / 静岡県 / 40代 / 妻、母親
    記事ID: 59580

    発達障害取り上げてくださって ありがたく思う半面、スタジオのセッティングさえ 勉強済みの家族でさえ ないな!というデザイン…
    報道の発信する側の責任等も色々あると思いますが、介護で身内が殺害するケースがあるレベルで発達障害もケースバイケースでしょうが切実であることを広めてほしいです。
    障害故に悪気なくなんだ…と一番愛してる家族でさえ 自分一人が許し続けなければ成り立たないという事実を…
    賛否なく広めてほしいです。

    投稿日時:2017年06月08日 21時05分

    コメントを書く

  • その他

    いろいろ2
    おまめさん /
    記事ID: 59576

    続きです
    ちょっとした言葉でも傷つきやすいです。なんでそんなことするの?ダメだよ!など、否定の言い方は特にですが、言葉で言われても心が痛むだけであって、ジェスチャーや、絵などのほうが伝わりやすいし、傷つきません。まず、問題行動や、問題発言などがあった場合、なぜそうなっているのかの原因探しをしてほしいです。
    市役所の福祉課や、福祉の業界の方も発達障害の勉強をしておられるかもしれませんが、理解されなく、適切な支援が行われていないのが現状だと思います。
    私は辛い思いもたくさんしてきましたが、とても恵まれていた環境で育ったため、目立たちにくいです。発達障害の方は経験などを繰り返すことによって、みんなよりは遅いかもしれませんが、できるようになったりすると思います。まず私が恵まれていたのには、家庭が本人のやりたいことや、本人の得意なことを伸ばしてくれたり、先生にお願いをしてくれたりと、障害の特性に応じたことを自然としてくれていたこともあると思います。
    発達障害支援センターも、当たりハズレがあるのも現状です。県職員などの異動のある発達障害支援センターは、福祉の事業所よりも発達障害の専門のはずなのに、発達障害の方を支援するにはとても不十分な知識だと思います。
    発達障害の方が生きやすい社会は、健常者と呼ばれている方にも生きやすい社会になると思います。人間誰でも得意不得意がありますよね。その差が大きすぎるだけなのです。なので、私達発達障害を持っている方は、環境を整えてくださるだけで、発達障害自体は治らないですが、障害にならないような生き方ができるのです。

    投稿日時:2017年06月08日 19時53分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    いろいろ1
    おまめさん /
    記事ID: 59575

    私は自閉症スペクトラム障害です。小さい頃から兄弟には変わってると言われ続けていましたが、大人はそうは思っていなかったようです。今はおしゃべりなくらいお話しすることができることもありますが、昔は単語しか話さなく、相手の話しに答えるまでの時間もかかってしまっていたので、会話が続かないとか、早く話せなど言われ続けてきました。そのような環境により、話しはできるようになりましたが、実際思ってもいない、思いついたことを言ってしまうため、後悔することがよくあります。
    音などに敏感で、集中できないなど、ありますが、おさえることができています。それも慣れでおさえる習慣ができたのか、実際我慢できているけど、とても辛いです。だから、周りに普通に見えてしまいます。
    感情表現も苦手で、辛いことがあってもニコニコしてしまったり、嫌なことをされてても、嫌とは感じなく、ある日突然嫌なことだとやっと気がついたりしてしまいます。
    まわりの変化や、話さなくても、相手の感情をよみとることができるくらい、鋭い部分があり、生きづらいです。陰口言われててもその場で、なんでそんなひどいことを言うの?と言いたいのですが、なぜか言えません。
    次に何をするかを目で見て分かる絵があるととても助かります。1日のスケジュールがあるといいです。でも、なくて、急な変更でも対応はなんとかできているのですが、それも私の障害のタイプでは自分がなく合わせてしまうためだと思います。
    体調が悪くても、よく体調不良がおきているためか、体調不良に慣れてしまっているため、自分の限界が分かりません。なので、我慢してしまうし、頻繁に貧血みたいな症状が出るため、周りに伝えても信用してもらえないだろうという思いや、言えないことや、ニコニコしてしまうし、周りへの伝え方すら分かりません。なので突然意識をなくしたりします。

    投稿日時:2017年06月08日 19時52分

    コメントを見る(現在2件)

  • かなしい

    障害があると虐げられるしかないのですか?
    NAUさん / 青森県 / 20代 / 当事者
    記事ID: 59543

     仕事を始めて2年半が経っても、同じミスや遅延ばかりあり、そのたび怒られていました。

     萎縮する日々が続いて、その近況を知った友人が心療内科の受診を提案してくれました。
     病院のチェックリストだけでなく、A4用紙に自分の気になることを書いたメモも持参して診察に臨みました。
     診断は案の定、自閉スペクトラム症・ADHD、以前から障害に関して引っかかることがあったので、驚くことなく安堵しました。


     2週間ほど黙っていましたがこの問題を抱えたままでは辛いので、最初は職場の上司に打ち明けて理解を得られました。それを感付かれたのか他のスタッフにも知られており、改めて話して理解を得られました。

     障害がわかったし、打ち明けることも出来て清々しいと思ったのも束の間、その後も仕事でミスや遅延が生じると頭ごなしに怒鳴られてしまいます。
     「病気のせいにするな」、「甘えるな」などと、あたかも障害をなかったかのように罵られます。
     さらに受け答えが上手く出来ないコミュ障でもあるため、人格の否定や人権の侵害では?と思う場面もあり、弱みを握られている気がしてなりません。

     上司ら一部のスタッフは人が良いのですが、他のスタッフにはもう通用しません。


     結局、障害について理解されないんだなと思うと、悲しくなります。
     思い詰めてダメにならないように、少なくとも友達など話せる人に相談するようにしています。
     当事者が怠けたい・ふざけたいのではありません。障害を理解して少しでも重荷を軽く出来る風潮になることを願うばかりです。

    投稿日時:2017年06月08日 01時40分

    コメントを見る(現在6件)

  • 提案

    おまめさんへ
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 30代 / 凸凹当事者
    記事ID: 59520

     当事者のいんびじえぶるです。(雪深い田舎者です)(笑)

     「市役所は、相談支援事業所に委託しています。相談支援事業所はどこもいっぱいで、相談員は自分の前の仕事が山積みのため、自分の担当している人のことを支援できてないと思います。相談支援事業所は、どこもいっぱいで断られることも多いのが現状です」とおっしゃっていましたが、あたしの場合はほぼ「民間のカウンセリングルーム」に任せています。

     ただ、カウンセリング自体が「(心の)治療目的or心理的支援目的」なので、分けたほうがいいと思います。

     カウンセリングは「自問自答」しながら人生を'振り返る'ことで、(意識の有無関係なく)'封印された記憶'をえぐることでそれを払拭し、問題解決を図るものです。時には、家族や近い親戚関係まで「掘り下げて」行きます。もちろんほかの人間関係も「掘り下げて」いきます。自分自身も「掘り下げて」いきます。そのため、話し合いはもちろん、絵を描いたり、箱庭療法のようなジオラマ作りなどもします。基本「完全予約制」の「完全個別」です。ただし、病院内の「院内カウンセリング」は保険が効きますが、民間の場合は'保険適用外'のため割高の実費負担です。(全て基本「有料」です)

     カウンセリングルームは、「(研究目的など)大学のキャンパス内」、「開業民間のカウンセリングルーム」、「嘱託カウンセリング(会社や学校へ訪問)」などいろいろあります。セラピーにあたる先生も四大卒の「カウンセラー」から六年間で卒業(大学+大学院)の「臨床心理士(今後法改正により「公認心理師(国家資格)」へ)」などいろいろですので、ワーカー(相談員)さんのような「一律」ではありません。また、お医者さんの紹介状が必要なところもあれば、そうでないところもあります。

     一度検討してみてはいかがでしょうか?
     

    投稿日時:2017年06月07日 12時49分

    コメントを見る(現在3件)

  • 呼びかけ

    発達障害と環境
    Ks' ママさん / 海外 / 30代 / 母親
    記事ID: 59505

    ADHDとLD(書字苦手)と診断されている8歳長男。
    昨年、アメリカからカナダへ引っ越してきました。アメリカもカナダも違わないだろうと思っていましたが、住んでみるといろんなことが全く違い、当たり前ですが改めて違う国なんだ再確認しました。
    特に戸惑ったのが、子供達の学校です。

    カナダに来て長男の担任から「おちつきがない。切り替えができない。何度注意しても治らない。」と何度も連絡が来るように。学校にも担任にも、ADHD の診断を受けてることは説明済みにもかかわらずです。インターネットサイトからADHDの特徴をプリントアウトし、さらに長男の特性を手紙に書いたりして担任に渡しましたが、対応は変わらず。長男の立歩きや指示が聞けないことがますます増えてしまいました。

    アメリカでもADHDの診断を学校に伝えていましたが、特別な配慮をしてもらう必要もなく 苦手な部分も得意な部分もそれぞれ個性の一つとして受け入れてもらっていたようです。一度も問題があると言われたことはありませんでした。一方で数字や読解に強い点は評価してもらい、ギフテッドのクラスにも入れてもらっていました。(ギフテッド教育も合理的配慮の一つだと考えます。) 認められて、いきいきと学校に通っていました。

    カナダにもASDの子やLDの子への特別プログラムは充実していますが、ADHDに関してのプログラムはありません。

    長男の性格や特性が変わったとは思えません。変わったのは環境です。この経験で、発達障害の子にとって、環境がいかに大切か身に染みてわかりました。発達障害の子が問題行動を起こすとき、それは周りの環境が合っていないことが大きな原因だと思います。
    その子自身に「変われ」と言うことは、かなり難しいことです。それが「障害」と言うこと。

    子どもたちを押さえつけて変えようとしている学校に先生に、分かってもらいたいです。

    投稿日時:2017年06月07日 02時15分

    コメントを書く

  • 提案

    発達障害のある人は世の中を変える可能性がある
    3213104さん / 20代 / ADHD LD ASD
    記事ID: 59460

    私が小学校6年生の時に書いた作文の書き出しに「発達障害のある人は世の中を変える人たちです」と書かれていました。大人になって、その文章を見てみると私は希望を持つことができました。
    発達障害について、できないことに目を向けてしまうことは多いと思いますが、できることにも目を向けてほしいと思っています。私は、障害特性上物事を覚えることは難しいですし、人の気持ちがわからず、人間関係で困難な場面に会うこともありますし、字が汚く、いろんな人に「もっと丁寧に書いて!」などと言われることもあって辛い思いもします。しかし、私たちは他人とは違うという素晴らしい才能があると思っています。
     落ち着きがないということは即ち、行動力があるということです。そのため、私はいま大学院に在籍しているのですが、自分の学びたい分野については進んで講演会へ行ったり、専門の人とかかわったり、色んな人とのつながりを作ることができています。
     こだわりがあるといいうことは探求心があります。学んでいる中で、納得いかないことがあったとき、その疑問が解決されるまで、私はとことん追求します。こだわりがあるため、深く学ぶことができます。
     発達障害があるということはある意味才能であると私は思っています。しかし、この才能を生かすためには多くの人の理解や協力が必要です。私は運がよく、このような人たちが周りに多くいました。社会全体で、発達障害について理解があり、うまく対応できるようになっていくといいと思います。
     自分にある障害特性を理解し、うまく活用できるような教育をもっと学校で行い、自己肯定感をしっかり持つことができ、発達障害のある人たちが未来に希望を持つことができるといいなと思うことができるように今の私は大学院で学びを深めていこうと考えています。

    投稿日時:2017年06月05日 21時53分

    コメントを見る(現在2件)

  • 悩み

    発達障害とほかの病気
    さとみさん / 北海道 / 30代 / 妻
    記事ID: 59453

    自分では普通だと思っていても違う事が多く何が普通かわからない。『大人』が何なのかわからない。「何でできない?」と言われる事ばかりで理解されないから会話もできないです。
    発達障害いがいに軽度知的障害、境界性パーソナリティー障害、情緒不安定性人格障害、パニック障害、過呼吸症候群、適応障害、複雑性PTSD、閉所恐怖症など病名があり、発達障害と軽度知的障害がわかったのは去年です。
    家庭環境の問題で今の自分になってしまったんだとは思います。
    発達障害に気付けずたくさんの病気の症状に苦しんでる人がいます。私もそうです。日常生活に支障のある発達障害、知的障害の他にも日常生活に支障のある病気があります。人格が変わってしまったり不安定になってしまったり。私はバカと言われる事に慣れてしまいました。自分では対処できない事があると逃げるために人が変わります。
    どうしたら改善するのかわかりません。
    発達障害いがいにも目を向けて下さい。
    理解されない辛さをわかってください。

    投稿日時:2017年06月05日 10時09分

    コメントを書く

  • 提案

    テレビ番組
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 30代 / 凸凹当事者
    記事ID: 59445

     NHKに対抗してか、民放でも大人の発達凸凹についての特集がありました。

     クイズ形式ですので、(おそらく)一般人である芸能人の方が質疑応答することで理解が深まるかなと思います。

     ただ一つ物足りなかったのは、やはり芸能界には「(おそらく発達凸凹だろうと疑わしい)芸能人の方」がごろごろいると思います。彼らをパネルゲストとして番組に参加し、徹底的に'あぶり出して'ほしかったです。
    (´・ω・`)

     NHKさん、お願いします。栗原類さんのような「伝道師」「代弁者」を見つけてください。m(_ _)m

    投稿日時:2017年06月04日 20時29分

    コメントを書く

  • エール

    アスペルガー休職から復職への成功事例
    有名人のマコさん / 神奈川県 / 50代 / 大企業の従業員
    記事ID: 59443

    NHKでこのようなプロジェクトをやって頂き、非常にうれしく思います。先日のNHKスペシャルは大変良い内容でした。栗原さんがいろいろいい事を言っていました。

    発達障害の事例は千差万別なのでしょうし、投稿をお読みすると私よりも重度の方も多く、かなり深刻なケースも多そうに見えました。

    細かいことは長くなるので書ききれませんが、私は会社でトラブルの末休職になり、たまたま非常に良い先生に出会ってアスペルガー症候群の診断を受け、リハビリ、復職活動の後、復職に成功しました。復職後は環境に配慮して頂き、大変快適に能力を発揮できており、大変良い成功事例だと思います。3年に及ぶ休職、リハビリ、復職活動は同じような状況の方の参考になると思います。主治医、産業医の先生、人事、上司、デイケア、職業センターのカウンセラーの方々に大変お世話になりました。

    いろいろな事があるのですが具体的なことはまた投稿したいと思います。今後共、よろしくお願い致します。

    投稿日時:2017年06月04日 18時10分

    コメントを書く

現在のカキコミ519件中