本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在521

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    拡散して行くしかないでしょう
    かぐらざかさん / 東京都 /
    記事ID: 59107

    今日、もしかしたら狭い駅のホームなのにもかかわらず、通行中、「いい大人」が場の状況もわきまえず、ゴリゴリとあなたの背中を押して来たかもしれない。あなたはイライラしたかもしれない。「スーツ着たいい大人が何だよ!あぶねぇな!考えろ!」と。
    だけど、もしかしたらその人は、まさにそういう特性を、「何度指摘されても」改善できず、本人もずっと苦しんでいる人かもしれない。
    ただの綺麗ごとに聞こえるかもしれないが、このぐらい身近な問題なんですよ。発達障害の問題って。
    ただの綺麗ごとって捉えられるかもしれないが、根気強く、皆で拡散して行くしかないでしょう?こういう理解って。

    投稿日時:2017年05月28日 18時10分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    日本の現状を変えましょう
    ポチのすけさん / 群馬県 / 40代 / 母親
    記事ID: 59106

    日本の社会は発達障害者にとって生きづらいルールで作られています。偉い人に合理的配慮を正しく理解して頂き、根本的な解決方法を検討してほしくて投稿しました。

    まず日本で発達障害の本質を理解している専門家が非常に少ないということを皆が知るべきです。皆さんが相談しているカウンセラーのほとんどは専門家ではないですよ。そして診断をしてくれる専門医、対処法を教えてくれる支援者も大切ですが、その先に本当に必要となるのは、別の人です。
    1.将来に向けてどのような支援ツールが必要かを描ける人、2.それを実践できる専門組織と人
    です。

    私が発達障害という言葉を知ってから3年が経ちました。その間、様々な方の助けを借りながら2人の子供たちを療育し生きてきました。日々の支援は私が主体となって学校と放課後デイと連携しています。そのおかげで子供たちは笑顔で過ごせるようになりました。
    丸2年経った時に
    1.ができる主治医にようやく出会いました(目から鱗でした)。しかし
    2.が出来る専門組織は佐賀県にしかないのが実情のようです(そこで勉強した方を中心に増えつつあるとは思います)。
    支援は子供たちの個々の成長に合わせて変化するので、親が中心の支援では間に合いません。毎日ヘトヘトです。

    2.が増えない理由の一つに「福祉制度の壁」が挙げられます。子育ては「教育」ですから、その一環として民間が参入しやすい制度改革が必要です。発達障害は病気ではありません。専門ツールがあれば改善出来るのです。

    多くのご家族が日々の生活に困っていると思います。マスコミの力を借りたいです。

    投稿日時:2017年05月28日 16時42分

    コメントを書く

  • エール

    EVT特集観ました。
    かなたさん / 青森県 / 30代 / 発達障害者
    記事ID: 59102

    発達障害の子供たちはまるで子供の時の自分を見てるようでした。違うのは支援する先生方がいて、クラス全体で考えてくれるところです。それに本人も努力で答えていく。私は何が良くて悪いのか分からずついに社会からドロップアウトしてしまいましたが、この子達には明るい未来があることを願います。こんな学校増えると良いですね。
    大人の発達障害者の支援も紹介してください。

    投稿日時:2017年05月28日 13時21分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    もっともっと意識を変えて
    おばちゃんさん / 栃木県 / 40代 / 小学校教諭
    記事ID: 59098

    27日のETVを見ました。
    特別支援学級と交流学習について、もっともっと広げて欲しいと思いました。

    舞台になった小学校での取り組みは素敵です。先生方が本気で関わってくださって、子供たちの想いを正面から受け止めてくださって…涙が出てきました。

    特別支援学級とは何かを通常の学級で考えてくれ、子供たちが自分の問題として考えてくれてました。とても嬉しかったです。いい子達だなあって。

    残念だと思ったのが、将来の進学について。番組で、特別支援学級の子の普通高校への進学率が3割と紹介されてました。なぜなんでしょうかね。内申がどうこうという話もありました。その子に合った教育を受ける権利は無いのでしょうか?学びたい想いをどこに持っていけばよいのでしょうか?

    発達障害があっても大丈夫だよという環境がもっともっと当たり前の世の中になって欲しいです。そのためには、実は、大人の意識が変わらなければいけないんですけどね…

    投稿日時:2017年05月28日 10時21分

    コメントを書く

  • 悩み

    知的障害と発達障害の違い
    みーさん / 兵庫県 / 20代 / 当事者
    記事ID: 59094

    私は軽度の知的障害です。
    外国のほうでは発達障害も知的障害も
    括りというのでしょうか?同じらしいのですが
    日本だと違うのだそうで。

    発達障害と、知的障害の
    違いが知りたいです。

    投稿日時:2017年05月28日 08時33分

    コメントを書く

  • 相談

    お金の管理
    こゆきさん / 神奈川県 / 40代 / 伯母
    記事ID: 59093

    姪は診断名は適応障害ですが、根っこに発達障害の疑いがあると言われています。普通に生活ができることが多いのですが、お金に関するこだわりと言うか、お小遣いとは別に、何かにつけてお金をもらおうとし、出さないと、「あの時こう約束したのに〜」と相手を責めます。
    あまりに度々要求され、家族がイライラするため、共通のお財布を作り、そこから出すことで「自分のお金が減る」イライラは多少解消されました。
    しかし、こういうお金への執着のようなものは、社会に出た上でかなりトラブルの危険があるのではないかと案じています。
    皆さんはお金に関する管理や教育はどのようにされているのでしょうか?
    家族の対処の仕方でアドバイスがあれば知りたいです。

    投稿日時:2017年05月28日 07時17分

    コメントを見る(現在2件)

  • 提案

    多様性が認められる社会に
    菜の花さん / 40代 / 当事者
    記事ID: 59088

    焦りも、大きな特徴と、判り、マイペースでと、臨床心理士さんからアドバイスを戴いたことを、お伝えさせて戴いたのですが、私に、全て合わせないといけないなら、それは、無理です。と、言われました。私も、ごもっともだと、思います。

    ご配慮ばかり、求めるのは、申し訳ないのですし、そのつもりでもないのですし、何とか、健常者、定型発達の人達に、合わせなければと、奮闘しているつもりですが、上手く行かないことも、有ります。

    でも、全部が出来ない、上手く行かないわけではないので、個性が強く、凸凹が有る人達と、受け入れてくださると、助かります。
    出来ないとか、役に立たない、と、思われてしまうと、私達も、出来ない、役に立てていないと、自己肯定感が下がり、そのことにこだわって、引きずってしまいます(私達と書きましたが、少なくとも、私は)。
    私は、せっかく、薬を飲まなくて、大丈夫な状態が、長く続いているのに、2次障害には、なりたくありません。

    学校教育でも、多様性について、小学校から、教えて戴けたら(戴いているかも知れません)と、思います。
    今は、核家族化や、少子高齢化なので、小学校なら、1年生〜6年生までいるので異年齢との関わりや、色んな個性の人達がいると言うことを、小さなうちから、身に付ければ、偏見等は、少なくなると思います。

    子供の中学校の授業参観で、みんな違って、みんないいとの相田みつをさんの詩を用い、授業をしてくださいました。素晴らしい、授業だと思います。


    投稿日時:2017年05月27日 17時42分

    コメントを書く

  • 提案

    多様性が認められる社会に
    菜の花さん / 40代 / 当事者
    記事ID: 59087

    私は、発達障害と、判り、7年ですが、誰のせいでもないですし、先に、2次障害を診断され、やっと、発達障害のアスペルガーの診断が付きました。正しい診断が付いたところで、ホッとはしました。

    ですが、この発達障害も、色々有りますし、人それぞれ、困っていること、得意なことが違い、見た目では、判りづらいことも有り、現実は、なかなか、理解して戴けないと、日々、痛感しています。相手の方がいる、相手の方と、直接、間接的に関わること等で、特に痛感しています。
    相手の方も、見た目では、判らない(診断を付けられるは、主治医ですが)、障害の私に、どのように対応してよいのか、性格なのか、怠慢なのか、努力不足なのか、どこまで言っていいのか等と、戸惑われています。私も、相手の方にご負担をお掛けしてしまったと、落ち込みます。


    私は、言われたことは、理解出来るのですが、こだわりが強いため、色々な日常生活、社会生活の場面で、以前から、していた方法で、してしまいがちです。
    だからと、言って、人の意見に、全く耳を傾けないわけではないのですが、接して戴いている方から観れば、話を聞いてくれない、そのとおりにしてくれないと、思われてしまい、お互いに、ギクシャクしてしまいます。

    投稿日時:2017年05月27日 17時36分

    コメントを書く

  • 提案

    多様性が認められる社会に
    菜の花さん / 40代 / 当事者
    記事ID: 59086

    プロジェクト企画を、有難うございます。


    世の中には、様々な障害の方がいらっしゃり、先天的になってしまう方、事故や、病気、災害、事件等で、後天的に、障害になってしまう方がいます。
    誰でも障害者になり得ます。
    障害とまでは、言えなくても、杖をついて、生活されている方、腰が曲がった方、認知症の方だって、性同一障害の方だって。
    母子家庭や、父子家庭や、親と、暮らせない事情の有るご家庭のお子様や、災害等や、加齢により、生きづらさを抱えている人、外国から来て、日本で暮らされている方など、様々な時間のお仕事、生活をされている人など、枚挙に暇はありません(例を挙げれば、きりがないとか、沢山有るとの意味だと思います)が、多様性が認められる社会になれば、生きやすくなるのでは、と、思います。

    投稿日時:2017年05月27日 17時25分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    高校の支援
    かこさん / 福岡県 / 50代 / 母親
    記事ID: 59084

    息子は、県外の高校に行っています。支援学校ではないけど、発達障害児の集まるクラス。パニックや自傷行為等に対して見守ってくれます。おかげで閉じこもることなくガンバってます。でも光過敏を理解されず苦しんでます。見る聞く触れる。この過敏症を、もっと世間に広めてほしい。

    投稿日時:2017年05月27日 17時13分

    コメントを書く

現在のカキコミ521件中