本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在519

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    自分に自分が苦しめられている
    トゲトゲさん / 静岡県 / 40代 / 妻、母親
    記事ID: 58850

    中学生の娘にADHDとADSがあります。
    小学生までは忘れ物が多いなりに問題なく適応できていたのですが、中学生になりキャパを越えたのか不登校となり診断に至りました。
    過去を振り返れば、頑固で融通がきかないと思っていましたが、それこそが発達障害の誤解されるゆえんであり、本人がこだわりを変えられない事に、本人自身が苦しめられていたのです。
    こちらが正論で説得を試みると余計に頑なになることを知らずに間違った対応をしてしまっていたことも後から知りました。
    相手のアドバイスを受け入れた方が得でおると理解できても、自分のこだわりが強いと 変えられないくて、周囲に せっかくアドバイスしたのに!とか頑固だと誤解をされたりすることに、拘りを変えられない本人自身が一番くるしめられているという事。

    なまけや、我が儘、サボリ、頑固、非常識などと誤解されることが一番の苦しみであり、 脳の特性上の問題で 意図的なものではなく、劣っているわけでもなく、少数派として普通に存在しているということを理解してほしい。

    ただ、家族でさえ理解するまでに時間を要するし、ケースバイケースであり、発達障害の名前が先走り、間違った解釈をしてる人も多いと感じます。
    ただ、誤解の後に深い理解が得られるといいです。
    それと…支援する家族の疲弊も取り上げてほしいです。

    投稿日時:2017年05月23日 19時02分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    もっと様々な場で発達障害について知る機会を作ってほしいです
    tmさん / 当事者
    記事ID: 58849

    自分がASDだと自覚していますが、理解してくれるような家族もおらず、自分一人で病院へ行こうとはしますが、電話が怖くて診療予約が出来ず、なかなか行けずにいます。
    自分でも、こんなに電話が怖い理由は分かりませんが、番号を打ち終わったところで動けなくなります。
    最近は発達障害という言葉を知っている人が増えてきましたが、なんだか発達障害というカテゴリーが独り歩きしているような気がします。
    発達障害ということは、勉強できないの?という言葉など、『バカ』扱いされることが多いように感じます。
    ですが、ASDやADHDの人などに絶対学習障害があるということでもありません。

    私は小さい頃から喋ることが少なく、そのことで怒られるのですが、怒られると尚更パニックになって何も言えなくなります。
    怒ってないと言われても、どう見ても怒っているようにしか見えず、怖くて仕方ありません。
    これは『普通』の人からすると怒ってないのだろうかと疑問を感じ続けていました。
    感覚過敏についてNHKスペシャルで沢山伝えて頂いたことで、これも感覚過敏だったのかと気付くことが出来ました。
    少しでも強い言われ方をすると、怒っているのかと怯えてしまいます。
    小中学生の頃も、他の子を怒る教師の声が自分に向いているかのような感覚で、何度も泣きそうになりました。
    誰かに不意に触られると、身体が拒絶し震え上がります。
    明るいのも苦手で、夜真っ暗になるまで電気をつけないこともしばしばです。
    晴れている日の外出や、スマホ・PCの明るい画面も目が開けづらく、長時間になると頭が痛くなります。

    その他沢山ありますが、そういう症状がある方も居るということを皆さんに知ってほしいのです。
    発達障害という言葉でひとまとめにされていますが、一人ひとり、症状などは全く違います。
    そんな詳しいことを少しでも知る機会を作ってほしいのです。

    投稿日時:2017年05月23日 19時01分

    コメントを見る(現在1件)

  • 悩み

    優劣ではなく単なる違い
    なのはなさん / 友人
    記事ID: 58847

    友人に次のような特徴があります。
    ・計算ができない
      -40歳の時,35年ローンを組んだが,完済時の自分の年齢が75歳ということに気がついていなかった。
    ・衝動性が強い
      -ほしい,やりたいと思ったらあまり後先考えず行動に出る。  少し話を聞いただけで,すぐ,「いい・悪い」「好き・嫌い」と判断してしまう。
    ・多動性がある
      -片付けが苦手。コツコツ続けることが困難。

    本人に自覚があるかどうかは分かりません。学校の成績も優秀で,知的な友人なのですが,上記のような自分の特徴に生きづらさを感じ,コンプレックスを持っているようで,どちらかというとゆっくりものを考え,計画的で,コツコツ仕事をするのが好きな私を「私と違ってまじめ。なんでそんなにまじめにやるんだ。」と責め立てます。
    私自身は決してまじめだからではなく,衝動的に欲しいとか,何かをすぐやりたいとか,すぐ止めたいとか思わないだけなので,困ることがあります。
    彼女が自分の特徴を知り,私の特徴を理解し,私たちは違う特徴を持っているだけなんだ,そこにいいとか悪いとかはないんだと思ってくれるといいのにと思っています。

    投稿日時:2017年05月23日 18時29分

    コメントを書く

  • 悩み

    発達障害だと分かったけれど
    花束きいろさん / 北海道 / 職場の部下
    記事ID: 58845

    上司が発達障害だと分かりました。もしかして、と思っていたら、本人がこっそり告白してくれました。詳しく話を聞いてはいません。
    小さな会社の経営者の家族で、社長や他の家族はこのことを知っているのかいないのか、どうしたらいいか分からないのか・・・、とにかく、本人も家族も誰も向き合っているようには見えません。

    業務にも経営状態にも支障は大ありで、私も含め、従業員はストレスと怒りがたまっています。
    上司より上の立場にいる家族にはモラハラ?なタイプの人もいて、上司をネチネチと責めては、すっかり委縮させてしまっています。(家族がこれでは・・・)

    何をどうしたらよいのか具体的に分からないのが、発達障害の特徴の一つだと思うので、周りの協力が不可欠だと私は思っています。
    本人や上の人達(家族)が動き出せば、従業員も協力できますが、何も変わらず。
    私は会社の下っ端だし、家族のことでもあるので、口出しするのは難しいです。

    いろんなストレスにそろそろ耐え切れません。

    投稿日時:2017年05月23日 18時08分

    コメントを書く

  • かなしい

    発達障害児童の周囲の子供たち
    ふゆださん /
    記事ID: 58843

    私の兄も発達障害です。いわゆるグレーゾーンです。
    なので、多少は受け止めています。

    私の子供の学校にも発達障害(グレーゾーン)の子供がいます。
    その子は、友達の鉛筆をなめる、先生がいない時に限って他児童に馬乗りになって叩くなどがあり、学校でも、問題になっていました。

    私の子供も同じように叩かれ、先生に言った後、たまたまその子の親が学校に来た時に、この事をその子の親は受け入れることが出来ず、「うちの子がそんな事する訳ない。君が悪いよ。」
    と私の子供に言ったそうです。
    しかも、周囲に先生がいない時に。

    周囲が理解&協力しようとしても、当人の親御さんが、これでは素直に協力できないのも本心です。

    ココ最近、発達障害については、とりあげられますが、その子の周囲の子供たちの努力や葛藤も取り上げてほしいと思いました。

    投稿日時:2017年05月23日 17時33分

    コメントを書く

  • 提案

    番組を見て
    モヒートさん / 東京都 / 30代 / 当事者
    記事ID: 58825

    スタジオのデザインを見て、脳に入ってくる情報、脳が処理する情報に対する認識をより深めて欲しいと感じました。

    真っ白の背景は見ていてきついと感じました。
    普段、資料などを読むとき、真っ白に真っ黒の文字などは目がチカチカし、集中力が途切れてしまいます。
    白も黒もほんのわずかグレーにすると見やすくなります。

    ありとあらゆるものが脳にとっては情報です。

    例えば、私はパソコン作業のとき、デスクトップ画面にアイコンがたくさんあるだけで疲弊します。
    アイコンのデザイン、色、内容、配置どれも情報です。
    その中から目当てのものを探したり、それらに注意力を削がれずに本業に取り組むのはなかなか大変です。

    人の顔はパーツが動くことで、表情が豊かに表現できます。その分、情報量は増えます。
    一方、会話も、話を聞く、表情を読み取る、関連情報を拾いだす、主張を構築する、話し方を選ぶ、などそれ自体がマルチタスクです。
    出来るだけ、背景が静かなところで会話してもらいたいです。
    スタジオ内の柄が動いているところも、気が散るような気がしました。



    また、学校などの学力試験で測れる知能などは知能のほんの一部であることを、知って欲しいです。

    人は、有機的に変わる状況や組織の中で、必要な情報を取得し、言動を選択して、実行しなければなりません。
    これらに脳が関わっていないものなどありません。

    世の中には、様々な知能検査があります。
    私も発達障害の診断に、知能検査を受けています。

    深慮できる人には、そういうものについても知ってもらいたいです。
    どのような認知機能が、人の生活を支えているのか知ってもらいたいからです。
    とは言え、いろんな人が知ってそれをネタにされるような事態は避けたいので、あまり有名になっても嫌ではあるのですが。

    投稿日時:2017年05月23日 13時19分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    受け止める
    mymyさん / 神奈川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 58805

    小学生の発達障害児の親です。
    発達障害の特集をしてくださるのは、とてもありがたいです。
    一人一人症状が違うと説明して頂けるのもありがたいです。

    我が子は「積極奇異型」です。
    一般的な自閉症児とは異なる自閉症児です。
    そのせいか、もう何年も療育も通院も続けていますが成果はありません。
    療育先などでは「一番辛いのは子供さんです。理解して受け止めてあげましょう。」と言われます。
    でも10年も受け止め続けている側の気持ちは考慮されません。

    毎日朝から晩まで些細なことで怒りだし、感覚過敏からの偏食で何を作っても喜ばない人間を10年も受け止めて、周囲に謝り続けていたら、自分が産んだ子とはいえ投げ出したくなります。

    今後もこのプロジェクトを続けられるなら、受け止める側の気持ち、支え続けても報われないやるせなさなども伝えて頂けたらと思います。


    投稿日時:2017年05月23日 09時42分

    コメントを見る(現在4件)

  • 提案

    発達障害者との関わり方
    りょうさん / 大阪府 / 30代 / 父親
    記事ID: 58803

    発達障害の人によって千差万別ですが、多重な評価をすることで、
    定型的に療育方法を生成することは可能なのではないか?
    といつも感じています。

    今は、療育に携わっている人の経験が大きく影響します。
    もっと細かく、多面的に、時系列的に評価することで、
    定型的に適切な療育方法がわかるのではないかと、
    現在の科学で十分できるのではないかと思っています。

    発達障害の人を雇用する企業の紹介をしていましたが、
    企業側も発達障害のことを勉強すればいいのに…、
    と思わずにいられません…。
    確かに新しく、前向きな取り組みなのですが、
    あまりにも理解度が低いです…。

    できれば、発達障害の方への接し方を、
    ある程度症状に応じてまとめられた資料などを、
    自動で生成できれば非常に有用なのではないかと思います。

    投稿日時:2017年05月23日 09時22分

    コメントを書く

  • ありがとう

    生きやすい社会へ
    えいままさん / 群馬県 / 30代 / 母親
    記事ID: 58800

    うちの小学4年生の長男は、軽度の自閉症スペクトラムです。
    支援学級に在籍しながら、授業は全て普通教室で受けています。

    今は、先生がとてもよく発達障害のことを理解してくださり、普通級のクラスメイトにも、しっかりと説明してくださいます。
    おかげで、息子は今のところ、のびのびと学校生活が送れています。

    特定の「お友達」はおりませんが、母性が芽生えた女子児童は、さりげなく息子をフォローしてくださるようで、参観日に「すごく頑張っているんだよ」と、母親である私に教えてくれました。

    こんなふうに周囲が、発達障害を理解してくれ、みんな一人一人違っていいんだと温かい手を差し伸べてくれたら、それこそ誰もが生きやすい社会になるのではないかなと思っています。
    発達障害が「特別」でなくなる社会になるといいですね。

    投稿日時:2017年05月23日 09時12分

    コメントを書く

  • ありがとう

    生きやすい社会へ
    えいままさん / 群馬県 / 30代 / 母親
    記事ID: 58801

    うちの小学4年生の長男は、軽度の自閉症スペクトラムです。
    支援学級に在籍しながら、授業は全て普通教室で受けています。

    今は、先生がとてもよく発達障害のことを理解してくださり、普通級のクラスメイトにも、しっかりと説明してくださいます。
    おかげで、息子は今のところ、のびのびと学校生活が送れています。

    特定の「お友達」はおりませんが、母性が芽生えた女子児童は、さりげなく息子をフォローしてくださるようで、参観日に「すごく頑張っているんだよ」と、母親である私に教えてくれました。

    こんなふうに周囲が、発達障害を理解してくれ、みんな一人一人違っていいんだと温かい手を差し伸べてくれたら、それこそ誰もが生きやすい社会になるのではないかなと思っています。
    発達障害が「特別」でなくなる社会になるといいですね。

    投稿日時:2017年05月23日 09時12分

    コメントを書く

現在のカキコミ519件中