本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在519

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    番組の感想
    do ut des さん / 40代 / 発達障害者
    記事ID: 58802

    遅くなりましたが、日曜夜は生番組で発達障害を取り上げて下さり、ありがとうございました。
    毎朝拝見しているあさイチのお二人に栗原類さんというゴージャスな顔ぶれでしかも生番組。
    紅白歌合戦並みのゴージャスさだと思いつつ拝見致しました。
    これで少しは世間の発達障害者への理解も進んだのではなかろうかと思います。
    ただ、気になったのは、夜9時で生放送は、あさイチのお二人は、大変だったんじゃないのかということです。
    翌朝は誰か代理二人があさイチでも良かったのではないでしょうか。
    自分の将来の心配をした方が良い気もするのですが、自分以外の立派な人達の健康が気になってなりません。

    投稿日時:2017年05月23日 09時12分

    コメントを書く

  • 相談

    同じ症状の種類やレベルの人と知り合いたい
    りょうさん / 大阪府 / 30代 / 父親
    記事ID: 58796

    療育に通う娘を持つ父親です。
    いつも療育中に他の子供を見ると、
    娘のできないことが際立って見えてしまいます。
    特に他の子はできている会話が、ほとんどできないので、
    心配で仕方がありません。

    また、それが原因で、本人はお友達と遊びたくても遊べず、
    悪意のない健常の子たちにからかわれたり、
    仲間はずれにされたりし、それによってストレスを感じているようです。

    娘のために、同じような症状の種類やレベルを持つ
    同年代の同じ性別のお子さんと知り合えたら、
    すごく幸せを感じることができるのではないかと、
    いつも思います。

    発達障害の団体があるにはあるのですが、
    実態がよくわからずこういったことを相談してもいいのか
    わかりません…。

    投稿日時:2017年05月23日 08時26分

    コメントを書く

  • 提案

    「発達障害」を「理解」する
    りょうさん / 大阪府 / 30代 / 父親
    記事ID: 58795

    結論から言ってしまうと現状では完全な理解はできないと思います。
    恐らく発達障害ではない人を含めて、
    すべての人の人格形成の仕組みや脳の仕組みを解明することと
    同じだと思います。

    脳の部位ごとに信号伝達の得意不得意があることによって、
    生きづらさとして表出するのが発達障害なら、
    健常者と発達障害は境界がはっきりしているのではなく、
    ゆるやかでわかりにくいものだと思います。

    という、このことを知ることによって、また理解が深まると思います。

    投稿日時:2017年05月23日 08時22分

    コメントを書く

  • なっとく

    戸惑いが強かったです
    はなこさん / 奈良県 / 20代 / 当事者
    記事ID: 58787

    最初、発達障害と診断されて驚きました。
    それから施設で相談して、障害者手帳のことを知りました。定期的に施設に通っています。障害者と言われたことに凄く戸惑っていますが、職業訓練とか将来のことも親切に対応してくれて、気持ちが楽になりました。これから本格的に動き出そうとしています。毎日不安があるけれど、今はこれからのことを前向きに考えています。
    自分は、音と振動が敏感で体が緊張してしまいます。イライラしてドアを蹴ったり物を投げたり紙を破いたりしたこともあります。頭が真っ白になって内容が入ってこなくて困ったり、やる事を多く要求されるとストレスになったりします。
    時々、自分の言ってる事を理解されなくて疎外感や家族に対しての諦めや距離がある事です。言っても無駄という気持ちもありました。家に居場所がなくて、飛び出した事もあります。今は少しずつ変えようとしているけど。
    不安に思うことは、普通の事を出来ているかというプレッシャーです。やれる事が当たり前の事を出来ないのは凄く辛いです。変わった行動をしないかというプレッシャーもあります。普通かどうかは分からないけれど、自分は自分なりに出来る事を頑張っていくしかないと思っています。

    投稿日時:2017年05月23日 04時07分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    徐々にでも専門医と相談出来るスタッフ増員を願う。
    メイさん / 海外 / 30代 / 母親
    記事ID: 58786

    去年、主人の海外転勤にて子供2人(10歳未満)と一緒に冬に北米へ帯同で引っ越してきましたメイと申します。
    上の子が自閉症スペクトラムですが、主人の転勤決定直前で疑いを言われ、感覚過敏やこだわり等が強く先生方や医師も周りの理解が必要と言われていたので妻子の渡米前に再び検査や診察を受けて診断書を書いて頂きました。アメリカは州や学校によっても様々ですが、まず診断書が有る無しで受けれるサポートや気にかけて頂ける度合いも随分と違うと思います。周りの理解があるだけで本人は精神的に安定するのか学校の中でだけは酷い癇癪等は起こらなくなり、他にも人前での発表も出来るようになってきています。
    ただ一つ。海外転勤が多くなってきている昨今、当然障害を持って来られている御家族がちらほらおられます。また海外に来ると、障害を持った子供をどう育てたいのか夫婦の意見の違いが浮き彫りになってきます。そういう時、診断を受けて通ってきた施設や医師、スタッフ等と引き続き海外でも相談が出来るようになれればと強く思っています。民間の個人的な相談HPでは高い料金を支払えばSKYP等で相談は出来るのもあるようですが、海外で暮らす障害を持った方の相談窓口がとても少ないのです。公的な医療機関で「海外に行っても頑張ってくださいね」と、その一言だけで切られ、言葉も文化も違う場所で子供と一から模索するのは相当労力と強い精神力が必要です。
    いつでもどこにいても引き続き連絡・報告・悩みのやり取りの出来る体制が整うことを願うのは私の個人的なわがままでしょうか?

    投稿日時:2017年05月23日 03時23分

    コメントを書く

  • その他

    発達障害と診断はされましたが
    mamoさん /
    記事ID: 58783

     わたしは、発達障害(アスペルガー)と適応障害だと診断されています。しかし、わたしの主治医は、あまり病名(障害の種類)にこだわるなと言います。病名はどうにでもつけることが出来ると言うのです。大切なのは、病名(障害の種類)がどうのこうのと言うなではなく、病気自体とどう向き合うかだそうです。
     わたし自身、このカキコミ板を読んで凄く病名にこだわっている方が多いと思ってます。確かに、病名(障害の種類)が分からないと説明に困ることもあります。ですが、わたしは同じ病名(障害の種類)でも同じ症状とは限りらないと思います。例えばわたしと他の障害者を無理をして違った症状を同じ病名(障害の種類)に当てはめても、わたしと他の障害者の症状が同じになることはありません。しかし、いまの発達障害を含む精神障害は同じカテゴリーのなかに無理をして一緒にしてしまう傾向があるように感じます。むしろ症状によりもっと細かく病名(障害の種類)に分けた方が現実的かもしれません。
     わたしが精神的におかしくなった時の病名は心因反応でした。その後統合失調症、そして発達障害(アスペルガー)と適応障害と診断されたのです。ですが、わたしはそんな病名を付けて貰うよりも精神的におかしい状態から抜け出す方が大切だと体験上思います。勿論、公の手続きをするためには主治医が診断した病名が必要なのは承知してます。

    投稿日時:2017年05月23日 00時27分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    みんなそれぞれ、なんです
    マナカさん / 東京都 / 30代 / 発達障害当事者、兼、発達障害児支援員
    記事ID: 58782

    私は、発達障害の当事者(診断済みADHD、聴覚性LDの疑いもあり)で、同時に発達障害児の支援員でもあります。
    私が経験してきた他の人とのズレを少しでも理解できるのではないかと思い、今の仕事に就きました。

    ここにきて改めて強く感じたことは、「発達障害」とひと枠に閉じ込めても、困っていることは本当に千差万別ということ。ADHDだからこう、自閉症スペクトラムだからこう、があまり通用しません。
    私の経験が役立つ時もあれば、反対に反発につながることもあります。

    困っていることは、本人にしかわかりません。だからこそ是非話を振ってほしいし、聞いてほしい。
    対人コミュニケーションが苦手な私たちは、人に話しかける、という行動さえも高い障壁になり得るからです。

    仕事でも話しかけるタイミングを逃し、結果ミスに繋がり叱られることも多くあります。


    話しかけるのは苦手だけど、話はしたい。
    そこでちょっとでも自分の事をわかってもらえたら嬉しいな。

    その気持ちは、子どもも大人もおんなじだと思います。

    投稿日時:2017年05月23日 00時14分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    悩んでいます
    みかあさん / 神奈川県 / 40代 / 母親
    記事ID: 58781

    中学1年生の息子がいます。ADHDと小学1年生の時に診断されました。IQもギリギリのグレーゾーンなので療育手帳もとれません。
    彼の将来を考えてると、進学出来るのならして欲しいと考えていますが、希望の学校があるわけでも無く、やりたいことがあるわけでも無いので、どうサポートしていけば良いのか悩んでいます。
    彼の障害の事を理解したいのですが、全てを理解しているのかな?と思う時があります。
    今回の特集を観て、彼が感じている感覚等は理解しきれてないかも、と思い知らされます。
    彼の為にと言う親のエゴなのではないか、駄目な親ではないか、いつも悩んでいます。

    それから障害が軽いから良いねと言われる事もあります。確かに話せば解ってくれる等、良い所は沢山あります。しかし発達障害者は、全く同じ症状の人をはいません。得意不得意のでこぼこがあってそれが個性で、みんな違うのです。なので相談したくても、なかなか支援級のママ友にも相談し辛くて、悩みを打ち明けられず、こうしてカキコミをしています。

    投稿日時:2017年05月23日 00時09分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    発達障害で過眠症という事例
    スリッパさん / 京都府 / 30代 / 当事者
    記事ID: 58780

    30代後半で発達障害と判明しました。
    自分が発達障害とは知らず長年強い自己否定感を抱え続けた結果、鬱病などの二次障害も発症していました。
    そして治療を進めていく中で判明してきたのが、睡眠障害の存在の大きさです。
    生活習慣の乱れとは別で、発達障害に関連した体質的な睡眠障害は珍しくないようですが、私の場合はこの睡眠障害がひどく、生き辛さの中核になっていました。

    日中は過眠症、夜は不眠症。
    特に外へ仕事に出ていた時は常に神経が緊張状態で夜の不眠が激しく、1年余りで体調と精神を壊しました。
    しかし外に出る仕事をやめて好きな分野で在宅ワークをしても、外界に対する過緊張が解けたぶん、今度は過眠症の症状が前面に出てきて全く仕事になりません。
    毎日のように日中激しい眠気襲われ、たとえ目覚めていても意識は朦朧としていて仕事はおろか家事もままならず。
    好きな仕事さえろくに出来ない自分に絶望して、自殺企図を繰り返しました。

    しかし、病院で処方された発達障害(ADHD)の薬が、ナルコレプシーなどの過眠症にも処方される薬で、私の症状にも効果を発揮したため運よく救われました。
    過剰な眠気を薬で抑えることにより、在宅ワークなら何とかできるようになったので。
    とはいえ、健常者と同じだけ起きて働くと夕方には身動きできなくなるほど疲労するので実働時間は短く、賃金もアルバイト以下で将来は未だ闇の中です。
    それでも障害の存在を知らず、働けないのは全て自分の無能さ、弱さが原因だと思い死のうとしていた状態に比べたら精神状態は雲泥の差です。

    発達障害関連の情報を見ていても過眠症にはあまり深く言及されていない事が多いので、ここまで問題化する事例は少ないのかも知れませんが、少ないならなおのこと実例を誰かに知ってもらいたくて書き込みました。

    投稿日時:2017年05月22日 23時52分

    コメントを書く

  • 相談

    本人が一番困っている
    あきこさん / 栃木県 / 30代 / 母親
    記事ID: 58778

    小学3年生になる息子は2歳半の時、広汎性発達障害と診断されました。
    この子の為になるならとすぐ療育を開始、今は小学校の特別支援学級に在籍しながら普通学級にも交流に行っています。
    普通学級の子と接する中で、自分との違いや努力しても中々上手くいかない事を自覚するようになってきました。最近「僕は何でできないんだ」という言葉を良く耳にします。私も何とか励まし続けていますが、親が思っている以上に辛い思い、我慢している事が山ほどあるんだろうなと、何とも切ない気持ちになります。

    息子にはっきりと告知する時期にきているのでしょうか…告知ってやはり必要でしょうか…

    投稿日時:2017年05月22日 23時35分

    コメントを書く

現在のカキコミ519件中