本文へジャンプ

  • 【年間企画】発達障害プロジェクト カキコミ板ではあなたの声を募集します!

    発達障害プロジェクト
    記事ID:58352

    NHKでは2017年5月から2018年4月までの1年間、「NHKスペシャル」「あさイチ」「ハートネットTV」など、さまざまな番組で「発達障害」を特集し、発達障害の当事者や家族の声を、継続して発信する「発達障害プロジェクト」を始めました。

    文科省の調査では、小中学生の15人に1人に発達障害の可能性があるとされています。しかし発達障害への誤解は根強く、当事者を対象にした最新の調査では、「世間の発達障害のイメージと実態にギャップを感じる」と答えた人は9割に上ります。
    また、発達障害は身体障害と違い「目に見えにくい障害」です。周囲が無理解だと「衝動的でわがまま/人の話を聞かない困った人」などと誤解され、当事者・家族は孤立。
    一方で周囲も、当事者が何に困っているのかわからず、戸惑うばかり。

    少しでも早くこの誤解を解き、「生きづらさ」を軽減できれば、という思いで始まった「発達障害プロジェクト」。カキコミ板では…

    ・当事者の方やご家族が語る“リアルな声”や“困りごと”
    ・みんなに是非伝えたい、お役立ち最新情報
    ・当事者の方やご家族が希望する支援のあり方
    ・番組の感想やご意見


    などを継続して募集します。
    みなさんからの声をお待ちしています!
    ※みなさんから頂いたカキコミは、発達障害に関連する番組や、発達障害プロジェクトHPなどで利用させて頂く場合があります。

    番組スタッフより
    ◆発達障害プロジェクト HP ※別ウィンドウが開きます
    当事者や周囲の人から寄せられた「困りごと対処法」を紹介。
    番組の放送予定についてもこちらでご覧いただけます。

    投稿日時:2017年05月15日 12時09分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在519

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    普通じゃないらしい私
    クロエさん / 20代 /
    記事ID: 58668

    小さいときから部屋が片付けられない、自分の興味のあること以外に手がつけられない、算数が苦手で、よく怒られていました。人混みも苦手でしたし、トラウマもあってか、人の目を見て話すことが出来ませんでした。せっかくやってみたかった仕事もさせてもらっているのに集中が出来ない。ADHDという言葉がふと気になって病院に行ってみました。簡単な検査でしかなかったですが、おそらくADHDであろうという結果になり、薬を飲み始めました。当時、東京で一人暮らしをしていて、母親に話したら、「いつもの考えすぎでは?」と言われました。常に他人の理解を受けづらかったのもあってか、ああ、やっぱりその程度なんだな、と「普通は」1番頼れるはずの家族に、自分は人と違ったことを受け入れてもらえなかったときは、今まで理解してもらなかったどんなときよりつらかったです。母親に伝えて1年、実家に戻りました。今あるADHDに対する情報を母親も知ってくれ、根本的に私は少し違うのだと分かってくれた雰囲気はあります。それでも、一歩家を出れば、社会が定義する「普通」とは程遠い自分に自分自身疲れます。他人の「適当」の感覚が分からない、自分の「適当」では他人と感覚が違う。それなら最初から全てきっちり説明してくれと思ってしまいます。私の話を聞いて他人は面白いと言うけれど、私は常に必死だし、不安です。実家に帰ってきて数ヶ月、「気が向かない」のでまだ新しい病院を見つけられず、診察も受けられていません。

    投稿日時:2017年05月21日 23時10分

    コメントを書く

  • 提案

    就労支援のあり方について放送してほしい
    manaさん / 岩手県 / 20代 / ADHD当事者/社会人
    記事ID: 58666

    私はいま障害者の就労支援に通っています。そこで、疑問に思っていることがあります。

    就労支援事業所では週5で通うことを重視しています。私は現在2次障害もなく軽度の発達障害者なので週5で通えるのですが、精神疾患などを抱えている当事者の方にはとてもツライと思うのです。毎日通わないとついていけなくなると事業所のスタッフの方はいうのですが、そんなことは言われなくても分かっているし、それが出来ない人達はどんどん取り残されてしまいます。見ていて納得が出来ません。

    テレビなどでは就労支援を明るく取り上げていますが、実際は比較的仕事が出来る人達だけを見ており、その影でついていけない人達はどんどん追い払われているような状況です。本当に支援が必要な人達を救えていないような気がするのです。

    週5、毎日これて当たり前というのが社会の常識になっていますが、私はこれに疑問を感じています。毎日通えない人達は取り残されていくしかないのでしょうか。

    私も過去に自律神経失調症になり毎日働くことが出来ず、月に何回か風俗をやってなんとか生活していた時期もありました。実際、風俗には発達障害や精神障害、軽度の知的障害の人達がかなりの割合で働いています。

    私は就労支援を受けれるまであがってきましたが、就労支援に通えるのは親や配偶者などから金銭的な援助があったり周りからサポートがある人達です。援助者がいない、毎日動けない、障害年金を受けれるほど重度ではないが普通に働くことが出来ず生活が苦しい、こういう人達はどうやっていきていけばいいのでしょうか。やはり風俗しかないのでしょうか。

    投稿日時:2017年05月21日 23時09分

    コメントを見る(現在3件)

  • 提案

    今回の番組も結局同じ
    うだうださん / 東京都 / 50代 / 母
    記事ID: 58662

    今回の番組、発達障害者の世界を紹介したのはよかったですが、ゲストは栗原類さん、東大卒、東大研究員という、ある程度才能に恵まれた人たち。
    もともと発達障害と明言しても生き残れる人たち。

    うまく行っている例も数字やITに特異な才能のある人。
    マイクロソフトで29人の発達障害者が採用されたと言っても、全採用人数の何パーセントなのでしょうか?

    そういった才能のない凡人たちは、「障害持ち」というレッテルを貼られるだけです。
    あぶり出されないように、必死で隠さないといけないのです。
    実際に違和感を感じている人は、15人に一人どころではないはずですが、それを隠して普通になろうと必死で生きている。それを「あ、隠してるけど障害じゃないか」とほじくり出すようになっている気がします。
    結局それを科学的にあぶりだす試験が発明されて、
    企業でお荷物にならないように、採用時に慎重にはじかれるようになるだけでしょう。

    投稿日時:2017年05月21日 23時07分

    コメントを書く

  • その他

    子供と先生の関係
    あちゃみんさん / 福井県 / 40代 / 母親
    記事ID: 58659

    今年、中3の娘はアスペルガー症候群と診断を受けたのは中2の秋でした。
    病院も娘から行きたいと言われて連れて行きました。その前に自傷行為も見られたので心配もありました。診断を受けて一安心したのですが、受け入れることはなかなかできません。娘は少しずつ受け入れてるようです。
    学校も不登校でほとんど行ってないです。たまに部活にでるくらいです。ただ続けて行きだすと先生がすぐに期待をしてハードルを上げようとするので大変な思いをしているようです。
    普段も保健室登校なので保健室の先生には話するのですが、部活の先生に直接言うことはできません。先生自身に極端なところがあるのでどのように言えば理解を得られるのかわからないのです。このまま数ヶ月、引退までがんばることができればいいのですが心配です。

    投稿日時:2017年05月21日 23時06分

    コメントを書く

  • その他

    心に残った本
    りょうこさん / 愛知県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 58660

    わたしは発達障害と診断された20代・女です。
    「発達障害」って何?という方にぜひ読んでもらいたい本があります。
    今村夏子(いまむら・なつこ)さんの『こちらあみ子』という本です。
    2011年に出版された小説です。

    本のあらすじをここで紹介するのは難しいので、ぜひ番組で取り上げて頂きたいと思います。
    私はこの本を読んだ時、本当に衝撃を受けました。心からこの本を読んで良かった、とも感じました。
    短編なのでとても読みやすいです。

    多くの人にぜひ手にとってもらいたい一冊です。

    投稿日時:2017年05月21日 23時06分

    コメントを書く

  • ありがとう

    言葉の壁
    さくやさん / 長野県 / 30代 / 当事者
    記事ID: 58658

    自分の使う言葉は、国語の辞書に載っているそのままの意味を込めているので、造語はまず、聞き取りから、理解まで不可能に近い。オブラートに包む、言葉を置き換えるなどの配慮は、翻訳に近い。話し言葉より、紙に文字を連ねたほうが理解が早いし、言いたいことも専門的な言葉を使う事がある。だから、親をはじめとしてずっと齟齬を感じていた。
    こういうところから、身近な親でさえ子供の頃から信用出来ない、溝が出来ると修正はかなり難しい。歳を重ねてしまうと尚更。それでも、少しずつ数年かけて、自分の突き付けた「もう無理です、我慢出来ません」項目を認めてくれ始めた親を、初めて「親だった…」と感じるようになった。

    投稿日時:2017年05月21日 23時05分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    大人になってからの診断は
    チャルぼんさん / 神奈川県 / 30代 / 当事者
    記事ID: 58657

    22歳の時にADHDの診断を受けました。
    子供の頃から、よく忘れ物をしたり、片付けが苦手だったり、思い当たることがありますが、障害だとは全く思っていませんでした。
    何故かいじめの対象になりやすかった以外は、自分としては困難に思っていなかったので学生時代は恵まれた環境だったと思います。

    検査は自分で行きました。
    仕事が同期に比べてあまりにできなかったからです。
    診断を受け、薬も含めた対処療法と、周囲に説明できることで仕事や生活面が大きく改善されました。

    子供の頃に診断を受けていたら、もっと人生が楽だったんじゃないかと羨ましく思う反面、子供の頃に診断されていたら苦手はあっても発達障害とは知らず好きなことを自由にやっていた私はいなかったかもしれない。

    仕事で味方が誰もおらずミスも多く叱られてばかりいた私が唯一救いだったのは、大好きな趣味があり毎日没頭して仲間もいたこと。

    職場を一歩出たら趣味のことしか頭になく、翌日の早出を忘れて怒られるくらい頭から仕事が抜け落ちてしまうことが、二次障害を防いでくれたと思っています。

    出来ないことをできるようにする訓練は生きていく上でとても大切だと思います。
    それと同じくらい、好きなことを思いっきりやる経験は、とても大切です。

    今になっても、何が出来るか・向いているかはやってみないと分かりません。
    萎縮せず、失敗しても、おおらかに、これからも好きなことを沢山見つけたいと思います。
    そして、不得意があっても好きなことをしていいんだと、伝えていけたらと思います。

    投稿日時:2017年05月21日 23時04分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    普通ってなんだ?
    ジーマさん / 和歌山県 / 30代 / その他
    記事ID: 58655

    私は35歳の時に初めて自分が発達障害だと分かりました。
    それまではなんとなく周りに馴染めない、もっと普通にして、とか、なんでみんなと同じようにできないの?と周囲から言われ続け、悪いのは自分なんだ、もっと普通にしないと、と無意識に考え、ずっと本当の自分を押し殺して生きてきました。
    30代に入って、周囲から婚活を勧められたことがキッカケとなり、心身のバランスを崩し、すがるような想いでかけこんだカウンセリングで自分が発達障害であることを知りました。
    そこで自分の障害と向き合い、私の苦手なものは何か、得意なことは何かなど、自分自身を冷静に分析し、自分の取り扱い説明書を作り、自分のことを自分で理解してあげることが大切だと知りました。
    そして、周りと自分が違うことにこだわる必要はないこと、人と違う生き方でも自分自身が納得し、周囲から必要とされていると感じられること、自分で自分を認め愛してあげることが大切で、同時に難しいということを感じています。
    これからも壁にぶつかることは多々あると思いますが、それは障害のある無しにかかわらず、生きていれば誰でも経験することだと思います。
    普通、普通と世間ではよくきかれますが、私はいい意味で、「普通じゃない」人間になれたらいいな、と思います。

    投稿日時:2017年05月21日 23時02分

    コメントを書く

  • 悩み

    仕事する上の工夫がしりたい!今まで子供ばかり取り上げられてきた
    みーたそさん / 大阪府 / 20代 / 当事者
    記事ID: 58654

    ・非正規職員でなんとか総務部の仕事をしていますが、ADHDとASDなので、電話応対(必ずつまる)・事務処理の間違い(うっかりミス)・頼まれたことを忘れる ・・・などでとても困ります。

    今日Nスペにでてこられた経理をされてる方には、注意欠陥がないようで、ちょっとうらやましいかぎりでした(同じ発達障害もいろいろですね。)

    ・いろいろだめな自分ですが、ひとつ得意なことがあります。それはエクセルです。定型発達の人よりも得意なのかなと思います。エクセルの関数や条件つきセルを駆使することで、パソコン上でおこる自分の間違いを減らそうと努力してきました。少しましになりました。

    でも自分の工夫も限界がきたので、ジョブコーチを使おうかなと思っています。

    ・手帳を取れるか悩むボーダーだとおもいます。でも、発達障害が精神障害者手帳分類なのがいまひとつちがう気がする。発達障害者を障害者として独立した手帳をつくってほしい。

    ・人によって特性がまったく違うので、「私はこれで克服した!」というような工夫が、ほかの人には役に立たなかったりします。

    ・特性が違うように、人によって程度それぞれですね。視覚や聴覚などの感覚過敏があまりないのに発達障害と名乗ることに、とても罪悪感をかんじています。でも自分の感覚を人と比べることなんてないので、正直自分ではわからないことかもしれませんね。(人よりも疲れやすかったりはしますが、それもなんらかの過敏かもしれません)

    ・職場ではいろいろ配慮してもらってなんとか働いています。正直いまの職場じゃなかったら働けなかったでしょう。ラッキーだったと思います。自分くらいの軽度では健常者に混じって働くしかないので、もうすこしがんばります。
    自分だって社会に必要とされていたい!

    投稿日時:2017年05月21日 23時01分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    きょうだい児
    とろろご飯さん / 神奈川県 / 10代 / きょうだい
    記事ID: 58652

    近年、発達障害の当事者やその保護者については知られるようになりましたが、私のような、発達障害の当事者をきょうだいに持つ人については、あまり聞かないように思います。このような人達は、幼い頃から、我慢を強いられたり、きょうだいの保護者役を強いられたりなど、様々な問題に直面します。私自身、ADHDとLD、そしてアスペルガーの3つの特徴を持ったきょうだいがいますが、悪意のない暴力や聞き取れない会話、自分の時間が取れないので勉強に集中できない、進路についても、親はきょうだいにかかりきりなので相談できないなど日常的に悩まされることが多々あります。学校の先生に相談したこともあるのですが、「そんなこと言っても、きょうだいなんだから、本当は大切なんでしょ?支え合って生きていかなくちゃ。」と言われました。それ以来、誰かに相談するのが怖くなり、他人を信用することができません。親に話すことなんて到底できません。発達障害が有名になってきたことはとても嬉しいのですが、同じように、きょうだいへのサポート、相談機関なども充実すればなと思います。

    投稿日時:2017年05月21日 23時00分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ519件中