本文へジャンプ

  • 家族に感謝

    2児の母
    記事ID:27314

     私は、結婚する以前から統合失調症で夫も理解のうえ結婚となりました。それから10年以上たった事が信じられないくらいです。結婚してすぐ長男を妊娠、主治医の先生と相談して内服を続け出産し、1年半後長女も出産しました。もちろんな内服薬の後遺症も調べてもらい無事家庭生活ができるはずでしたが姑との事、長男の病気(当時腎臓の病気で)+夜泣きもひどく落ち込んでいたところに今度は、長女の発達障害に悩みました。だれからも理解されず夫婦で悩みました。子供達が落ち着いた頃、私は内服薬もふえて今では外に出ることも難しくなりました。そんな時今度は夫が脳障害で倒れて今も後遺症が残っています。姑も、他界し自分家族4人だけになりました。家計は私の年金と生活保護のお世話になっています。今では長男の病気は完治し長女も色んな方の支援を受け6年生になりました。長男のは色んな辛さがあると思いますが、家族思いのやさしさをもち育ってくれました。長女は自分なりのペースで成長してくれたらとおもいます。夫の再発が私にとって今最大の不安です。私自身、統合失調症と薬は、死ぬまで続くと思います。この家族で私は幸せです、迷惑をかけていると思いますが・・・。家族の笑顔が1番の薬です。こんなお母さんでごめんなさい、いつも有り難うの気持ちでいっぱいです。

    投稿日時:2013年03月30日 14時20分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在0

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。