本文へジャンプ

  • カキコミ募集(2)【今後、出生前検査を受けようと考えている方の声を募集】

    番組ディレクター
    記事ID:27718

    今後、出生前検査を受けようと考えていらっしゃる方は、今の動きをどのように受け止めていらっしゃるのか、検査に対する不安や期待、疑問など、率直な思いを聞かせて下さい。


    「検査に関する詳しい情報を、事前に教えて欲しい」
    「胎児に染色体異常が見つかった時、どんなサポートを受けることができるのか」
    「子どもを産んだ後の支援体制を強化してほしい」
    など、医療機関や国への要望、社会に対するメッセージでも構いません。


    子どもを産む女性やご家族が、納得して選択し決断するためには、どのような情報提供やサポートが必要なのか、5月の放送でご紹介したいと考えています。
    ぜひ、みなさんの声をお寄せください。


    投稿日時:2013年04月13日 00時59分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在45

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • ムカムカ

    なぜするの?
    美由紀さん / 茨城県 / 30代 / 二児の母
    記事ID: 51552

    赤ちゃんには、生きるしか選択はない。
    こんな制度なくせばいいのに…
    赤ちゃんがかわいそう
    赤ちゃん何人亡くなっているか知ってますか?

    投稿日時:2016年05月26日 14時06分

    コメントを書く

  • その他

    まだ結婚もしていないですが、赤ちゃんを授かったときは受けたいです!
    トマトさん / 埼玉県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 44757

    私は赤ちゃんを授かったことはありませんが、もし自分の子どもを身ごもったら出生前診断を受けたいです。私は病気の治療で薬を飲んでいるため健康な人より障害児が生まれる確率が高いと言われています。もし赤ちゃんに障害があったら堕胎するかどうかはわかりません…でも、出産の前に障害がわかることで心の準備が出来るなど心理的なメリットもあると個人的には思います。

    投稿日時:2015年05月27日 20時56分

    コメントを書く

  • エール

    不妊治療経験者だった者より
    Hello-againさん / 50代 /
    記事ID: 44356

    リタイアした50代主婦です。
    ずっと不妊治療してきましたが結局は
    授かれませんでした。
    夫婦二人だけの生活も楽しいですがやっぱり寂しいですね。はい。女性として生まれてきて妊娠と出産と子育てを体験したかったです。
    私にはどれも経験できませんでした。好きな人の赤ちゃんを授かりたい。
    普通に妊娠して産院にいける友達が羨ましかった。ずっと自分は不妊治療の世界しかいれなくて。産科が輝いて見えたな。結局、自分が諦める事で不妊を卒業するしかありませんでした。

    子宮ガンで全摘となり産めなくなった今となって外野の50代おばさんの戯言ですが、出生前診断でも着床前診断でも、受ける段階でもう貴方はれっきとしたママなんですよ。産むのか産まないのか。結果によっては苦しむのかもしれませんが誰も貴方のこと責める権利はありません。
    そして勇気を出して出産してくださる女性を私は尊敬します。

    投稿日時:2015年05月01日 22時55分

    コメントを書く

  • その他

    出生前検査を受け、異常があれば必ず堕胎します。
    ありしあさん / 20代 /
    記事ID: 41984

    自分の子供に障害が出るとわかったうえで産み、地域社会に迷惑をかけずに育て上げる自信がないからです。健康な子供をは育み、幸せな家庭を築く、誰もが夢見て歩みたい道だと思います。
    子供に障害があれば、ほかの兄弟の人生の足かせとなり、親の人生も大きく制限されていくことは、今の世の中では明らかだと思います。
    家族と私が幸せに生きていくために必ず必要なことです。

    投稿日時:2014年12月28日 22時06分

    コメントを書く

  • 悩み

    答えは…わかりません
    hitomiさん / 神奈川県 / 10歳未満 /
    記事ID: 36813

    私の娘は、18トリソミーです。
    マタニティライフは、「ずっと健康に生まれてきてほしい」と願っていました。
    妊婦検診ではずっと、問題ない!と言われていました。
    しかし、出産当日 不整脈発覚からの緊急帝王切開で出産…
    そして告げられた病名は、18トリソミーでした。
    2週間の命と言われ、毎日毎日泣きました。
    でも、それを乗り越え 3ヶ月を共に過ごせた時、
    「連れて帰りたい!この子の人生が短いなら、少しでも明るく楽しく過ごしたい!!」と思い、
    障害を受け入れることの出来なかった旦那と離婚、シングルマザーとなり 転院→退院しました。
    そして、1年たった今も、一緒に穏やかに過ごせています。

    生まれた時、最初は“どーしてお腹の中でわからなかったんだろう”と思いました。
    でも……
    お腹の中でわかっていたら、生んだか…?
    それは、正直 わかりません。
    でも、今 この子といれて幸せです。もちろん、たくさん泣いたり、辛いこともありました。
    でも、それ以上に大切なことを教え、与えてくれました。
    私にとっては、生まれた後に病気がわかってよかった と思っています。

    出生前診断の話題を見るたびに、苦しくなります。
    でも…誰だって、障がいのある子より健康な子を望みます。
    ただ、障がいのある子を育てる親が、みな全て可哀想で大変 ではないこと、“短命”と言われても、1歳を超え過ごせている子供たちがたくさんいることを、知ってもらいたいなぁと思います。
    ひとつの選択肢になるように、楽しく過ごしている家族もたくさんいることを、医者からもテレビからも、伝えてほしいなぁと。
    そう思います。

    投稿日時:2014年06月24日 07時16分

    コメントを書く

  • その他

    次は受けたいと思っています。
    じんさん / 神奈川県 / 10代 /
    記事ID: 36564

    19才ときに子どもを授かり、5ヵ月のときに13トリソミーと診断されました。
    あたしは障害がみつかたら中絶、ということしかあたまになく、中絶を決意しました。
    でも、すべてがおわってから、「本当にこれでよかったのか」「産んで育てることもできたんじゃないか」って思うようになり、いまでもその思いはかわりません。
    もう少し時間があれば、もう少し知識があれば、違う道があったかもしれない。なので、次妊娠したときは検査をしたいと思ってます。
    陽性がでたら中絶するためではなく、どんな子でも、ちゃんと迎え入れる準備をするために。

    投稿日時:2014年06月10日 17時02分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    そもそもなぜ、出生前検査が非難対象になるのかわかりません。
    つきこさん / 30代 / 既婚 子供なし
    記事ID: 36408

    今日の放送を見ていました。
    そもそもなぜ出生前検査に対して人はそんなにも非難するのかわかりませんでした。マイケルサンデル先生は好きで本も持っていますが、今日の意見はひとつも納得できませんでした。

    命はそもそも人の手が加わってできるものだと思います。

    出生前検査が自然な行為ではないという人は、セックスのときコンドームをつけることも自然な行為じゃないというのでしょうか?(確かに、地域や宗教によってはそういう所もあったかと思いますが)
    病気になって、延命することも、自然じゃない行為ではないでしょうか?

    偶然的に子供ができるカップルがいるのも確かですが、多くのカップルは子供を作ろうとして子供を作るのではないでしょうか?
    子供を作ろうとしないカップルを非難する人は少ないのに、なぜそれが卵の段階でも選択することは非難される対象となるのでしょうか?

    出生前検査というカップルの選択の問題と、社会で起きる差別や、家族の愛情の問題に問題をすり替えられているように感じます。

    私は今年体外受精を試みるつもりです。年齢も年齢ですので、もし子供ができたら障害児にならないか心配は尽きません。
    ただ、出生前検査を受ける受けないは考えていません、ただ、まったくリスクなく受けられるなら検査を受けると思います。
    子供と私の生涯は綺麗ごとだけでは片付かないものになると思えるからです。

    投稿日時:2014年06月05日 22時51分

    コメントを書く

  • 悩み

    綺麗ごとを言える人は言っていればいいと思う。
    皐月さん / 千葉県 / 30代 / 妻
    記事ID: 36364

    私は体外受精で胚盤胞を移植予定の者です。
    妊娠した時に赤ちゃんに障害があったら
    堕胎することを結婚前から二人で決めて居ます。

    知人にも歳の離れたダウン症の妹がいます。
    その御家庭を見聞きしたり、
    障碍者支援施設に伺う機会がありまして
    利用者の様子を拝見していると
    「障碍を持っていても自分の子供なら大丈夫」
    なんて言っていられないと愕然としました。
    きっと軽度の障碍なら私は上記の言葉は
    言えると思えるのですが。。

    決して若く無い自分が障碍のある我が子を
    育てていけるのかと考えると
    無理としか言えません。

    障碍を理由に堕胎する人を批判する人は
    すればいいと思う。
    背負うのは自分と夫。
    赤の他人にどういわれても
    どう説得されてもこの考えは変えないと思います。




    投稿日時:2014年06月05日 08時50分

    コメントを書く

  • 悩み

    羊水検査を受けます
    YBさん / 愛知県 /
    記事ID: 36322

    12週目を迎えた37才、初めての妊娠です。

    羊水検査を受けることを考えています。
    陽性であれば、諦める覚悟です。

    産まれた後にわかる障害の方がたくさんあることはわかっています。
    でも、産む前にわかるリスクがあれば、それを少しでも減らしたい。
    ただでさえ生き辛い世の中なのだから、障害をかかえて生きて行くのはどんなに大変だろうと思うのです。

    小さいうちはかわいいでしょう。
    成長していくにつれ、悩みはきっと増えます。
    口先だけの覚悟と、綺麗事だけでは、現実と向き合えないと思います。

    投稿日時:2014年06月03日 23時56分

    コメントを書く

  • その他

    命を授かるということ
    みるぅさん / 30代 / 母親
    記事ID: 36283

    私はシングルマザーです。
    もし次に子供を授かったら出生前診断をします

    でも中絶を選択するかはわかりません。環境や生活状況によると思います。

    私には先天性心疾患、多発奇形、発達遅延etc..抱える息子がいます。

    この子は私のお腹のなかにいるときに異常を知らせてくれました。
    わたしはそのお陰で覚悟する時間が有り、命の尊さを知りました。

    小さくても命を授かったということ。
    どんなにサポートが必要であっても我が子が可愛いということ。
    小さな体で精一杯生きていること。

    自分に起きる全ての事に必ず意味があると思います。




    出生前診断で検査しても結果が100%じゃ無いです。

    検査では分からない病気や異常があるということをしっかりと知ってください。

    投稿日時:2014年06月02日 23時18分

    コメントを書く

現在のカキコミ45件中