本文へジャンプ

  • 知的障害者の人イクオール不幸、ではないこと。

    スーセイ
    記事ID:28989

    31歳のダウン症の娘を育てている母です。その間、私は彼女から大きな贈り物を沢山もらい、私が彼女とは関係ないことで落ち込んでいる時、常に彼女は救ってくれました。彼女は私を一度も不幸にしたことはありません。悩みはありました。その悩みは健常者として生まれた我が息子への悩みに比べたら、小さいものでした。子どもについて、悩みは尽きないのはどの子も同じです。世の中の多くの人は、障碍者の人と実際に付き合わないで、知らないで、勝手に障碍者イクオール不幸のイメージを持ち、それを実際のダウン症など知的障碍者にあてはめ、真実らしく広めています。そして、周りからのそのメッセージに惑わされることになって、不幸になる障害者の家族、障碍者が増えています。論文や統計を個人にあてはめないでほしいです。その風潮が出征前診断を受けたくなる気持ちの根底にあると思います。
    私は言いたいです。障碍者を育てる家庭の中には不幸と感じる家庭もあるけど、幸せを感じる家庭もあることを。それは、健常者の子の家族にも不幸と感じる家庭も、幸せと感じる家庭もあるように。私は飛び切りの幸せな母です。出生前診断を受けて、陽性になった方、あなたに超幸せが来ますよと言いたい。悩みは、超幸せになるための贈り物だとも言いたいです。
    世の中には、「親無き後が心配だから」と言う人が障碍者の親の中には多くいます。私は先日、世界から集まってきたダウン症の人の言葉を、発表を沢山、聴く機会を得ました。それを聴いて驚きました。ダウン症であることに誇りをもっている人、自分の生き方を自分で決めて、それを周りに伝え、希望をかなえ、楽しく生きている人、自分でダウン症の啓発活動をしている人などの言葉でした。生きる力とはこれだと思いました。言葉、自己表現です。
    生きる力について深く考えてみたいです。

    投稿日時:2013年05月14日 17時49分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在7

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    ここを読む人以外
    かなしいですが、、さん /
    記事ID: 61321

    わたしは発達障害児を育てています。
    苦労ばかりです。
    この子は生まれて幸せなのか、と毎日考えます。
    最近の日本のひとは綺麗事ばかり。
    障害者を世話する家族は自由時間がなく、不幸になるのも現実です。

    投稿日時:2017年07月31日 16時44分

    コメントを書く

  • その他

    このトピックの趣旨とは違うかもしれません。
    あああさん / 30代 / 子供
    記事ID: 60880

    私は今ネットカフェから投稿しています。このトピックスとは趣旨が違うかもしれませんが、つらくてたまらない為、ここで吐き出させてください。

    私は生前検査また障害のある子供の子殺し、生後堕胎は許可すべきではと考えています。

    私は障碍者です。生まれた時から社会に適応できず、大学時代に脳に障害があると判明しました。先天的な障害、虐待による後天的な障害があり、日常生活と仕事に支障があり、もちろん趣味すらも思うようにできません。

    幼少期、私の家庭は崩壊していました。父は能力が低い私の存在を認めることができず、育てることを放棄し暴力をふるい、最終的には多くの人を不幸にし、自殺しました。
    まともな教育を受けていないため、現在も苦しんでいます。

    20代前半まで一般的な人生が送れず、社会からドロップアウトし現在は障碍者枠で低賃金の仕事をしています。

    体もまともに成長しておらず、教育も受けていないため社会で生きていく能力がありません。
    おそらく一生今の生活から抜け出すことはできないと思います。

    正直自殺以外幸せになる方法が思い浮かびません。

    もし私がまともに生まれてれば、家族は幸せになることができ、私もこんな生き方をしなくて済んだのではと思います。

    障害者や能力の低い子供が生まれ、育てることができなければ、その子供の将来のためにも殺すことが必要なのではと思います。
    もし親たちにとって殺すという言葉に抵抗があるならば、「愛を与える」や「天使を見送る」など適当な言葉を作り罪悪感を薄れさせてでも生前検査、生後堕胎を認めてあげてほしいです。

    障害のある子供を欲しくないということは恥ずべきことではありません。

    私は本当に生まれたくなかった。あの親に育てられたくなかった。

    投稿日時:2017年07月17日 08時49分

    コメントを書く

  • その他

    私は、好んで苦労はしたくありません
    ぴょんこさん /
    記事ID: 50114

     息子は自閉症です。
     よく、出生前診断の話になると、ダウン症の親御さんが、「じゃぁ、うちの子は生まれてこなければよかったのか!」「今ではこの子が家族の中心で、みんなを笑顔にしてくれます」などと反論しますが、それは、いっぱい泣いて、いっぱい苦しんで、いっぱい葛藤して、その結果たどり着いたんですよね?
     私も、息子がいない生活なんて考えられません。でも、そう思えるようになるまで、たくさん泣いて、たくさん葛藤しました。何より、本人が「普通に生まれたかった」と言ったときの切なさと言ったらありません。
     何年も一緒に暮らせば、その子なしでは考えられなくなります。当然です。でも、私はしなくていい苦労ならしたくないです。仮にもう一度妊娠して、陽性だったら、産まないと思います。
     健常児でも勿論苦労はします。でも、本人が「なんで僕は。。。」と悲しむことはないです。親亡き後のことについて、悲観してらっしゃらないようなことを言っておられますが、それはダウンちゃんは平均寿命が短いので、自分の方が長生きできるかもしれないからではないですか?私は心配です。子供の私亡き後が。

    投稿日時:2016年03月01日 21時07分

    コメントを書く

  • エール

    世界中の方々へ(*^^*)
    外喜恵さん / 石川県 / 40代 /
    記事ID: 40595

    この世でたったひとりだけ何の差別意識を持たない人間がいます(*^^*)私です。だから安心して生きてくださいね(*^-^*)

    投稿日時:2014年10月02日 17時37分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    当事者から
    ペンギンさん / 神奈川県 / 20代 / 知的障害
    記事ID: 36397

    私は知的障害者です。
    24歳で最近診断されました、しばらくは絶望で、24年間返してくれと自分も周りも恨みました。
    兄も知的障害で、両親は付きっきりで、兄をバカにしていました、まさか私も
    同じだとは思わなくて。
    しばらくして落ち着き、障害の事調べて、福祉スタッフにも協力して頂き、今は障害者の就労支援施設で自立訓練受けています、最初はイヤで堪りませんでした。
    申し訳ないですが、障害者の偏見や先入観で訓練受けて3か月ですがどう接すればいいのか分かりません。
    ですが、毎日訓練し一緒にいると、皆さん個性があり、素晴らしい方ばかりで、見ていると癒されます。
    思いもよらぬ事されるので面白いですし
    今では運命だと思っています、だんだんと不器用な自分も好きになりかけています。
    障害、健常者関係なく個性で人を選んでほしいなと思います。

    訓練で日々成長する姿見ていると素直に嬉しくなりますし、負けないように私も励んでいます。

    障害を認知するのは時間かかるかと思いますが、ゆっくり協力して助けられて、不幸かは自分が決める事、周りが勝手に決めてはいけないと思います。

    投稿日時:2014年06月05日 20時58分

    コメントを書く

  • うれしい

    子育てについて
    鯨と雀さん / 栃木県 / 60代 / ダウン症の長女の父親
    記事ID: 33613

     長女(34歳)がダウン症で、私は父親です。次女と長男は独立しています。長女の子育てに上さんがいかにがんばっていたのか、10年くらい前にやっと知ることができた62歳です。子育ては健常、障害にかかわらず苦労します。ただ、仕事にかまけて母親にまかせっきりでは、子育てはうまくいかないことがわかりました。母親を父親、夫として支え、子育てを自分の事として一緒に携わっていくことがとても重要です。ダウン症の長女も他の二人の子供たちの子育ても形を変え私たち二人を悩ませ、喜ばせ、怒らせ、笑わせてくれました。今、ダウンの長女と我が家は3人暮らしです。午後4時を過ぎると施設から帰宅します。すると一気に騒がしく、うるさく、賑やかになります。私たち夫婦は今、とても充実しています。

    投稿日時:2013年11月19日 14時05分

    コメントを書く

  • ありがとう

    スーセイさんへ
    ユムママさん / 千葉県 / 30代 /
    記事ID: 30157

    はじめましてo(^-^)o
    私は発達障害の息子を育てているユムママと申しますm(_ _)m
    私はてんかんを身体に持ち一応、子供を産む事には多少の覚悟をもってとお医者さんからお話しをいただいて今の子供を産みました。

    子供と過ごす日々って本当に素敵ですよねo(^-^)o
    色々な事もありますが、全てを子供の笑顔と私達、母親にしかわからない宝物があります。
    ちっとも不幸なんかじゃありません(?_?)
    家なんか親子共々にして親はてんかん持ち、子供は発達障害…

    障害者が不幸なら、一体どうしたらいいんだっていいたいですが?

    私達にしかわからない幸せをしっかり受け止め、これからもこの子達と歩んでいきましょうね(^_^)v
    素敵な内容の書き込みをありがとうございました(^O^)

    投稿日時:2013年06月24日 00時13分

    コメントを書く

現在のカキコミ7件中