本文へジャンプ

  • うつ病で休職はずるい。

    きゅうてん
    記事ID:15050

    私はNHKネットクラブの会員です。
    多くの番組を登録していますが
    この番組が1か月前からアンケートを
    実施していることを知りませんでした。
    私自身視覚障がい者です。
    障がいが原因で失業しました。
    自己都合扱いです。
    うつ病にもなっていました。
    でも休職にはなりませんでした。
    今の時代うつ病で休職する人が
    多過ぎませんか。
    休んで給料もらっていながら
    資格の勉強したり遊んだり。
    うつ病を押して一所懸命働いている人が
    報われません。
    うつ病を扱った漫画や映画を見て
    不愉快になるのは私だけでしょうか。

    投稿日時:2012年04月03日 20時50分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在6

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    もう少し広くみて
    ぽんこさん / 神奈川県 / 40代 / 主婦
    記事ID: 46727

    私は視覚障害とうつ病です。たしかに一部には、新型うつの人の中でそういうひともいるかもしれません。でもたいがいの人は、家の中で、くるしんでいると思います。ずるいと言ってしまうのはどうなのかな。と疑問があります。もう少し広い感覚でみてもらえるとうれしいです。

    投稿日時:2015年09月30日 13時57分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    そりゃご苦労様
    まなさん /
    記事ID: 25212

    人の不幸にもいちゃもん付けられるその神経が理解出来ない。

    投稿日時:2013年01月08日 14時12分

    コメントを書く

  • かなしい

    悩みぬいたあげくの決断でした
    アクアマリンさん / 愛媛県 / 40代 / 看護師
    記事ID: 19365

    私も、うつと適応障害で
    現在、休職中の身です。

    心身ともに症状が出ていた私は、退職も考えました…もう1日だけ頑張って働こう…そんな日々がどれだけ続いたでしょうか。
    いくら頑張っても、少しずつ…1日の職務がスムーズに流れなくなっていった…もう限界だと思いました。
    身体の不調で、既に内科医を受診、血液検査等で内臓疾患はないと診断され…それでも消えない、意味不明な…不愉快な全身の痛み…倦怠感…鎮痛剤なんて、6~7割効いたら良い方。
    もうここしかないと駆け込んだのが、心療内科でした…
    休職を、よく知る知人に相談したら…先ずは休職し、退職のような重い事は後から考えた方が良い、と言われて決断しました。
    休んでいると…ご近所・世間・職場は勿論、とても
    負い目を感じています。
    少し…リハビリにと思い、最近では、散歩や買い物にも出掛けたりしています。人混みの中は未だ、苦手です…勿論、薬は服用しています。


    何処までが許されて…
    何処からは許されないのでしょうか?

    投稿日時:2012年07月03日 11時15分

    コメントを書く

  • 提案

    「ずるい」で不愉快になる人もいます
    ADHDさん / 埼玉県 / 40代 /
    記事ID: 19199

    うつ病で2度の休職を経験し、その後
    自己都合で退職になった者です。
    もちろん好きでうつ病になった訳ではないので、
    「ずるい」と言われれば正直不愉快です。
    (私は休職中は勉強も遊びも無理でした)

    退職後、自分は発達障害であると診断を
    受けました。つまり、自分と周囲のギャップが
    うつ病という「二次障害」を生んでいた
    ようなのです。
    そして、同様に悩んでる人が診断まで
    たどり着けないケースの方が多いと聞きました。

    もちろん仮病はいけませんが、世の中には
    理解されにくい障害で苦しんでる人もいます。
    物事を別の側面から見ると、また考えが
    変わるかも知れませんよ。

    投稿日時:2012年06月29日 13時27分

    コメントを書く

  • 提案

    投稿読ませてもらいました
    ohyoiさん / 東京都 / 30代 / 会社員
    記事ID: 18252

     私は、鬱病での休職がずるいかはよくわかりません。
    人によっては、必要不可欠な場合もありますし、逆効果になることもあります。
    私も、鬱病で薬の量が増え、
    一度職を追われた身です。運よく再就職できましたが、
    鬱の恐怖は、今も残っております。
    ただ、一つ言えることとして、
    休職か否かといった個人にかかわる判断を下しているのが
    あくまでも産業医を含む病院側に強くあるということで、
    本来その判断に立ち会わなければならない会社側の立場の人、
    わかりやすく言えば上司ですね。そういう人たちの意見がほとんど
    繁栄されていないうちに、会社側も、
    医者の言うことを聞かされている気がしてなりません。だから、新型なんとやらの問題が
    起きてくるのではないでしょうか。

    投稿日時:2012年06月07日 20時47分

    コメントを書く

  • 提案

    投稿読ませてもらいました
    投稿読ませてもらいましたさん / 愛知県 / 30代 / 松井
    記事ID: 15201

    僕も自宅で治療院を開院していますが、うつ病だと思われる方が時々来院されます、日によって、気分が上向きの時と落ち込む時があるようです、気分が上向きの時は、雄弁で楽しそうに会話や挨拶をかわせるんですが、逆に気分が落ち込んでいる時は、こちらから挨拶しても無反応だったり、話しかけても返答していただけませんので、正直失礼ながら接し辛いです。
    うつ病もケースバイケースで、日常生活も困難な人から軽い人まで、状態も様々なんでしょうけれど、働けないほど状態が悪い人が増えているのか、おっしゃるようにうつ病を理由に休職扱いされているのを、良い事に働かないで給料もらって働けるのに楽している人が、増えているんだとしたら、僕も許せませんね。
    後者の人が少ないことを信じていますが、病気を理由に仕事を休めないほど、切迫しているので、皆さん体調が少しくらい悪くても、仕事しているのが現状だと思います。
    病気を理由に働けないんだったら、病気を治す努力をして、欲しいものです、今の世の中、病気を理由に休職扱いしてもらって、遊んでる人なんて、存在するんでしょうか?
    企業側だって、何人も雇うほど余裕はありませんので、人を選ぶ権利はあると思います。
    同じうつ病でも様々でケースバイケースだと思うんですけど、休職扱いしたり失業扱いする基準って、設けているのでしょうか?
    設けていると仮定したら、誰が基準を考慮して判断しているのか疑問です?

    投稿日時:2012年04月05日 21時46分

    コメントを書く

現在のカキコミ6件中