本文へジャンプ

  • 成人発達障害者のこだわり

    記事ID:31178

    私は成人してから20代半ばで発達障害と診断されました。
    仕事をしてもコミニュケーション下手からうまくなじめず、
    仕事もできず…
    現在は就労継続支援を受けながらなんとか過ごしています。

    私の1番の悩みは「こだわり」
    どうしても辞められないこだわりがあり、
    それに関しては自制がききません。

    色んな薬も飲みましたがだめでした。
    毎日本当に辛いおもいで何とか生きている状況です。

    発達障害者のこだわり行為
    どうしたらましになるのでしょうか。
    どうか意見をお願いします。

    投稿日時:2013年08月20日 01時17分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在3

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • エール

    私も、頑固です。
    りぅさん / 鹿児島県 / 40代 / アスペルガーの当事者
    記事ID: 31373

    淡路さん、こんにちは。

    私も、こだわりが強くて、頑固です。
    人に対しては、そこまで頑固ではないつもりではいるのですが。
    自分自身に対しては、とても頑固です。

    チケットの枚数が不安で、淡路さんが行動されたことを、注意されてしまったのですか?
    私も、不安で、用意を大目にしてしまうので、そこを注意されると、残念です。

    玄人さんでも、なかなか、「ほんものだ!」と思える方、少ないですよね。
    私も、玄人さんとのトラブルがいっぱいでした。
    私は、脳が熱くなってきて、怒ってしまいます。
    がんばって、おさえようとしますが、おさえると、もっと熱くなってしまって、もっと怒るパワーが増えてしまいます。

    淡路さんは、新淡路病院に入院されているのですか?
    一匹狼だと、つらいことが多いかと思います。苦しいですね。

    今は、自動車の教習所に行くお仕事になったのですね。
    残暑がきびしいので、体調、お気をつけてください。
    私は、仕事に就く前に、対人トラブルを起こさないように、訓練を受けるように言われています。私も早く、何か仕事をしたいです。

    地図を見たら、病院の近くに、ホームセンターのコーナンがあるのですね。
    鹿児島には、コーナンはありません。
    数年前に、半年岐阜県にいたときに、コーナンがあって、見に行きました。

    こだわりのしんどさは、なかなか伝えづらいですよね。
    お互いに、「自分のしんどさ」とうまく付き合えるようになるといいですね。

    私、読み取りまちがいをしているかもしれません。
    まちがえていたら、ここはちがう、と教えてください。よろしくお願いします。
    どうもありがとうございます。

    投稿日時:2013年08月25日 04時18分

    コメントを書く

  • うれしい

    こだわりのしんどさを共有できて、心強いです。
    りぅさん / 鹿児島県 / 40代 / アスペルガーの当事者
    記事ID: 31372

    晴さん、こんにちは。 お返事、ありがとうございます。

    投薬や療法など、他の精神疾患に有効でも、発達障害者には効果がでないものが多いようで、難しいですよね。

    私は、ふだん、自分の「こだわり」に振り回されています。
    そのエネルギーが大きすぎて、封じ込めようとしても、余計にエネルギーを増幅させてしまいます。

    本人の「こだわり」に合わせて、生きづらくないように環境を工夫しましょう、といった情報はあるのですが、本人自身についての情報がないですよね。
    「周りが合わせてくれない、という苦しみ」はあっても、「自分のこだわりで、自分が苦しむ」ことは、あまりないことなのかな?と思っていました。
    晴さんも、同じように、「自分のこだわりで苦しんでいる」と知り、とても心強く思います。

    >相談した方々は、こだわりをやめるしかないとの答えで…
    この答え、しんどいですよね。
    相手の方も、それぞれ、「こだわり」をもっておられるかもしれません。
    私は、相手の話を聞くことも好きなので、よく質問をします。
    最近は、「自分のこだわり」と似た考え方や性格を持つ方と話をさせていただいています。そうすると、話が通じて、話に乗っかってきてくださいます。
    自分一人の頭の中だと、しんどい「こだわり」が固定化されてしまっています。
    話がふくらむことで、「こだわり」からくる考え方や行動に少し変化を持たせることができるような気がします。

    晴さんにとって、少なからず利益のある「こだわり行為」とのことなので、完全否定より、進化させる方が、しんどさの軽減につながりやすいかな、と感じています。

    お互いに、「自分のこだわり」とうまく付き合えるようになれるといいですね。

    投稿日時:2013年08月25日 03時47分

    コメントを書く

  • エール

    こだわりへの対応、難しいですよね。
    りぅさん / 鹿児島県 / 40代 / アスペルガーの当事者
    記事ID: 31224

    晴さん、こんにちは。

    私は、2か月前、41才で診断されました。
    自分自身では、発達障害の「こだわり」に該当するような「こだわり」はあまりないな、とそれまでは感じていました。
    最近は、自分で「考え」と感じていたことが、「こだわり」だったのでは?と感じています。

    私は、仕事上でのことでも、「こだわり」がとても強いです。
    強迫性障害でも、仕事面での「こだわり」の強さの症状があると知ったので、主治医に質問してみました。
    主治医の見解では、「やって無意味なことをやってしまう。止めようと思っているけど止められないのが強迫性障害」「何かしらの意味があることは、こだわり」だそうです。

    晴さんの、「こだわり」は「どうしても辞められないこだわり」とのことですが、どんなものなのでしょう。
    こだわることで、なにかしらのメリットは生まれていることではないですか?
    もし、無意味でしかないことへのこだわり行動だとしたら、二次障害の強迫性障害も考えられるかもしれません。
    言葉の響きで、こわく思われるかもしれませんが、こわいものではありません。
    主治医には、「こだわり」の内容についても、お話しされているのでしょうか?
    もし強迫性障害からくる強迫行為だと、療法を受けると効果があるのではと思います。

    「こだわり」だとすると、私も、まだ模索中です。
    「こだわり」が起きない環境を目指すと、極端に自分が存在できる場が減ってしまいます。
    「こだわり」は「こだわり」として認めて、どこまで妥協できるか、どこまで自分にも周りにもきつくない「こだわり」に変化させられるか、なのかな、と思っています。
    一人で考えてもなかなかうまくいかないと思います。
    自分を納得させることも、難しいと思います。
    心理士さんや精神保健福祉士さんと、より具体的な「こだわり」についての話をして、少しずつ、対応策を考えてみてほしいな、と思います。

    投稿日時:2013年08月21日 19時45分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ3件中