本文へジャンプ

  • 非正規雇用

    記事ID:31440

    貧困拡大社会を招いた最大の要因、それがまさに「非正規雇用」だと思います。人々から働く誇りや安心感を奪い「雇用による差別」を定着させました。雇用形態という名の「身分差別」です。一度、非正規雇用になると正社員になるのは極めて難しい。まるで奴隷が自由な市民になるぐらいの、成功物語でしょう。非正規雇用は麻薬です。業績が不振でも正社員を減らし、非正規雇用に置き換えれば「費用対効果」は改善されるからです。「雇い止め」「契約満了」など解雇もしやすくなる。将来不安におびえ、生活設計が立たず、職さがしに費やす労力の総量は、巨額の膨大な経済的損失です。なぜなら職さがしは生産も納税も技術開発の機会すらも人々から奪うからです。低賃金化を招き、市場を縮小させ、非婚と少子化を促進します。

    投稿日時:2013年08月26日 23時11分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在2

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    保健所、相談しても 非正規で生きることがわからない。。
    相模原市さん /
    記事ID: 66320

    いま50代ですが、30代で、都内で、仕事して、うつ状態に、失われた20年、と 本当に大変で、日雇い派遣で、生きてきて 病気、貧困を都内で、言われてても 私の住む 市では、以前 夏の暑い日に公民館でも 休んでたら 追い出されて 理由きくと 「うるさい」といわれて そういう地区らしい 自立支援で、保健所でも 上から 物をいう 言い方に、怖くなる 相談してくださいという 広報とは、裏腹に、「なんども 相談したが、母子自殺という記事を、市内でみる」なんで、困ってることを、想像できないのかと。所詮 組織の公務員だから 日本中そうだと。そういう人をみると、生きてゆくことを、否定されるようで、国民とは、税金を多く払う人のために、公務があり よけいは 否定されてる 津久井やまゆり事件がおきたのは、相談したのだろうか、、

    投稿日時:2018年01月11日 20時03分

    コメントを書く

  • 悩み

    TK3427
    拓さん / 新潟県 / 20代 / 子供
    記事ID: 57444

    大学を卒業して7年ぐらいで29歳です。 現在 風呂場清掃をしながら正社員などを探しています。自分は高校 大学と苛められ、今でも幻聴や被害妄想など苛め後遺症に悩まされています。学生時代は、「気持ち悪い 身障 キモイ 何あれ? こっち見る! こっち来るな!!」などそれ以外にもありますが学校だけじぉなくプライベートでも外出している時に赤の他人に言われました。大学を卒業してから正社員として働いたことが無く派遣やパートをしてきました。就活を失敗したためです。製造 工場系の派遣ではバカにされたり、けなされたり、差別されました。正社員からです。スーパーのパート品出しでも「おかしい 何か隠しあるんじゃないか?」など言われ傷つきました。元々自分はアスベルガーや発達障害持ちでうまくいかないのかもしれません。親も高齢なので早く安定した正社員に就きたいです。

    投稿日時:2017年04月02日 18時38分

    コメントを書く

現在のカキコミ2件中