本文へジャンプ

  • 親がおかしい

    風子
    記事ID:31549

    この番組を見ていた時、司会の方が「どうして助けて、って言わなかったのですか?」と言われ、それがとても辛くて、続きを見られませんでした。
    助けを求められないから、辛いのです。はっきり、親がおかしい、っていえないから、苦しいのです。
    もしかしたら、本当に自分がいけないのかもしれない。そんな思いをいつも抱えている、苦しさ。

    私も小さい頃からの親の仕打ちが本当につらかった。でも「あなたのためを思ってしてるんだよ。親だから。」と周りに言われ、ただ我慢するしかなかった。
    最近カウンセラーの方に「あなたがされた事は虐待です」とはっきり言われた時、号泣し、そこから自分救いが始まりました。

    親だから、子供を大切にするはず、なんて大間違いです。
    子供を道具にする親はたくさんいます。
    親がおかしいのです。
    子供達に言いたいです。自分が感じた苦しい気持ちは、ウソじゃない。苦しさを、否定しないで。

    親ではなく、子供の気持ちをもっともっと取り上げ、寄り添う場が欲しいです。

    投稿日時:2013年08月29日 14時35分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在5

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    自分のせいだと子供は感じる
    ごっちゃんさん / 埼玉県 / 50代 / 依存症、AC
    記事ID: 55006

    機能不全家族は虐待の温床です。
    日本もアメリカも8割が機能不全家族だと西尾和美先生は言っています。違うのは恥じ、我慢は美徳の文化背景から日本社会は外に助けを求めない、内輪で我慢してしまうと。そんな社会は生き辛い❗
    幼少期の子供は養う存在なしには生きられないことを本能的に知っています。虐待とは思わないのです。自分に非があるからと思わないと親に見棄てられると感じるし、誰に、いつ、どこで助けを求めてよいのかなど考えも及びません。学校で教えてもらったことも在りません。アサーティブトレーニングを幼稚園からカリキュラムに組み込んで欲しいです。

    投稿日時:2016年11月26日 16時24分

    コメントを書く

  • 提案

    親も所詮人間
    マイノリティジャスティスさん / 山口県 / 30代 / 父親
    記事ID: 46383

    子どものころは親や大人というものによく幻想を抱くものです。親なんてそんなたいした者じゃないんです。完璧じゃないんです。しっかりと子どもの思いを受け止めてくれる親はそんなにいないと思います。っといいますか、親も救いを求めていたりもするんです。母親であれ、父親であれ、親自身が自分を肯定できていないのかもしれません。親の親に何かされたとかいろいろだと思います。しかし、私はそれでも家族という最小単位の社会というものに希望を持っています。今の社会は壊すこと、引き離すことで自称被害者を救ったように見せかけています。(本当の被害者はそう簡単に自分から助けを求められないくらい追い詰められているケースが多いから)私は一箇所に焦点を当てるのではなくもっと広い視点で救済をすべきだと考えています。子どもを助けたければまず親を助けるべきだと考えます。発言は過激かもしれませんが、親は子どもを選べるのです。たとえ捨てても捨て方さえ間違わなければ罪に問われないのです。それなのに金銭や時間をかけるのはなぜでしょう?親が正しい規範となる行動を取れるよう精神が安定していれば子どもに愛情が届いてもおかしくありません。そんなに強い人間なんてこの世にはいないんです。

    投稿日時:2015年09月11日 19時07分

    コメントを書く

  • なっとく

    だぁよね
    頭の悪いおぢさんさん / 栃木県 / 50代 / 無職不透明
    記事ID: 34654

    どない考えても子供より大人が壊れてます。昭和1ケタ~10年世代(うちの親世代)の異常さが問題の元凶のよに感じてます。異常の連鎖を断つべく私は子孫を残さない事にしてます。自分のよに生き難いのは再生産する必要は無い。

    投稿日時:2014年02月20日 20時13分

    コメントを書く

  • その他

    りんごさん /
    記事ID: 31693

    はじめまして。りんごと申します。
    私も「子どもは助けてと言えない状況におかれているんだよ!」という思いで辛くなりました。
    私は性虐待の加害者達から「これは愛情表現。愛してるからするんだよ?それに違和感を感じる方が異常なんだから、受け入れるようにならないと捨てる。」というメッセージと共に虐待を受けていました。

    だから「自分が壊れそうなほど傷つくけど、これは相手の愛情表現だから拒否してはいけない。誰かに助けを求めたら捨てられる!」と思って誰にも言えませんでした。
    「恐い、傷つくと思っていたら心がもたない。だから恐いと思ってはいけない。嫌だと思ってしまう私が悪いから、嫌だという感情は捨てる。喜ぶようにすれば少しは辛さが紛れる。捨てられない。」と言い聞かせている内に、抵抗せず求められれば応じるようになっていました。
    それは他に選択肢がなかった私の自己防衛だったのに、自分も応じていたという事が後々自己嫌悪になり、益々相談できなくなりました。

    加害者にも「誰かに言ったら、その人からも見捨てられるよ。汚いって。笑」という風に口止めされていたので、母親に知られたら縁を切られると思い込み、墓場まで持っていくつもりでした。

    被害から20年弱が経ち、やっと母に話せました。
    しかし体験を話したことで「私は本当に、酷い性虐待の被害にあったのだ」と自分で認めたことになり、それから複雑性PTSDの症状が酷くなっています。

    DVもそうですが、虐待もSOSが出せないようにマインドコントロールされているんだという事をもっと知ってもらいたいです。
    父親は未だに愛情表現だと思い込んでいるので、虐待をしている自覚はありません。
    誰に聞かれても「虐待なんかしていない!子どもを溺愛する、優しすぎる父親だ!」と言い張ると思います。

    虐待されている子ども達はそんな環境にいることを、沢山の人に知ってもらいたいです。

    投稿日時:2013年09月03日 04時40分

    コメントを書く

  • 悩み

    拝見させていただきました(^^)
    あかりさん /
    記事ID: 31601

    私は、21歳です
    私も貴方が我が子で可愛いから手も出して叱ってるの!貴方がもっと良い子になってほしいから…と言われ続けて育ちました。兄が知的障害のため、何かにつけて、私に色んなことで家族は当たり散らします。
    それが原因で、気持ちを打ち明けることも出来ず、親や家族からの言葉にプレッシャーやストレスも感じています。
    自分を素直に出せず、親から怒られるのが怖くて嘘をついたことも多々ありました。我が子が可愛いからといって、何でもありなのはおかしいと私も思います。
    我が子だからこそ、もっと向き合ってほしいのに、家族の思うようにしかなっていない気がします…。21歳にもなって、未だに門限があり、親の手伝いが出来なければ仕事なんか出来ないと言われ、現在も家庭で過ごしています。こういう過保護な状況からも、友達などの対人関係もうまくいかず友達も離れていきました…
    虐待や子どもがストレスを抱えるような家庭がなくなることを願いたいです…

    投稿日時:2013年08月30日 19時29分

    コメントを書く

現在のカキコミ5件中