本文へジャンプ

  • 差別や根絶は無理

    めやお
    記事ID:31889

    差別といったものは、無知から生まれる。
    そして、これらを根絶するのは無理。

    しかし、修正することは可能。
    まずはこれに着手すべき。

    投稿日時:2013年09月09日 21時42分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在5

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    差別の歴史
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 63626

    人間の歴史は差別の歴史です。
    無知が差別を生んだのは事実です。
    発達障害は特性を掴めば何とかやっていけるようになりましたが私のような精神はまだまだ差別がひどいですね。
    精神障害は国策で何でもかんでも入院とか山奥に病院など作ったものですから作られた偏見なんですよ。
    ほとんどの精神障害者は平穏に暮らしているのが事実です、そこは分かってもらいたいです。
    障害者差別解消法ですか?あれが実行力があるかどうか謎ですが何とか役に立ってほしいですね。

    投稿日時:2017年10月02日 18時51分

    コメントを書く

  • 提案

    過度に障碍者に対する配慮や、差別根絶を求める人達へ
    Yunnoさん / 静岡県 / 20代 /
    記事ID: 63460

    精神障碍者男性です。
    私の知っている発達障害者の女性に、こんな口癖の人がいます。
    「障碍だから仕方ない、私のことをわかってくれない周りが悪い!」
    こんな調子で、常に周囲の人を辟易させている印象を感じる人です。こういう障碍者の方はわりと多いように私は思います。
    言い分については賛否両論あるでしょうが、私は聞いていて、障碍者に対して周りの人間が配慮するのは当然のことと主張しているように思います。
    何故こんな風に思い込んでいるのかが私には疑問です。
    たしかに障碍者が周囲からの配慮を必要とすることは多いでしょう。しかし、それは周囲のする側にとってみれば厚意でしてくれているのであって、義務ではないと思うのです。
    そのあたりの認識をはき違えていると感じる障碍者があまりにも多いと思います。
    周囲からの厚意に対してあぐらをかくような傲慢な態度は、周囲の人々にはもちろん、同じ障碍者でも謙虚な人達まで巻き込むような、同様の悪印象を与えかねない危険性を伴っていて、非常に迷惑だと思うのです。
    こういう人たちがいる限り、差別根絶など夢物語だと私は思うのですが、皆さんのご意見をお聞かせ頂きたく思います。

    投稿日時:2017年09月27日 16時19分

    コメントを見る(現在2件)

  • かなしい

    誤解を解くのに必死になる時間より、前に進む時間
    にっちーさん / 20代 /
    記事ID: 42509

    どんなに必死に顔色伺って遠回りして信頼勝ち取って誤解解こうとしても、勝手なことを言う奴は死ぬまで勝手なことを言うよ…。

    顔色伺い合って、
    社交辞令言い合って、
    空気読みあって、
    上の人間の言うことを"素直"に聞く人間がイイ人。

    自分たちの意見とは違う事を言う奴は、悪いやつ。
    出る杭は、引っこ抜くか、出た部分を寄ってたかって切り落とす(更生・治療)か、二度と這い上がれないように大勢で(言葉で)叩きのめす。
    そうやって、自分たちの中の常識や思想と同じ人間同士が群となって、大多数の想う理想に近い「普通の」人で形成しているのだから…。
    その輪の中の、イメージや常識や枠から外れた不完全な人は、少数派へ。

    最初から空気が読めて、何でもできる人で、立派な”肩書”をもった完璧な人物でも居るかのように
    そのイメージから外れた人を篩掛け…。障がい者扱いだの、犯罪者予備軍扱いだの
    結局、綺麗に美化され建前で取り繕われた人達で形成されている印象を受け…。


    話がそれましたが…
    その輪の中に入ろうと必死に誤解を解き、輪の中へ戻れるのなら理想ですが
    何時か報われる・何時か判ってもらえるという楽観的希望だけだと、万が一年取って気付いた時に得られなかったら、二度と這い上がれないほど心を折られますよ…。
    必死になったけど、勝手な誤解と無理解を続ける連中が消えることが無く、全てゼロに戻って孤立し途方に暮れた事があったので…。こうなると、良い人と言われる人全てに対しても、人間不信になります…。

    人はみな何かしらのエゴイストでした。
    理想の完璧な人物なんて居なかったし、答えもなかった。老若男女問わず誰に聞いてもね。

    そんな無駄な苦労するより、自分の長所を伸ばし欠点が隠れるほどの良い所を作るのに、今は必死になってます。八方美人は何も残らなかったから。

    投稿日時:2015年01月29日 00時03分

    コメントを書く

  • その他

    それって、悪い方向にしか修正出来ないよ。
    アッツさん / 北海道 / 30代 / 無職
    記事ID: 32775

    今の人間の悪社会のやり方や悪いやり方の思想ではね。

    投稿日時:2013年09月30日 00時59分

    コメントを書く

  • エール

    Never give up!!!!
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 / 作業所利用者
    記事ID: 32192

    Never give up!!!!
    一つひとつの修正だけでは解決できません。差別根絶のため「戦い続ける」ことです!!!!(ノ><)ノ
    地方へ国へ…「訴え続ける」こと!!!!
    また自ら出馬して選挙で「戦い続ける」こと!!!!
    「平和とはおとなしく、のほほんと暮らしていくことではない。人を苦しめる『悪』と敢然と戦っていく。非暴力で戦っていく―その行動の中に『平和』がある。いな、そこにしかないのです」

    投稿日時:2013年09月16日 09時52分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ5件中