本文へジャンプ

  • 差別問題~難しいですね

    てっくん
    記事ID:31890

    精神障害者ですが、私自身、障害者を差別していた事があります。
    限りなく健常者に近づきたくて、自分の事を差別する友人に20年ご機嫌伺いをして付き合っていました。死ぬまで、そうしているものと思っていたのですが、我慢の限界が来て、別れる事になりました。結局、差別を見て見ぬ振りは出来ないし、私は自分の障害と向き合わざる得なくなりました。自分も障害者なのに、仲間から目をそらしていたいと言う差別感があったのですが、今はただ、障害者仲間からは、教わりたいと言う気持ちでいます。障害者自身にも差別があると言うケースです。

    投稿日時:2013年09月09日 21時43分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在15

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    自身が障害者でありながら、他の障害者への嫌悪感を覚えることについて
    Yunnoさん / 静岡県 / 20代 /
    記事ID: 57754

    精神障害者男性です。
    障害者雇用で就労しています。
    精神障害者福祉施設でグループワークにも参加しており、そこでの他の利用者達に嫌悪感を覚えています。
    障害にも様々な症状があり、一括りに判断できないことは承知していますし、私の知っている人達のみに対する印象ではありますが、彼らが障害を働かないことへの言い訳にしていると思っています。
    常にゲームで遊んでばかりいて、就労訓練にも嫌々参加している人達ばかりです。
    社会復帰する気もなく、障害者年金受給者ばかりなので、遊んでいるだけでも生活は出来ますし、楽な生活を維持出来ればいいんだろうなと思います。私自身も障害者年金を受給可能ですが、受給しておらず、そのつもりもありません。
    障害を働かないことへの免罪符だと思っているのではないかと感じます。
    障害を持ちながらも働いている人もいることは承知していますし、自分もその中の一人のつもりですが、大多数の障害者は障害を理由に怠惰な生活を送っているのも事実です。それも障害だから仕方ないでよいのでしょうか?一部ではあっても、違う人達もいるのに、そういった人達が原因で障害者全体が同じフィルターを通して白い目で見られると、私は考えています。
    障害を理由にした怠惰は、全体が同じ印象をもたれやすいことから、他の障害者にとっても迷惑です。彼らのそんな行いを見るたびに、自分も同じ印象を持たれているのではと、嫌悪感を感じます。彼らと同類だと思われたくありません。健常者と遜色なく生きようと、努力を重ねても、結局は障害者だからで括られてしまうと思うと、そうなる原因を作る彼らに腹が立ちます。たとえ障害者であっても、少しずつ積み上げていく信用を、彼らは一瞬で無にしていくのです。
    こう考えるのはよくないことでしょうか?私の障害者に対する理解や寛容さが不足しているのでしょうか?
    皆さんのご意見をお聞かせいただきたく思います。

    投稿日時:2017年04月14日 11時48分

    コメントを見る(現在8件)

  • その他

    もっとみんな自然で良いと思います。
    とむさん / 北海道 / 40代 / 3児の父親
    記事ID: 53559

    健常者、障碍者の関係なく、人間誰しも人より自分が優れていると思う部分に優越感を抱くものだし、自分より下だと思っている他者に対して、可哀そうだという心理が働いたり、侮蔑の意識が働いたりする事も自然で当たり前だと思います、そんなにそれらの事柄に罪悪感を持つ必要などないのでは無いでしょうか?

    人は神様では無いので完全では有りません、色々な経験や情報によって変化もしますし、感情の起伏も有ります、良いと思う事は続ければ良いし、悪いと思う事は改めたり止めたりすれば良いだけではないでしょうか?、世の中には色々な意見の人がいるので、他人と意見が一致しない事も当たり前、自分が正しい保証も無ければ相手が正しい保証も有りません。

    他人を思いやれる人もいれば、そうでない人もいるのがむしろ自然な事で、どちらかが善で他方が悪な訳でも無いです、さまざまな問題と障碍の有無を結び付けて考える必要、無くないでしょうか?

    差別を悪い事だと決めつけて、世の中から無くそうとしても、無くなるものでは有りません、無くさないといけないという考え方にすら無理が有るのです、そもそも差別と区別と配慮の境目の定義もはっきりしません、いじめと一緒で、こちらの意図と相手の解釈が違えば、配慮も区別も差別となり得るのではないでしょうか?、と言って何でも画一的にすれぱ済む話しだとも思いません、同じように扱う事で逆に差別されていると感じる人がいるのも事実です。

    同じ事を言ったり行ったりしても、喜ぶ人もいれば悲しむ人もいて、気にしない人もいれば怒る人もいるものです、価値観は人によって異なるのが当然、あらゆる面で、自分と人が異なっているのは仕方ない事なのです。

    世の人が全て皆、楽天的な人ばかりであれば差別問題なんて無くなるのかも知れませんが、そんな世の中、気味悪いですよね。

    投稿日時:2016年08月25日 01時25分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    障害者の間にも差別だけでなく無理解・無関心もある
    ゆうにゃーさん / 東京都 / 20代 / 発達障害
    記事ID: 50313

    私も障害者の中でも差別もあるし格差や無理解、無関心もあると思います
    私は発達障害で中学生の弟も発達障害ですが
    血のつながった姉弟なのにメインとなる症状(障害特性)が全く違うのでお互いの障害を理解する事も出来ません
    特に弟の場合は中学生という事もあるのですが弟と接していて
    自分の発達障害に対して配慮してもらうという事は出来ないし、
    それを理解するという事もしないです
    一応私のほうは弟の勉強の状態などを見ていると日常生活では
    こういう感じに説明したほうが良いのかなと考えていますが
    弟のほうは私に対してそういう事を考える事は無いですね

    血のつながった家族でここまで無理解や無関心なのですから
    障害者の間にも差別・無理解・無関心があるというのは
    障害者自身も知ったほうが良いし
    健常者の方にも後天的に
    障害者になった時の事を考えて知るべき事だと思います

    投稿日時:2016年03月13日 15時37分

    コメントを見る(現在1件)

  • かなしい

    障害になったら友達が逃げていった
    グーちゃんさん / 栃木県 / 30代 / 無職家事
    記事ID: 49963

    私は中学生くらいまではわりと活発でギャルで友達もいっぱいいました。高校の半ばになると学校にいけなくなり卒業して精神科に通うようになって、今こんな状況になってしまったから遊びにもいけないよとなったら友達がゼロになりました。また、連絡が取れて今障害になってしまった事を告げたらそれきり連絡はこなくなりました。差別されてると思いました。

    投稿日時:2016年02月24日 23時33分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    差別にあった時の支え
    秋田太郎さん / 秋田県 / 20代 /
    記事ID: 47095

    私は心臓に爆弾を抱えています。
    幼少期は運動制限のため他の子どもと同じことができず辛い思いをすることが多々ありました。しかし大学生となった今では運動ができなければ運動が激しくない部活に入ればよいし泳げなければプールには浮き輪を持っていけばよいと笑って言えるようになりました。

    私は現在医師を目指して医学部に通っています。実習で多くの障害を抱えた方と関わらせていただき気づかされることも多いです。生きられる期間は他の医師より短いかもしれませんが障害を持つからこそ気付けることや助けられる方を見逃さず一人でも多くの方を救いたいと思っています。障害を持っていると辛いことも多いですが障害を持っていたからこそ開けた道だと思っています。
    このようにポジティブに考えられるようになるまでの私の一番の支えは家族でした。誰かに差別されても家族だけは絶対私を裏切らないという安心感のおかげで私は強く生きてこられたのだと思います。お子さんが障害を持って生まれるとどうしてあげればよいのか不安な方も多いと思います。目いっぱい愛してあげてください。障害を治してあげることはできなくても愛してあげることだけは誰にでもできます。それだけで私達は幸せに生きられます。
    差別を根絶できれば良いのですが残念ながら障害を持っていると差別に合うことはきっとあります。その時にその人を愛し癒してくれる人が増えてくれることを切に願います。

    投稿日時:2015年10月27日 05時16分

    コメントを書く

  • 悩み

    差別が差別を
    ヒロさん / 広島県 / 40代 / 当事者
    記事ID: 46737

    私は精神障害者です。

    私は長期入院をしていた事があり、同じ入院中の仲間でも差別というか力関係ができていました。

    私自身も私より弱い方(自分より障がいが重い方)を差別していましたし、その方もまた同じ様に自分より弱い方を差別していました。

    自分より障がいの重たい方をみて安心するという事がありましたね。
    そういう方を差別していると、自分自身の置かれている現実を見なくてすむ、というのもありました。

    心の中ではわかっていました。それが良くないことだとは。

    ただ、自分自身の置かれている“入院”という事実をみるのが辛かったですね。

    今現在私自身もそういった差別的な見方をしない様にしていますが、ふと自分自身が辛くなった時にやはり心の中で差別をして安心しています。

    投稿日時:2015年09月30日 20時31分

    コメントを書く

  • その他

    「助けてあげなくちゃいけない」というのは少し違う気がする
    丸とかげさん / 千葉県 / 20代 /
    記事ID: 42237

    私は物心つく頃から義足で生活をしていました。差別というか特別扱いみたいなものも子供の頃は多くありました。私は一般の学校にいたので、なんというか常に道徳の材料にされてる、と感じていました。
    障害者のあの子をみんなで助けてあげましょう、みたいな。あの子が頑張ってるからみんなも頑張りましょう、みたいな。
    私自身は階段の登り降りなど人より行動が遅れたり、しゃがめなかったりするくらいで、生活にあまり支障はなかったのですが。「なにかをしてあげなくちゃいけない」という他の人達の意思が私には辛かったです。みんなと同じなのにって。私は弱くなんかないって。

    今は社会人として障害者枠で入社して働いていますが、初めに「君は障害者だけど、なにか特別な扱いは必要?」と聞かれ思わず即答で「いらないです」と答えました。
    私の職場は良い人達ばかりで障害者だとかあまり気にせず同じ労働者として接してくれているのが私にはとても嬉しいことです。
    こき使われたり、仕事を任せられたり。たまに義足について質問されるのも私は嬉しいです。

    投稿日時:2015年01月17日 23時40分

    コメントを書く

  • なっとく

    あの人たちとは違う!という意識?
    多摩の人(^_^.)さん / 東京都 / 20代 / 学生
    記事ID: 42235

    自分は軽度の障害者で認定も受けていますが、障害であることが未だに納得できません。しかし単純なバイトでも長続きせずに困っているから障害者枠での就職を勧められています。しかし、人間関係はと言うと、健常者の友人もいますし、知り合いからも健常者だと思われてる?と思います。

    しかし仕事面となると、うまくいかないので障害者枠を利用しなければいけないかとは思いますが、今まで健常者の中で人間関係を作ってきているので、仕事で障害者の中に入るというのは違和感があります。それは自分の中に「あの人たちとは違う!」という差別意識が邪魔をしているからなのでしょう。普通と障害の狭間にいて、自分のアイデンティティが築けずにいます。

    また恋愛にも積極的になれないのは、障害者は恋愛出来ないという差別意識があるからなのかな?って思っています。

    投稿日時:2015年01月17日 21時15分

    コメントを書く

  • かなしい

    障害者に対する企業の対応
    さっちょんさん /
    記事ID: 41788

    「障害者の過ごしやすい環境を」とHPやメディアなどで大きく公言している企業の中には、「一般の方に良い印象をもってもらいたいだけ」「公言しているだけ」と感じることがあります。
    地方のグループで差別環境があっても、本社は把握していないし、差別を主張しても「障害者の意見」は通りません。
    把握できず、方針を統一出来ないのならば公言しないでいただきたい。
    「障害者に対する世間の同情」を利用した差別のように感じます。
    「障害者を受け入れる」と一般の方にアピールするのではなく、障害者の私たちにアピールして対応してほしいです。
    差別問題を都合よく利用されるのは本当に残念です。

    投稿日時:2014年12月16日 02時43分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    精神障害者の就活~就職
    ルイさん / 福岡県 / 20代 /
    記事ID: 41655

    精神障害者です。
    私は現在、ハローワークの障害者訓練校でエクセルやワード、簿記の勉強をしながら資格取得し就職を目指しています。
    訓練校には精神障害者の他にも身体障害者や聴覚障害者の方など色々な方がおられます。
    今年の4月に入校し現在に至りますが、あらためて見に染みた事があります。
    それは、事務職の場合ですが、精神障害者はどんなに頑張って他の障害者より良い資格を沢山取っても企業などからの差別や偏見によりなかなか採用まで至らないことです。
    精神の障害者でも症状の度合いが様々で健常者に近い方もいるのになぁと悲しく思います。
    しっかりした雇用形態で採用されていくのはほぼ身体障害者のみ。
    確かに配慮の仕方など精神障害者は難しい部分もありますが、もう少し企業側も身体障害者ばかりでなく精神障害者についても勉強して受け入れを増やして欲しいです。
    また、こう言った問題ももっと番組で取り上げて貰えれば少しは変わるのではと期待しています。

    投稿日時:2014年12月07日 17時50分

    コメントを見る(現在4件)

現在のカキコミ15件中