本文へジャンプ

  • HSP(Highly Sensitive Person)について取り上げて欲しい。

    K
    記事ID:34967

    HSPとは、アメリカのエレイン・N・アーロン博士が定義した概念で、Highly
    Sensitive Person 「とても敏感な人」の頭文字をとったものです。
    「匂いや音、一緒にいる人の気分など、周囲の微妙な変化を普通の人よりも敏感に感じ取る能力に恵まれ、創造性にも優れている」人だといいます。

    病気ではありませんが、「非常に感受性が強く敏感」な気質体質を持ちます。物事を繊細に捉えることができる人でもあり、直感型の人が多いです。
    アメリカではある程度知られているかもしれませんが、日本では医師やカウンセラーでも余り認識していないのが現状です。その繊細な気質を、肯定的に価値あるものとして捉えた言葉がHSPです。

    生きづらい原因が自身の気質にあると気付いてからだいぶ経ちますが、社会の中で上手く適応出来てないのが現状です。
    我々HSPからすれば普通の人は時に鈍感でがさつに感じます。
    周りの雰囲気や音に敏感な為、生きづらさもあります。

    この概念が広がっていない為に、原因が分からないまま生きづらさを抱えてる人たちが沢山いると思うので、番組で是非取り上げて欲しいです。

    投稿日時:2014年03月26日 02時36分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在29

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 相談

    私も同感です。
    悩める女性さん / 愛媛県 / 50代 / 母親で当事者
    記事ID: 67387

    私も、小さい頃から、肌、耳、内臓、心、味覚などがとても敏感で、苦しんで来ました。でも母は、私に対する理解力が持てない人だったので、母に言っても治せ、強くなれ、と突き放すだけでした。暴力も、振るわれ、ただ怖く黙って耐え忍んで来ました。いつも自分が悪いのだと思い続け罪悪感の塊でしたし、病気なのだと思い病院に行ったこともありましたが診断がつかず、発達障害の診断も付かず絶望していたところ、『敏感な人…』の本と出会い、診断テストでほとんど当てはまりやっと少し光が見えて来ました。3人の子供がいますが、3人共HSPの傾向がありますし、発達障害の子もいますが、その境界も曖昧です。もっと詳しくHSPについて知りたいです。ぜひ他の苦しんでる人々の為にも、HSPに対する知識を広めていただき理解してくれる人を、増やしていただきたいです。

    投稿日時:2018年02月07日 14時22分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    HSC.HSPについて
    なつきいろさん / 東京都 / 20代 /
    記事ID: 66772

    私は自分がとても弱い人間だと思っていました。
    子どものころから周りの人がなんとも思わないことが気になり、傷つき、なかなか理解してもらえず苦しんでいたからです。

    しかし、小学校の教師となり、いろいろな子どもの特性について本を読んだり、勉強をしたりしているうちに、HSC、HSPという特性があると知りました。
    チェックリストを読んで行くと、まさに私そのもの。
    私はHSPだったんだ…とわかり、気持ちが楽になりました。

    そして、ずっとマイナスでしかないと思っていた自分の特性が、教師として働くようになってからはプラスにも思えるようになりました。

    HSC.HSPはまだまだ世間には知られていません。
    わたしと同じように自分を弱い人間だと思い、苦しんでいる人や子どもがたくさんいると思います。
    メディアで取り上げられることで、少しでも多くの人がHSPについて知り、苦しんでいる人が救われて欲しいです。
    ぜひHSC.HSPを取り上げてください。
    よろしくお願いします。

    投稿日時:2018年01月24日 20時49分

    コメントを書く

  • その他

    HSPがもっと広まりますように
    のんのんことりさん / 30代 /
    記事ID: 66607

    私もHSP気質の特徴がかなり当てはまり、初めて知った時は驚きました。
    学生時代は教室の中に長時間身を置く事が耐えきれず(色々な刺激に圧倒され)、殆ど保健室登校でした。

    15年程、心療内科に通っています。
    うつ病・不安障がい・気分障がい・適応障がい…
    と様々な診断を受ける中、最近は「自閉症スペクトラム」との診断も。
    確かに症状や特徴において重なる点は多いのですが、腑に落ちない点もちらほら。。やはりHSPの特徴が一番しっくりくるのです。
    けれども皆さんが書かれていらっしゃるように、専門の方でも、HSPの概念をご存知ない方が殆どなのですよね。残念です。

    HSPは気質。
    ですが日本社会の中では、この気質はとても生き辛いように感じます。私のように精神疾患を併発してしまう人が多いだろうな...と。
    長所を活かしながら自立生活を継続できるよう、模索の日々です。

    ただ、不快な感覚に圧倒されやすい反面、芸術や自然、他人の思いやりに対しとても大きな感動を得られる点は素敵だな嬉しいなと思います。

    投稿日時:2018年01月21日 12時53分

    コメントを書く

  • 提案

    HSPについて特集をお願いします。
    こんこんさん / 長野県 / 10代 /
    記事ID: 66517

    私は19歳の女性です。幼いころの話になりますが、朝、母親が私を起こそうと肩をたたけば、くすぐったさに気持ち悪くなり足蹴りで反撃。小学校、中学校での生活では友達に腕などを触られると弾き返す様子で、ライバル視している友達に触れられたときには私の反発は勢いをまし、「私のこと嫌いなの?」と言われたことも。家族といる時も何となくよくない空気を感じると筋肉が硬直しがちです。今では年齢相応だと理解される肩こりや体の不調も小学生くらいの時は理解してもらえませんでした。過敏な人は気づくのかもしれませんが、私の家族は私の感覚の過敏さについて自分から話すまで気づいていませんでした。もちろんいくら私が態度で抵抗しようと肩をたたいて私のことを起こし続けた母も。言葉を知って10年でさえ語彙が足りず自分のことをあらわすのは困難です。幼いながらに言い方分からずも態度で生きずらさを表現している人もいることと思います。周りの人に自分の抱える違和感を伝えられるようになるために、少しでも早く生きずらいと思っている人にHSPという特徴が存在することを知ることができる環境を作りたいです。精神科で自分が何も診断を受けられないことがとても悲しかった経験があります。こんなに苦しいのになんで?という気持ちでした。現在大学で「死にたい」という言葉を頭の中で連呼しちゃいながら、たくさんの課題の締め切りと戦おうと様々な作戦を試している最中です。これから先自分は自分を自覚して歩いて行けるのか不安になり、あきらめてしまいたくなります。私の大きな挫折は高校でありましたが、新学期を控えた今、ぜひ取り上げて頂きたく思います。私自身もよく分からないから知りたい!HSPについて。よろしくお願いします。

    投稿日時:2018年01月18日 16時37分

    コメントを書く

  • かなしい

    私もそうです。
    ぽんちゃんさん / 埼玉県 / 30代 /
    記事ID: 66446

    以前、香害に対して『そんな事でクレームを付けるんじゃねぇよ』というコメントを見かけて愕然としましたね。

    柔軟剤や香水なんかのキツイ臭いで頭が痛くなったり喉が詰まったりしないから、そんな事言えるんだろうな・・・

    私は臭い以外に、音も味覚も過敏です。
    大きい音は苦手だし、夜気になる音があると眠れなくなります。
    食べ物に関して好き嫌い多いねと言われますけど、例えば生臭い物を口に入れると吐き出したくなります。

    怒鳴っている人、大声で騒いでいる人、暴力を振るう人も怖くてしょうがなくなります。

    わがままだ、神経質過ぎると言われてしまうので、本当、生き辛いですね・・・

    投稿日時:2018年01月15日 17時22分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    前向きに捉えて
    心が折れても立ち上がるんださん / 北海道 /
    記事ID: 66431

    自分も言葉にしない心の声が良くも悪くも感じ取れてしまい幼少期から苦労することが多く、中学生の頃に自殺未遂をしたことがあります。
    でも当時は辛かったけど、乗り越えて色んなことを経験していくうちに自分の感じった物事を相手にわかりやすく説明する言葉を持つ事で他の人が感じ取れない物事をしっかりと説明できるようになり理解者も少しずつ増えていきました。

    職場や集団の中での意見の対立する場面で言葉にしない思いなども含めて角が立たないように理解できてない人に説明したりとかできる人の方が少ないですし、集団の中では一人くらいこういう人がいた方が衝突は減るんじゃないかな。

    結果を出していく事で言葉に説得力を持たせる事ができれば相手の見方が変わるとかもあるかな。
    学生であれば成績が優秀な人とか友達が多いめっちゃ多い良い人とか何かに突出してる人とか、社会人であれば仕事ができる人に自分がなれば言葉に信憑性も持たれるし、自分の感覚も他者から認められやすいんじゃないかな。

    物事は同じ一つの事でも悲観的に捉えるか前向きに捉えるかで全然違います、被害者にならずに特殊能を武器と捉えて前向きに生きていきましょう。
    言われなくても相手の気持ちがわかるとか、相手の嘘を見抜くとかって普通の人にはできない人が大半だから、社会に出たら見方・使い方によっては凄い武器ですよ。

    投稿日時:2018年01月15日 03時08分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    私も
    みーさん / 新潟県 / 30代 / 当事者
    記事ID: 66331

    別のHSPのスレにも書き込んだことがあります。30代後半で10代から境界性人格障害と診断され通院してます。が、最近HSPという概念を知って自分のことかもと思っています。
    今思えば幼少の頃自分だけ「気にし過ぎ」とか「考え過ぎ」のような周りの態度だったし自分だけ浮いてた気もします。
    精神科に通院して中々よくならないからと発達障害があるかもなんて言われたことがあります。
    私の家族が発達障害ですがどうしても疑問符が残っていたところこのHSPを知って誤診かもと思いました。
    確かに過敏なところとか似てるなと思うことはあるけれど根本が全く違うなと思っています。きっと発達障害と誤診されてる人もいると思います。
    よく「なんでも病名つければいいってもんじゃない」とか「レッテル貼りはよくない」とか聞くけど悩み苦しんでる人には逆にそれで少しでも生きやすくなるならいいと思います。あと誤診を防ぐ為にも取り上げてほしいです。
    個人的にはHSPで育児されてる方やHSPで発達障害の家族がいる方(特殊過ぎでいないかな)の話しも聞いてみたいです。

    投稿日時:2018年01月12日 04時42分

    コメントを書く

  • その他

    是非取り上げて欲しいです
    優しい世界さん / 山口県 / 20代 /
    記事ID: 66186

    幼少から感受性が強いと言われてきました。でもこれは諸刃の剣で、些細なことでも涙が出るほどしんどかったりと、場面場面での起伏の激しさに煩わされてきました。社会に出て更に多くの人と関わるようになると、会う人毎に顔色や声音から相手の心情を無意識のうちに想像してしまい、大変疲れてしまいます。心休まる時はありません。
    こんな心理状態の原因を探るため諸々調べているときに出会ったのがHSPでした。生まれついての性であることがわかり、少しホッとしています。自分は病気でも、根性が足りない訳でもなかったとわかったからです。
    これからの人生、毎日何かしらの苦悩を味わう私にとっては長すぎるとさえ感じてしまいます。でも、科せられた生は全うしなければなりません。
    私たちのような人々が少しでも生きやすくなれば、ひいては社会全体に少し安らぎが出てくるかもしれません。報道を通じて、HSPの概念が拡がってくれることを願います。

    投稿日時:2018年01月08日 20時09分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    教育に携わる人に知ってほしい
    迷い鳥さん / 石川県 / 30代 /
    記事ID: 66153

    私も自分をHSPだと思っています。
    小さい頃から怒鳴り声が苦手で、自分以外の人が怒鳴られていても、ものすごく辛く怖いです。
    自分の感覚ですと、怒鳴り声はうるさいというより「痛い」。体の芯までわんわん揺れる感じです。
    逆巻く大波に襲われているような感じでもあります。
    そのまま意識が遠くなり、嵐の中で小船から投げ出された人同様、わたしの心はわたしの体から行方不明になります。
    そうするともう大人の言いなりの自動ロボット状態です。

    幼稚園の頃からピアノを習っていまして、先生から耳がいいと褒められたこともあり、聴覚が敏感なようです。自律神経がおかしくなっていないときは絶対音感があるようです。(車の音など楽器以外の音も音階がわかる)
    汚い言葉も人一倍耳に残ってしまいます。

    おおらかなタイプの人がうらやましく、30過ぎまで自分なりに努力しましたが、細い神経を鍛えて太くすることはできないと悟りました。苦笑 過敏な神経は刺激しすぎずにゆったり保護して、ゆるんでくるのを待つしかないようです。

    教育者やカウンセリングの先生、心理学の研究者の中にも、鍛えて強くできると考えていらっしゃる方がたくさんいらっしゃるようです。
    角を矯めて牛を殺すという言葉がありますが、繊細さにも似たようなところがありそうです。
    叱られてもこたえないタイプの子どもに合わせて教室を運営することで、繊細な子は簡単に潰れてしまいます。
    教育に携わる方々にぜひ知っていてほしいです。

    投稿日時:2018年01月06日 22時31分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    自分がHSPとわかり楽になりました
    ももたろうさん / 群馬県 / 40代 / 母親
    記事ID: 65409

    ずっと悩み自分を責めながら生きてきました。
    表面的には普通に生きていますが、本心は外界と接することが非常につらいです。
    物ごとにすぐに圧倒され、精神的にも肉体的にも影響が出ます。自分自身にすごく疲れます。
    周りの人から「あなたに気を遣ってすごく疲れる。性格や態度を変えないと周りが迷惑する」と言われ、傷つき、大好きな環境から離れざるを得ないかと悩んでいます。
    自分のことをどう説明したら良いかもわからない。人の悪感情や攻撃的な言葉に圧倒され打ちのめされる毎日。
    最近ネットでHSPを知り、まさしく自分のことだと思いました。ことごとく当てはまります。
    このカキコミ板に書かれていることを読み、同じく苦しんでいる方がいることを知り心強く感じました。

    投稿日時:2017年12月13日 13時13分

    コメントを書く

現在のカキコミ29件中