本文へジャンプ

  • 子どもの連れ去り別居と引き離し

    智一
    記事ID:36108

    妻が虚偽DVを訴えて子どもを連れ去り、夫から引き離すことが社会問題化しています。この行為を裁判所が容認するために、発生件数が増加しているのです。

    しかも、どうやら連れ去るのは妻だけではなく、この「連れ去った者勝ち」を使う夫も相当数いるらしいのです。私の知人で、それをやられたお母さんがいます。彼女は第1子を産んで3月かそこらで、乳飲み子を奪われています。

    私は生物学者です。この時期の母体は、乳児のために、とてもドラスティックな変化をします。また赤ん坊も、母親との絆をつくっていきます。これが、この子のその後の、人々との関わり方の基礎をつくっていきます。

    自分にも子どもが4人います、生まれたての赤ん坊と母がどのように過ごすのかを身近でみてもきました。この期間の母子を引き離すことが、どれだけ非人道的な行いか、子どもを育てたことのある方なら、だれでもわかるはずです。

    彼女は裁判所に救いを求めたのですが、子どもに会えたのはこの子が一歳になってから。子どもを返すよう求めたのですが、先日、それは却下されました。裁判所が、この非人道的な行いを許したのです。裁判官は、彼女の言うことにはまったく耳を貸しませんでした。

    連れ去られた親たちは困惑し、怒り、迷います。連れ去って引き離す親たちは、結婚生活に必要な対話や、お互いへのいたわりを放棄して、自分勝手にふるまっていますが、これまでの研究でも、こうした人たちの精神が病的な状態であることがわかっています。ところがなぜか裁判所は、連れ去り親の権利だけを尊重し、もう片方の親を虐げます。また、これは子どもの権利をないがしろにするものです。こうして片親に取り囲まれた子どもたちが、さまざまな心理的問題を抱えたり、精神病に罹患するケースが多く報告されています。彼らは、これからの社会を担っていく大切な存在です。見殺しにしてはいけません。

    投稿日時:2014年05月26日 23時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在173

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    もっと声をあげて
    被害者の家族さん / 千葉県 /
    記事ID: 64708

    養育費の未払に文句いうなら、親権制度をきちんと改正して、共同親権にするか、有責配偶者には親権を渡さない、虚偽があった場合は厳しい罰則を設けてほしい。
    子供たちの為にも問題解決に向けて、被害を受けた方々にもっと声をあげてメディアに訴えてほしい。メディアももっと取り上げてほしい。

    投稿日時:2017年11月14日 16時20分

    コメントを見る(現在2件)new

  • かなしい

    子どもの連れ去り別居と引き離し
    もちもちさん / 東京都 / 30代 / 父親
    記事ID: 64465

    妻が虚偽DVを訴えて子どもを連れ去り
    まさにこれを起こされて、すぐに監護者指定審判に子の引き渡しと保全処分の行動をおこしました。
    保全は取り消されましたが、その後調査官報告書で私(申し立て人)が従前の主たる監護者ではあると。
    けれど、連れ去りの違法性はなく現状追認で引き渡しは却下の意見が
    出てしまいました。
    「何があっても結局連れ去り勝ち」、この現状に打ちのめされました。
    夫が0歳から三歳まで全てのお世話をしても、尚、意味がない。
    監護はそもそも子だけではなく妻にも及び行ってきたにもかかわらず…
    突然、突きつけられた現実に懸命に向かってもさらに非常な現実に他叩きのめされました。

    投稿日時:2017年11月02日 18時00分

    コメントを見る(現在11件)new

  • 呼びかけ

    これでよいのか?その5
    せきちゃんさん /
    記事ID: 64338

    子供達が被害者である共にもう一つの被害者がいます。
    それは「連れ去られ親」。
    愛する子供達を自分勝手な片親に引き裂かれる。監護権も親権もほぼ取り上げられ自分達の子供に会う事さえままならない。
    虚言DVや貯金持ち去られなどの被害にあっても認められもしない。
    悲しみや憎しみは救済されないどころか苦しみは増す。自ら命をたってしまう人、更に事件を起こしてしまう人、やってよいは言わない。しかし人生最大の宝を失った悲しみ、憎しみ当事者以外には理解出来ない。本人は責められない。被害者がより苦しむやり方が問題です。
    言わば加害者が守られて被害者が苦しんでいるのです。これで良いのでしょうか?

    投稿日時:2017年10月29日 05時31分

    コメントを書く

  • かなしい

    面会拒否
    たかさん / 東京都 / 30代 / 父親
    記事ID: 64305

    2月21日に連れ去られて以降、相手方と面会や監護権の調停を続けるも全く話が進まず。その間、家庭裁判所の調査官が入り相手方の看護状況や面会について指摘がありました。相手方の面会については第三者機構を使う事でした。それは主張書面や陳述書に記載がされており、その第三者機構を使う事で前向きに取り組んでいる。と言う内容でした。
    それを踏まえて前回の調停時に調査官から相手方に多くの指摘が入った事を調停員から聞きました。そのおかげで実に8ヶ月ぶりに我が子に会う事が出来ました。
    が、会えて以降は相手方から第三者機構を使う事についても拒否が入りました。

    これは調査官、調停員の意見、指導を無視している事になる。連れ去り親にある自己中心的な面会への考え方ですよね。本来面会については親、子供双方に権利がある。当事者以外が拒否する事が許される事がおかしい。
    これこそ司法が正すべきだと思います。これを後押しするようであればこの国の司法は死んだ方が良い。

    投稿日時:2017年10月27日 22時35分

    コメントを見る(現在3件)

  • ムカムカ

    事実誤認だらけの裁判所(みなさんへの情報含む)
    裁判所に改善を求むさん / 京都府 / 40代 / 連れされれた側
    記事ID: 64292

     先日審判でましたが、この2年半さんざん調停時に発言、意見書提出及び証拠提出して相手の偽りを主張してきましたが、審判時の相手の更なる嘘を裁判官は信用し事実誤認だらけの判決。
     しかも相手の嘘を採用して審判書を作成しており、結局裁判所はこれまでの過程なの関係ないのが良くわかりました。
     
     全て事実誤認で相手の嘘を採用した理由で審判を下しており、無能な裁判官、調査官による事実誤認な審判なため当然抗告しました。
     最高裁判所裁判官は国民審査できるのに、一般の裁判官ができないのが悔しいです。
     当然私はこのような裁判官なら国民審査時に「×」を付けて投票するのに・・・・・

    投稿日時:2017年10月27日 19時32分

    コメントを見る(現在2件)

  • 呼びかけ

    これでよいのか?その4
    せきちゃんさん /
    記事ID: 64087

    「連れ去りスパイラル」
    これは監護件、親権、離婚に有利なる為子供達の福祉を無視した犯罪の連鎖です。

    投稿日時:2017年10月19日 19時02分

    コメントを書く

  • ムカムカ

    決して諦めない
    子供に会いたいさん / 大阪府 / 60代 / 父親
    記事ID: 64037

    面会交流の上告も棄却され、最高裁で争うべく特別抗告の書類を提出しました。その期間が短くて棄却後5日間以内でした。親権を争っていたのも、「継続性の原則で、連れ去り勝ち」の異常な判決のため、控訴しました。この期限が50日以内でした。両方の出す日が重なり控訴文77ページ、特別抗告9ページを仕上げ裁判所に提出。翌日に体調に異変を感じ、病院へ行ったところ血糖値611で、緊急に入院になりました。ストレス、寝不足、疲れからではないかとの事で、3週間の入院でした。2年間の長い戦いに終止符を打つため頑張っています。しかし、この国の司法と離婚弁護士は、腐りきっています。時間ばかりが過ぎて、未だに子供と会えない事態が異常とも思わず、改善の兆しもありません。日本に生まれてきた事を、後悔しています。

    投稿日時:2017年10月18日 09時35分

    コメントを見る(現在5件)

  • 相談

    子供の利益って
    たかさん / 東京都 / 30代 / 父親
    記事ID: 64027

    果たして子供の利益って何だと思いますか?
    2016年度の婚姻件数は62万1000件で離婚件数は21万7000件でした。約6割に10歳以下の子供がいるって言われてる中で今年度東京家庭裁判所範囲内の離婚調停は2万件程度。

    今までのように母性優先での判断で良いのでしょうか?新養育費で男性の方はお金だけを払えば良いのでしょうか?

    皆さんからのご意見を頂きたいです。

    投稿日時:2017年10月17日 23時18分

    コメントを見る(現在5件)

  • 呼びかけ

    これでよいのか?その3
    せきちゃんさん /
    記事ID: 63951

    養育費があがる話はあるが連れ去りも増えている。子供達は一方の親の自分勝手にふりまわされ、片親のとの限定された面会でしか愛情をもらえない。元の生活に戻してもらえない。養育費以前の問題。これが真実です。

    投稿日時:2017年10月15日 17時54分

    コメントを見る(現在2件)

  • ムカムカ

    現状は連れ去り徳、別居親は悪者扱いい
    y10papaさん / 東京都 / 40代 / 父親
    記事ID: 63838

    妻子が義理実家に帰省したまま、別居となりました。

    妻は精神的に不安定で、暴力こそないものの、私には言葉によるモラハラがあり、「それはモラハラだ」と反論したこともあります。メールや録音の証拠もあり、司法が守ってくれると思っていました。

    とにかく子供に会いたい私は面会交流調停を申立、妻要求通り第三者機関に面会交流支援してもらいました。調停では「何故月に2回も会いたいのか?」とか、第三者機関からは「この費用は別居親負担と決まっている」とか子供に会うことが妻以外の、国・第三者機関からも阻害されました。何故、別居親は理由なく犯罪者同然の扱いを受けるのでしょうか?

    子供をもう一方の親に会わせない、非人道的な行為をしているのは妻です(勿論、DVなどありません)。子の福祉というのであれば、こういう人物こそ不適格なのではないですか?

    家族のために頑張って働いたのに、子を連れ去られ、犯罪者扱いされ、金銭面で困窮(住宅ローン+婚姻費用、場合によっては第三者機関費用負担まで)し、普通のサラリーマンなら余裕が無くなります。自殺者が出る理由もわかります。この国、おかしいです。

    投稿日時:2017年10月11日 12時08分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ173件中