本文へジャンプ

  • 「パラスポーツ」について、あなたの声を聞かせてください。

    番組ディレクター
    記事ID:36701

    年間グランドスラムを達成した国枝慎吾選手がプレーする、“車いすテニス”
    漫画「リアル」で人気を博している“車いすバスケットボール”
    様々なメディアで取り上げられた“ブラインドサッカー”

    みなさん、知っていますよね!?

    障害のある人のスポーツの祭典「パラリンピック」。
    2020年の舞台は、東京です!

    日本全体で盛り上げていきたい!
    でもそのためには、障害のある誰もがスポーツを楽しめる環境を作らないと!

    ・わたし、今、こんなパラスポーツをやっています!
    ・パラスポーツを始めたいけれど、どうすればいい?
    ・もっとこんな練習環境だったらいいな~
    ・第一線のこのアスリートに、こんなことを聞いてみたい!
    ・2020年の東京パラリンピック。期待していることは?不安に感じていることは?

    選手の方、観戦に興味のある方、支援者の方、思いを聞かせてください。

    番組スタッフより
    ★障害者スポーツの祭典・パラリンピック。“2016年リオ”そして、“2020東京”へ!様々な大会のレポートや、コラム、番組情報を掲載しています。 
    パラリンピックを盛り上げよう~Road to Rio~

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年09月23日 14時20分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在47

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    ピアノパラリンピック
    りかちゃんさん / 東京都 / 40代 / 統合失調感情障害当事者 主婦
    記事ID: 54813

    スポーツだけでなく、ピアノパラリンピックというものがあります。

    私は、昨日、ピアノパラの日本代表選考会に行ってきました。皆さんとても障がい者とは思えない演奏でした。聴いていて、涙が止まらなくなった演奏もありました。

    知的、聴覚、発達、重複障がい部門があり、さまざまな障がい者の方たちが、参加していました。

    私も、ピアノを習っていて、発表会などにも健常者に交じって出ているので、今度挑戦しようと思っています。

    東京オリンピックパラリンピックの正式種目にしたいと、主催者の方は活動してしるようです。音楽の好きな方は、興味をもっていただけるとうれしいです。

    また、ピアノを習って、ご自身で挑戦してみるのも、良いでしょう。




    投稿日時:2016年11月09日 12時22分

    コメントを書く

  • エール

    ひょっとしたらいるかもしれないですよ。分からないですが。
    いぶきさん / 宮崎県 / 30代 / 精神障害者
    記事ID: 54003

    プライバシー保護の為、クローズでいるかもしれないですよ。後、どう参加させるかまだ分からないからかも、後は支援者に支えられながら、力をつけてのし上がるぐらいしか自分には分からないです。力不足ですみません。

    投稿日時:2016年09月20日 11時38分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    精神障害者にとってのパラリンピック
    もよたろうさん / 群馬県 / 30代 / その他
    記事ID: 53991

    選手としての参加が難しいのはわかります。
    なら、美術面とかパフォーマンス部門ではどうなんでしょう?

    現状では全く関わっていないように見えます。
    存在すら触れられない状態では、
    みんな違ってみんないい、とは言えないのではないかと思うのです。

    精神障害者という存在が全くない東京パラリンピックにはならないでほしい。
    視聴者、応援者の中には精神障害者だっているのだから。

    取り組まれていることがあれば、もっと取り上げてほしいです。
    例えば、草間彌生さんがアートで何かするとか、方法は幾らでもあると思うんですよね。

    皆さんどう思われますか?

    投稿日時:2016年09月19日 11時35分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    教育改革
    いんびじえぶるさん / 30代 /
    記事ID: 53843

     ぶっちゃけ、やはり「小学生からの教育」で決まると思います。

     その一つに「体育」です。体育の教科書はせっかく「脱ゆとり」のために厚くなりましたが、パラ競技に関する記述が一切ありません。(´;ω;`)

     「ゴールボール」、「車いすバスケ」、「ボッチャ」など…もっと体育教育で普及させるべきです!!!

     人間生まれつきであれ、どのような理由であれ「誰しもハンデを持ちやすい現代」…

     TOKYO2020を盛り上げるには実はこうした「教育」を普通校・支援校問わず普及しかありえません。

    投稿日時:2016年09月09日 16時47分

    コメントを書く

  • エール

    全力で頑張って!!
    よっちゃかさん / 茨城県 / 40代 / 元担任
    記事ID: 53807

    池 愛里さんへ
     中学生のとき誰よりも頑張っていたあなたを間近で見ていた者としてパラリンピック出場を本当に嬉しく思っています。リオではメダル獲得を目指して全力で頑張ってください。応援しています。

    投稿日時:2016年09月07日 23時01分

    コメントを書く

  • うれしい

    卓球女子団体
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 53359

     卓球女子の団体戦で、福原選手&伊藤選手のダブルスの相手になったポーランド代表の選手(名前がわかりません…)の片腕が短く、手がありません。(;・∀・)

     義手装着でパラリンピックではなく、ありのままの姿でオリンピックはすごいです!!!! (>_<)

     選手のお名前を知っている方はいませんか?

     オリパラの枠を越えた選手の特集も取り上げてください!!!!

    投稿日時:2016年08月13日 20時29分

    コメントを書く

  • うれしい

    水泳星選手
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 53321

     パセドウ病(甲状腺炎?)と闘って克服した女子水泳の星選手。
     難病なのかどうかわかりませんが、高校生の時に罹病し、泳げない時もあったそうですが…オリンピックでメダルがとることができてよかったです。(^.^)/~~~

     パラ選手にも内部障がいや難病の枠があってもいいのでは??

    投稿日時:2016年08月12日 10時51分

    コメントを書く

  • 提案

    スポンサー
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 53252

     ぶっちゃけ、まだパラスポーツがマイナーに感じるのは肝心の「スポンサー」が少ないからです。

     簡単に言うと、企業や団体のバックアップが少なすぎるからではないでしょうか?

     ようやく、一部の企業では理解促進、バックアップのためにCMでパラ選手を出演させるなど努力が素晴らしいですが…それでも海外よりは'遅れています'!!
    (海外では'インクルーシブ'の文化だからこそ、自然に溶け込めているはず…)

     ある会社(法人)は「30大雇用」を掲げ、「ユニバーサルビジネス」を売りにしていますが…それならば、パラ選手の「スポンサー」になれば、「選手の活躍=会社のイメージアップ」につながると思いますが…(スポーツや芸能がビジネスに与える影響は意外と大きいですよ)

    投稿日時:2016年08月09日 15時13分

    コメントを書く

  • 提案

    「精神障害者にスポーツは関係ない」っていう訳はないでしょ!
    じゅんこさん / 東京都 / 40代 /
    記事ID: 53148

    今、リオデジャネイロオリンピックで盛り上がっているけど...迫力はありますよね。ただ...障害者限定のパラリンピックは身体、知的限定で、精神はない...じゃあ、どうするか?見るだけで終わり?それじゃ不満じゃん!

    あたしはこう言いたいのは、精神の方を作るか作らないか別にして、車イスでバスケをやっている人、義足で必死に陸上やっている人など...それでも十分じゃない!あたしから見ると、すごく輝いて見えてすごく感じるんです!!これだけは言う。スポーツ用の義足ははっきり言ってけっこう大変なんですよ!相当重いし体力を使います!!スポーツ用の車イスだって同じだと思いますよ!

    じゃあ、精神障害者がどうするべきかって?好きなスポーツをもう一度やるとか(軽い方からでもいい)、ストレス解消のために軽くスポーツかそれだけで約に立つことがあるかもしれません。(歩くだけでも十分だよ!)ただし、無理は禁物です。

    投稿日時:2016年08月08日 12時58分

    コメントを書く

  • 提案

    スポーツに平等に
    ひろやすさん / 岩手県 / 20代 / 子ども
    記事ID: 52552

    障がいによってスポーツの参加出来る種目や枠が異なったりしてきます。僕は、てんかんあっても高校の時にソフトテニスでインターハイに出場しました。障がい枠になると、バレーボールしかなく、参加出来る人や大会も限られてきます。障がい枠やスポーツの種目などの壁を超えて、参加出来るようになればと思います。

    投稿日時:2016年07月24日 00時59分

    コメントを書く

現在のカキコミ47件中