本文へジャンプ

  • LGBTを受け入れられない人

    ドアノブ
    記事ID:40738

    僕は、LGBTではありません。
    しかし、去年、ゲイの方と約半年、親友としてネット上で付き合って、すごくお世話になり、夏休み、一ヶ月間を一緒にすごし、そこで同性愛者の方の実際を知り、受け入れられなくなった僕は、彼と決別しました。それから、一年一ヶ月。連絡をほぼ完全に取り合っていません。僕は、未だに彼を受け入れることができません。
    つらいです。やっぱり、親友だったのですから。
    人として好きでも、やっぱり、受け入れられないという僕の気持ちは絶対変わってくれません。どうか、LGBTの方をどうしても受け入れられない側のことも取り上げては頂けないでしょうか?
    受け入れられない人間もつらいんです。傷つくんです。人を受け入れられないという形で傷つけたんですから。
    そして、もう一つ。
    同性愛者の方同士の結婚が、差別の、偏見の本当の解決方法なのでしょうか。僕はクリスチャンです。また、僕が受け入れられなかった人もまたクリスチャンです。
    同じクリスチャンでも、違う人間ですから、大きな考え方の違いはあります。しかし、ただの宗教としてまとめて、ポイして頂いてもかまいませんが、やはり、結婚というものは、身体的に、男性と女性がするから、結婚なんだと思います。この時代にこんなこと真面目腐って言う人なんて、おかしいかもしれません。しかし、しっかりと、結婚についても考えておくべきなのではないでしょうか。時代的に、別に弊害がないから、人ごとだから、差別とか偏見は悪いから、同性同士でも結婚していいんだという間違ってるかもしれないような(あえてこう書きます。決めつけることはしませんが)そんな流れに本当に巻き込まれていいのでしょうか?一応、強調しておきますが、僕は、LGBTの方を差別したり、偏見したいわけではありません。むしろ、その逆です。
    しっかりと考えることが大切だと言いたいのです。よろしくお願いします。

    投稿日時:2014年10月14日 21時22分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在11

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    きっとショックが大きかったんでしょうね
    たぬ子さん / 30代 /
    記事ID: 64117

    私はLGBT当事者ではありませんが、身近な者が当事者で、その歴代の
    パートナーである同性愛(バイ)の人達とも家族の様に接してきました。
    彼(女)らは性的対象が異性でないだけで、それ以外は全く普通の人です。
    別に無理矢理性的関係を強制している訳ではないですし、付き合い方も
    普通のカップルと変わりないと感じています。
    多分あなたが彼の同性愛を受け入れられないのは、親兄弟に性的対象として
    見られた時に、誰もが感じるショックや嫌悪感に近いんじゃないかなと思います。
    あなたは大切な親友だから一度は受け入れたけど、ノンケなので無理だっただけ。
    親友さんも若さゆえに(?)アタックする相手を間違えてしまっただけ。
    お互いに力の使い方や、方向性を間違っちゃっただけではないでしょうか。
    確かキリスト教では、万物は万能なる神が作ったんですよね?
    なら、LGBTもその神が作ったのだから、悪い物じゃないとは考えられませんか?

    投稿日時:2017年10月21日 03時33分

    コメントを書く

  • その他

    カミングアウトしてもしなくても本人も傷ついていて
    アユさん / 大阪府 / 40代 / その他
    記事ID: 56919

    私は20年前に、付き合っていた彼からゲイである事を打ち明けられました。彼は長年1人苦しみ悩む中、丁度私が難病になった事で様々なことに向き合い考えた結果、私に話をしました。
    その日を経て、現在は共同生活をしていて、家族と変わらない信頼関係が成り立っています。
    今でこそ、カミングアウトする事が自然な時代となりましたが、世の中には全くそれらをひた隠しして異性と結婚をし、子供を育てている方は沢山います。
    LGBTである事を自ら罪と思う方もいますし、自殺する方も少なくないです。宗教によっては何もかも、命をも一瞬にして失う事にもなり得るでしょうね。

    一度きりの人生、誰しもが、苦しみ悩みながらも自身と真っ直ぐに向き合いたいのではないでしょうか。
    例えば、私は難病を受け入れ死と生を見据えています。同様に、彼はゲイである事を受け入れて生きていくしかないのです。カムアウトするしない以前に。

    私にはわかりかねますが、お友達もきっと信頼したからこそ、LGBTである事をお話されたのだろうなとも思います。あなたを傷つけた事も、お友達は受け止めているのだろうなと感じます。
    又、こうして真剣に考えてくれているという事は、いつかそのお友達に繋がる何かになるのだろうなと思います。

    妊娠中の母体に過度のストレスがかかると、胎児がゲイになりやすいとか、大戦中は同性愛者が多く産まれたという報告もあるそうです。ちなみに、カトリック、ローマ法王にも同性愛者はいるでしょうね。
    私たち人類には計り知れない、何らかの環境や境遇、生物学的、進化論的にも原因が有るのかもしれませんね。

    投稿日時:2017年03月08日 23時12分

    コメントを書く

  • その他

    そこに人間愛という課題があると感じます
    めろんぱんださん / 通りすがりのお節介オバサン
    記事ID: 55553

    全知全能の神が何故、教え通りに人間社会をおつくりにならなかったのか?
    私はそれを考えます。
    …私はクリスチャンではないので、それはものの例えですが。
    ‘私’以外の人々を‘隣人’とするならば、その違いや多様性を認め合う教えがありませんか?
    神様は考え感じることを求めているように思います。
    ただ、受け止め共に生きるだけではいけないでしょうか?

    男女という枠組みでも、望んで得られない関係など五万百万とあります。
    魂がひとつになれないことがあったら、それはご縁の問題だと思います。
    恋愛にだけは良心の呵責など無用だと、私は思っています。

    男女が睦あっても親の無い子がいます。
    違う形で親子になり育むこともできます。

    あなたは自分を許されていいと思います。
    あなたを認めるように、隣人を認められたら…

    いえ、純粋な書き込みにオバサン羨ましくて。
    純文学並みのお悩みなんですヨ。
    お悩みが深いほど、友情が深かったのだと想像します。
    お相手の方にも許し合える認め合える方が早く見つかることを祈ります。
    オバサンになると「数打てば当たる」という現実しか見えなくなるので。
    傷つけ傷つかなくていいんですよ…きっと。
    元気なうちにトライしてください。

    投稿日時:2017年01月07日 08時20分

    コメントを書く

  • 提案

    「宗教は本来'人間のため'の宗教」
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 / 凸凹当事者
    記事ID: 55465

     はじめまして。発達凸凹&バイ(両性愛)当事者のいんびじえぶるです。

     あたしは、ミッションではありませんが、あたしが思うに「宗教は本来'人間のための'宗教」でなくてはいけないと思うのです。(´・ω・`)
     ぶっちゃけ、あなたはミッション(おそらくカトリック系)ですが、「古(いにしえ)の教え」を厳格に大事にするそうですが、ぶっちゃけ「宗教に食い物にされている」感じがしてたまりません。
    (´・ω・`)

     「ただの宗教としてまとめて、ポイして頂いてもかまいませんが、やはり、結婚というものは、身体的に、男性と女性がするから、結婚なんだと思います」とありますが、それこそ「宗教に食い物にされている」と気がつきませんか?

    「僕は、LGBTの方を差別したり、偏見したいわけではありません。むしろ、その逆です」とありますが、本当に「差別NG」ならまずは「結婚に対する価値観」を見直すべきかと。(辛口ですみませんが…反感を買わないように)

    投稿日時:2016年12月29日 14時06分

    コメントを書く

  • 提案

    結婚は時代と文化によって変化する。
    ふじもとさん / 東京都 /
    記事ID: 54322

    同性間の結婚について違和感を持つのは、現在の日本の文化の中では、ある程度仕方ないかもしれません。そうなるように仕向けられた文化の中で育ったのですから。キリスト教では、解釈にも寄りますが、多くの場合同性愛を禁じます。それは神の摂理に反すると教えているようです。キリスト教国では、この概念が強く人の心を支配しています。

    しかし、日本においては、江戸時代までは同性愛は普通でした。江戸時代の大ベストセラーである『東海道中膝栗毛』という紀行小説の主人公二人(弥次、喜多)は同性愛のカップルです。当時はこうした主人公の物語が全国で普通に受け入れられ、ヒットしました。誰も二人の関係がおかしいと思わないのです。当時は結婚に対する考えも違っていて、家存続のためのシステムでした。従って、結婚し、跡取りも必要ですが、婚外では自由に恋愛しており、それが同性でもOKでした。恋愛と結婚は完全に分けられていたのです。当時の人は、愛と生活を分け、愛には従順だったようです。

    西洋社会は現在はキリスト教が強いので同性愛を禁じていますが、それ以前のギリシア時代には、同性愛は普通でした。これは誰もが通る道でした。その後女性との結婚で収まる人もいれば、婚外の恋愛を楽しむ人もいて、この辺は江戸時代に似ています。男女の関係よりも同性の関係が精神性が高いとされ、生涯同性の友人(恋人)を持つことは、高貴なこととされました。

    LGBTをどう見るかは、生きている時代の文化に左右されます。偏見とは、自分が教え込まれた概念によって仕向けられている感情だと言うことを考えるのも必要だと思います。

    投稿日時:2016年10月08日 03時14分

    コメントを書く

  • その他

    人間はどうしても受け入れられないことがたくさんある。LGBTはそのひとつなだけ。
    万年反抗期さん / 東京都 / 10代 /
    記事ID: 51052

    英語を専攻している大学生です。
    LGBTは、アメリカでは日本以上に認識されている人権問題なので、私の大学の授業でもよく議題として取り上げられます。
    私も差別したい訳じゃ無いのに、どうしてもLGBTを受け入れられないので、それが授業で取り上げられる度に心苦しくなります。
    クラスメートがみんな平然と受け入れているのが“授業だから”という綺麗事に感じられてしまって、自己嫌悪に陥ります。
    授業でも報道でも、一方的に受け入れましょうという流れになっているけれど、今まで言葉は悪いですが“普通ではない”という認識が主流だったものを急に受け入れろと言われても、無理です。
    受け入れないのが悪いことであるみたいに言う前に、受け入れられない側の気持ちも考えて欲しいです。
    受け入れられないのも苦しいんです。
    LGBTの方々にもマジョリティの人と同様に人権があるのですから、差別はするべきではありません。
    でも、受け入れないことと差別って、イコールじゃないと思うんです。
    人間には必ず受け入れられないことがたくさんあるんです。
    だから、LGBTを受け入れられない人がいるのも、たくさんある受け入れられないものの、ひとつでしかないと思うんです。
    世の中様々な価値観の人が共存しているのに、何かを一方的に受け入れるように求めるのは、対立の原因にしかなりません。
    だから私は、LGBTの方々や、それを授業で取り上げる先生方、記事にする記者の方々にお願いしたいです。
    “受け入れること”を求めないでください。
    求めるのは、“差別しないこと”にしてください。

    投稿日時:2016年04月21日 04時52分

    コメントを書く

  • エール

    ゲイを受け入れないのは本当は普通のことだと僕は思います。
    わちろうさん / 愛知県 / 30代 /
    記事ID: 49109

    僕はゲイですが僕は同性を愛することはとてもすばらしいことだと思いますがストレートの人がゲイを受け入れないのは当然のことだと思います。仮にストレートの人にゲイを受け入れろと言うのはゲイの人がストレートの人に命令している状態です。LGBTの人は価値観を受け入れてほしいのにストレートの人の価値観を認めていないのだと僕は思います。大事なのはそれぞれの生き方に無理のない仕組みだと思います。LGBTの人だって世の中の人すべてLGBTになれば何がなんだかわからなくなると思います。ストレートの人がいるから社会は引きたってゲイの人だってLGBTの価値観が引きたつのだと僕は思います。よくゲイの人だってストレートの男性じゃないと嫌と言う人だっていると思います。僕はゲイが認められる社会になればいいと思いますが純愛映画が実はどちらも好きというバイセクシャルじゃ表がLGBTで裏がストレートって感じがして違和感を覚えます。やっぱり純愛映画はストレートの設定じゃなかったらゲイだってストレートだっていやだと思います。表がストレートで裏がLGBTの方が生物学的に言っても社会的に言ってもよいと思います。僕はストレートの人が多い方がいいと思っています。ゲイを受け入れられない価値観は大切にしてください。

    投稿日時:2016年01月13日 16時24分

    コメントを書く

  • 提案

    コメントさせて頂きます。
    世界さん / 海外 / 80歳以上 / 人間
    記事ID: 48795

    LGBTの方を受け入れられない方もいるでしょう。世界は、人も動物も、みな生きているものへ平等に与えられた世界だと思います。「結婚」をしたい人達が「幸せ」を願い、籍を入れる。愛する者同士が「結婚」を願い、幸せになろうとする事が、日本の「結婚のルール」に反するというのなら、それが間違っていると思います。幸せになりたいと願う人の、幸せを奪うことが法律なんでしょうか。「多種多様」という言葉があります。この言葉をよく見かけます。ですが、ただ一つ言えるのは、この世界に生きるみな、男女関係なく、幸せになる権利がある、はずです。大事なのは、性別じゃない。認め合い、尊敬し合うことです。

    投稿日時:2015年12月30日 02時05分

    コメントを書く

  • 提案

    時間が解決してくれる部分もあると思います。
    はるとさん / 30代 /
    記事ID: 43692

    「受け入れる/受け入れない」は、自分の本能みたいなところから湧き出る感情の部分かもしれないので、理性と本能の戦いでお辛いかもしれませんね。

    その彼は、ドアノブさんとネットで知り合った当初から「自分はゲイだ」って言ってたのですか?それとも、夏休みに一緒に過ごすときに知ることとなったのでしょうか?

    受け入れられないなら、どうして友達づきあいをして、親友とまでいえるほどの仲になれていたのか?

    「同性愛者の実際」って一括りにおっしゃってますけど、一部を見て全体を語っているようにも思えます。

    いつか、そういったことに思いを巡らせられるようになればいいんじゃないのかなぁ?辛い時は辛いままで、しばらく放っておいて他のことに熱中するのもアリだと思います。

    投稿日時:2015年03月28日 13時11分

    コメントを書く

  • 提案

    厳しいこと言いますが
    Emilieさん /
    記事ID: 43451

    少し厳しいこと言わせていただきます。「結婚とは身体的に男性と女性がするもの」とのことですが、それはつまり、異性が性交渉持ち、子どもを設ける。これが結婚の意義ということですか?
    その理屈だと、あなたは異性婚でも子どもを持たない夫婦を認めませんか?夫婦の性交渉は義務ですか?仮に病気などで性的不能となった人は夫、妻失格ですか?性交渉なくても、手をつなぐ、添い寝するなどのスキンシップではダメなんですか?すみませんが「結婚は身体的に男女がするもの」というあなたの考えには賛同できません。

    投稿日時:2015年03月11日 22時15分

    コメントを書く

現在のカキコミ11件中