本文へジャンプ

  • 障害年金

    じゅんこ
    記事ID:43952

    みなさんは障害年金のことについてどう考えていますか?あたしは障害年金のことについてこう考えてみようと思います。
    障害者になって、年金の手続きをするの、実は初めてなんです。2年くらい前に年金事務所へ行って手続きしたところ「発達障害はもらえない」とはっきり言われてしばらく止まってました。もう当てにならないと思い、いろいろ話合ってみたところ、手続きは可能とわかったんです。今は気持ちもすっきりしているし、余裕あるので、再手続きですね。障害年金は精神系でももらえるから障害者になった次点でもらえるというありがたいものだけど、「必ず!!」ってものではないんだよね。もらえない人は結局「生活保護」のお世話になってしまうすごく悲しいもの。B型就労の方だったら余計です。
    今年から精神系でも1級の方は福祉手当がもらえるという話があるけど・・・どう思います?これって、首都圏だけですか?

    投稿日時:2015年04月10日 06時38分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在13

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    取得には様々なポイントがあります 2
    秋さん / 富山県 / 当事者
    記事ID: 55868

    私個人のお勧めする手段ですが、まず理解ある医師に現状を理解してもらうことが大切です。その上で、流木55さんのように、社労士に相談するといいと思います。
    社労士という業務は、複雑で対応範囲が広く、しかも常に情報の更新が必須となる大変な仕事です。なので単純に近隣の社労士事務所に駆け込むのではなく、障がい者年金の分野を主としており、かつ実績が多数ある社労士さんを見つけましょう。少し手間がかかったとしても、ここは重要です。事務所所在地は、ポストまで行けるなら、他県でも構いません。
    頼りたいけどお金がない…という方は、成功報酬でも対処してもらえる事務が良いかと思います。通れば最初の年金を報酬に充てれば良いですから。最低限のやり取りを済ませることができれば、後は結果を祈りながら待つのみです。

    少しでも金銭的な援助があれば、精神的にもゆとりが生まれ、回復のきっかけにもなり得ます。また、障がい者年金を取得しているという現状があれば、更なるサポートや福祉的援助を受ける道が開けてくる場合もあります。
    無理せず、少しずつで良いので、一歩一歩、確実に前へ進んで行ってください。

    この書き込みが、本当に困っている誰かの一助となれば、幸いです。

    投稿日時:2017年01月30日 16時10分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    取得には様々なポイントがあります 1
    秋さん / 富山県 / 30代 / 当事者
    記事ID: 55867

    正社員で勤務していましたが、病状が悪化し、やむを得ず年金受給していた頃があります。一回の申請で通りました。

    こちらの掲示板では色々な場所で相談しても助言やサポートを得られず困窮されていらしゃる方が多いようにお見受けします。

    そのような対応をした窓口の方は、多くの場合、知識か理解が足りないのです。福祉や医療関係者の人と制度等に関連した話題を話した時、その反応を見ていると、私でさえ「この人、こんなんでよく務まってるなあ」と心配になることが多いです。

    とても理不尽な話ですが、効率よく、また少しでも多く、障害年金を取得するには色々とコツや通り道があるのです。残念ですが、国の法制度とはそういうものです。そして公的な機関は特に、そういった情報に対して無口です。

    通過しやすい診断名、医師の診断書の書き方、需給の申請書申請書の書き方、初診日、厚生年金か国民年金か…今ちょっと思い浮かべても色々思い浮かびます。審査員個人の判断も大きいですね。具体的な部分は書いても掲載されないと思うので、こちらでは教えられませんが。

    勿論、大前提として嘘や誇張はいけません。しかし、例えば二次障害などで複数の病気をお持ちの方などは、通りやすい病名を主に申請したほうが良いと思いませんか?これはあくまで一例です。

    しかしながら現実問題として、年金を申請せざるを得ない状態の方に、それらの膨大な手続きをソツなくこなせという前提が既に破たんしているのです。個人での申請や取得が困難というのは当然の話です。

    投稿日時:2017年01月30日 16時04分

    コメントを書く

  • ありがとう

    なんとか年金受給者になれました
    みけさん / 40代 / 当事者
    記事ID: 55637

    私はずっと障害年金は身体の方しかもらえないと思い込んでいたために、このハートネットでのカキコミで精神でしかも発達障害でも対象になることを知ってから、是が非でもと申請し、審査に通ることができました。発達障害なので生まれてからのことを記入するのは本当に大変でした。結果、3級ですが頂けないよりはマシですが、日々の現状(症状)からすると本音、疑問もゼロではありません。そもそもが親が代理人として書面の作成もして提出しました。最初に精神科にかかってから10年も経って申請に至りました。このハートネットのカキコミを拝見しなければ今でも知らないまま自分が働けないことに悩み続けていたと思います。私のように障害年金の情報を知らないがために働けないことに悩み続けたりする人達が居るのだとすれば、もっと精神での障害年金の情報が広まってほしいと思います。

    投稿日時:2017年01月13日 14時59分

    コメントを見る(現在2件)

  • かなしい

    不公平です
    ぽえまるさん / 大分県 / 40代 / 統合失調症・当事者
    記事ID: 55435

    障害年金制度にはアナがあると思います。

    私よりも元気で症状が安定していてバイトできている人が2級という診断だからと言って、13万円ほど貰っていて、一人暮らししています。その上、医療費が最低ライン(2500円まで)でいいそうです。

    私は症状が不安定で、ドクターストップでアルバイトすらできないのに、3級という診断なので、2ヶ月で9万円です。正直、一人暮らしできる余裕などありません。なので、40歳を過ぎても実家にいます。医療費が1ヶ月5000円まで負担から下がりません。
    収入は少ないのに医療費は高いし、他の病院にも行かないといけないのに、心療内科・精神科以外は行けずにいます。


    それぞれ事情はあるでしょうが、なんか不公平を感じます。

    投稿日時:2016年12月27日 21時29分

    コメントを見る(現在8件)

  • 悩み

    障害年金を貰えない障害者
    ヒトシさん / 宮城県 / 30代 / 障害者
    記事ID: 55428

    私は現在統合失調感情障害で二級の障害者手帳を持っています。
    障害者は普通の人と同等に働いて普通の人と同等に稼ぐことは非常に困難なので、生活するお金を貰う必要があります。その為に障害者年金制度があるのですが、障害を負っていてもお金を貰っていない人が相当数いるのです。私もその一人です。お金を貰えないばかりか生涯病院に通い続ける必要があるので普通の人よりも医療費がかかります。そういう人は家族に医療費など全額を負担してもらい、なおかつ生活費も貰いながら何とか生きています。今の障害者年金制度には問題があり、障害を負いながらお金が無くて苦しんでいる人がたくさんいます。全生活費を家族に負担してもらえなければ生きてはいけず、申し訳なくて自殺する人もいるでしょう。最悪障害を持っているという理由で親から無理心中を迫られるかもしれません。私も母から無理心中を迫られたことがあります。
    私は過去に障害年金支給の申請を二度国に却下されて、現在三度目の申請中です。これを却下されれば基本的にもう申請はできません。私は今生き悩んでいます。
    なぜ私が障害年金を貰えないかというと、大学生の頃年金の書類が家に来たのですが年金に関する知識が無くてそのままにしてしまい、年金事務所からも支払いの催促の手紙や電話は無くて何もせず、大学在学中に精神科に入院して、それから入退院を繰り返して現在通院治療を受けています。
    私は二十歳以前にも病気とみられる症状があったので、事後重症と認められれば障害年金を貰えるので、障害年金支給の申請をしました。三度目の申請から8ヶ月ほど経っており、そろそろ結果が来ると思います。その結果も駄目だったらと思うと辛い気持ちでいます。

    投稿日時:2016年12月27日 17時54分

    コメントを見る(現在8件)

  • その他

    難しいのかなぁ
    かいりこさん /
    記事ID: 51252

    私は障害年金を受給させて頂いてます。

    病院のワーカーさんから説明して頂き申請書の添削をして下さって、医師より診断書等の書類を受け取り、地元の役所に親に連れていってもらい提出しました。

    障害年金の受給頭にありませんでした。知識もなかったし、症状がひどくて親も私の病状につきっきりで、幻聴から危ない事をしでかさないようにと、通院、入院で精一杯でした。

    そんな私たち家族に病院のワーカーさんから障害年金のお話がありました。

    度重なる入院とか、他科受診とかの費用が膨大であり、この先も入退院を繰り返すだろうから、経済的に困難であるという事でした。

    当時の私は、今のように落ち着いて文章を書く事が出来なかったので、まとまらない文章をワーカーさんが親と相談しながら、申請理由みたいな欄を一緒に考えてくれて、私はほぼ清書するだけ、といった形でした。

    かといって、わざと重症患者を名乗ったりした訳でありません。私は障害年金の重要さも、手続きの大変さも、受給の困難さも分からず、なすがままでした。

    そして障害年金の受給が決まりました。

    しかし現在でも入院を何度も繰り返し、救急にお世話になったりしているので、障害年金を受給させて頂いていると言っても、大抵入院費、医療費に費やされていて、何とか障害年金があるから治療を受けられている状態です。

    親に、障害年金がなくなったら、治療は受けられないと言われていますし、通帳にもそれが示されています。

    だから、障害年金を頂いていても決して裕福な訳ではありません。


    私は訳が分からない内に障害年金を頂く事になったので、恵まれていると思われますが、やっぱり厳しい財政難や患者さんの増加によるのか、全員平等に、は困難だと感じます。

    本人より家族の困窮状況から、国や行政は福祉支援や年金受給等を判定しているのかなと思います。

    投稿日時:2016年05月03日 12時01分

    コメントを見る(現在1件)

  • ムカムカ

    カルテが無いので受給できない
    にくきゅうさん / 30代 /
    記事ID: 51249

    ネット検索で辿りつきました。
    2015年秋ごろから申請手続きを自力でして、精神障害で障害年金2級を受給できることになって、現在も受給中です。

    大事なのはまず「初診日」なのですが、私の場合はもう発病したのが11年以上前のことで、今とは違う病院で、本当に最初に診て頂いた緊急で夜にやっていた病院が大きくなっていて、現在は引っ越してしまっていて、その際に10年前のカルテを破棄したそうで、私の初診日から遡及しての請求が出来ませんでした。

    遡及請求が出来なければ、事後重傷扱いになってしまうのですが、カルテを捨てたと主張する病院の職員の方の対応がすごく冷たかったのは覚えています。

    「医師法に則って10年したものは処分しました」と言われたのですが、発言者は医師ではなかったです。

    受付で「患者さんではない方にカルテは書けません初診でどうぞ」と言われたので、「この病院が引っ越す前の1年6カ月以内の医師からの診断書を保管しております、法的に訴えますよ」と言ったら、別の部屋に連れていかれて、わけのわからない職員から、カルテがかけない証明書にサインをさせられました。

    そのとき、その院内警備員のような職員から、「医師法に則って処分した」というような話をされました。
    医師の印鑑の入っている診断書もお見せしましたが、「その診断書が本物かどうかの確認ができません。」という対応でした。

    特に理由が無く医者を出してもらえずに診察を断られて帰されたのですが、医師法って一体・・・。

    別の入院先の病院で、その問題の病院から確かに来られた患者様だったと証明していただいて、やっと初診日が確定しました。そちらはまだきちんと10年以上カルテを保管していた良心的な病院でした。


    投稿日時:2016年05月02日 23時43分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    「障害年金は、障害者の権利です」?
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 / 作業所利用者
    記事ID: 46908

     ども、おひさーの発達凸凹当事者のいんびじえぶるです。

     地元のローカルフリマガ(フリーマガジン)で地元の障害年金相談センターの広告が載っていました。

     広告では、「あなたももらえる可能性があります!」というキャッチフレーズとともに、具体的な病気のケースを挙げています。(「うつ」などの精神病、手足の外傷機能不全など・・・)

     (URLが出せませんので、「障害年金 新潟」と検索してください)m(_ _)m

     これはおそらく新潟限定だと思いますが、他の地域にも年金相談ができると思いますが・・・(^-^;)

    投稿日時:2015年10月12日 21時26分

    コメントを見る(現在1件)

  • エール

    自力での申請は大変ですね。
    流木55さん / 愛知県 / 50代 / 双極性障害の患者
    記事ID: 44351

    私は現在、精神系で障害年金2級を申請中です。私の場合は、受給は共済組合からです。なお、手帳は2級を持っています。

    職場で障害年金を申請したい旨、担当者に伝えると、大量の書類一式を渡されてそれを埋めて提出するよう、指示されました。私の精神状態の不安定さや思考力、集中力の低下、そして、職場の担当者の知識不足を考えると、とても自力での申請は難しいと思われ、結局、社労士に依頼することにしました。

    社労士は、障害年金申請を専門とするNPO法人に依頼して紹介してもらいました。書き上がった書類や収集した診断書、証明書類の厚い束をみた時、社労士に依頼してよかったとつくづく思いました(特に私は病歴が長いので)。さらにまた社労士は、申請書類を書く上でどこに力点を置くべきかをよく理解していました。

    病歴が比較的短く、管理の行き届いた病院に通っていらっしゃるならば、病院のソーシャルワーカーに手伝ってもらえば良いかもしれませんね。

    ご承知かとは思いますが、受給の難易度は、国民年金>共済年金>厚生年金です。

    申請してから4か月が過ぎ、あと1、2か月内には結果が出るはずですが、どういう通知が来るか、かなり緊張しています。

    投稿日時:2015年05月01日 17時04分

    コメントを見る(現在1件)

  • なっとく

    年金事務所の対応
    おきなさん /
    記事ID: 44164

    私は現在障害年金をもらっています。あなたが言われたように、最初年金事務所に行った際には、「あなたの病気では申請されても無理ですよ。」と言われました。少し勉強して2回目に行った際にも、「無理です。」と追い返されました。そして4回目(?)に自分の詳しい過去と症状を他の担当の人に告げて、申請を受けてもらいました。
    東京の状況は分かりませんが、私のような地方に住むものからすれば、まだ不況の流れで採用は少ないし、「健常者」が選ばれます。私は自分の障害を告げた直後に採用見送りになった事を何度も経験しています。
    あなたの投稿と関係ない話になってきてすいません。

    投稿日時:2015年04月21日 11時45分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ13件中