本文へジャンプ

  • 【募集中】認知症の人の介護について「お悩みや体験」をお聞かせください。

    番組ディレクター
    記事ID:44553

    いま「認知症」は誰にとってもひとごとではない時代になっています。
    そこでNHKでは2015年から認知症キャンペーンを展開、
    今年4月にも特集番組を放送します。

    今年の通しテーマは「認知症 ともに新しい時代へ」

    「認知症になってもその人らしく」というこれまでの流れに加え、
    最近、関わる人の接し方が変われば症状も和らぐことが分かり、
    注目を集めています。
    そこで今回はとことん「接し方」にこだわり、
    本人に「伝わる」方法を具体的に掘り下げてまいります。

    そこで・・・
    「同じものを何個も買ってくる。どうしたらいいの」
    「デイサービスの時間になってもなかなか行ってくれない」
    など、日常の困り事や、
    「やさしくしたいのに暴言を浴びせられて心が折れる」
    「嘘をついて言うことを聞かせているようで罪悪感を感じる」
    といった精神的な悩みなど
    介護で日頃感じているお悩みや体験、
    経験から生まれた“知恵”など、どのようなことでも構いませんので、
    是非お寄せください。

    認知症の方と、関わる方が、ともに新しい時代を切り開くためのヒントを、
    皆さんと一緒に探っていけたらと思います。
    こちらのカキコミ板では番組に向け、みなさんのご意見を募集中です。
    ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    ※4月の番組に向け、2015年の募集文を一部変更しました。

    番組スタッフより
    ★過去の関連番組

    ★認知症に関する相談窓口や過去の放送、出演者インタビューをこちらから。
    お役立ち情報:認知症

    ★NHKでは、「認知症を自分のこととして考える」をテーマとして「認知症キャンペーン」を展開しています。「福祉」「健康」「社会」の大きく三つの視点を軸に、社会の一人一人が認知症に向き合い、考えるきっかけとなる情報を提供していきます。
    詳しくはこちらから。認知症キャンペーン

    投稿日時:2015年05月14日 21時37分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在212

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    姑のカンファレンスについてPART1new
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 64757

    11月15日に3回目のカンファレンスの内容について
    姑の血液検査は何の問題もありませんでしたが問題行動は相変わらずで、トイレのカーテンで前後拭くのは無くなっても代わりにコールを鳴らすようになり、パットが汚れていなくてもパットの替えを要求する、足が痛いと言っては痛み止めを要求する、痛みがなくなり良くなったと思って施設側が薬を止めるとまた「足が痛い」といって薬を要求する、薬を出してもらって飲んでいる間は普通に歩くが薬を止めると引きずって歩くの繰り返しで、主人は先生の文言をそのまま受け取っているだけで意図を全くくみ取れておらず、姑は薬に対する依存・悪い所があるということにより、トイレのコールを鳴らすことにより人の関心を自分に向けさせているのが私には見て取れるのです。
    姑は取り込みを目の前で注意されると怒って職員にかぶりついてくる、同室者に対する依存がみられると言われました。
    これでも認知症ですか?

    投稿日時:2017年11月16日 09時04分

    コメントを書く

  • 悩み

    自分の親だったら正直 自信はありません……
    実母が好きになれない娘。さん / 千葉県 / 40代 / 一児の母
    記事ID: 64627

    私は介護の仕事をしている者です。施設で働き始め、もうじき5年が経とうとしています。
    施設には色々なタイプの方が入所されています。認知症は勿論、精神疾患をお持ちの高齢者、寝たきりの方、胃瘻、ストマ造設者などなど……。この仕事に就いてからは医療とも密接な仕事なので、随分医療の難しい用語なども自然と覚えました。
    現在私が働いている施設は「有料老人ホーム」。毎日いろいろな方と接し笑顔溢れるケアを目指し、頑張っております。(でも時々施設内で突然お亡くなりになる方もいるので、その時はものすごく悲しいですが……)私は「この施設の利用者さんが『最期』を迎えるときまで笑顔で毎日過ごせるような環境を作りたい」、それだけの気持ちで仕事をしています。(まぁ そういかないこともありますがね……)
     きっと「第三者的な目線」もあるからあまり接していても腹が立たないし、余程のことがない限りは利用者さんに対して私も頭にこないので仕事として成り立っているのだと思うのですが、これが自分の身内(特に自分の両親)だったら……、と思うと 正直面倒を見る自信がありません。
     何故か。
    特に母親に対しては幼い頃虐待された過去など消したくても消せない自分の過去などがあるからというのと、しっかりしてた親の姿が忘れられないからなんだと思います。
     (うちの両親(特に母親)は私が福祉の道に進む、と決めた話をしたら「それなら将来あなたに面倒見てもらえるわね♪」なんて言っていましたが……。別にあなたの老後を考えて介護業界を選んだわけではありませんから。)
     こんな娘を世間では「親不孝」と呼ぶのかもしれませんが、親子の確執の溝は他人が思っている以上にとても深くなってしまったのです

    投稿日時:2017年11月10日 17時07分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    実家の親の介護・義理の親の介護PART2
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 64350

    何故、姑を施設に入所させないといけないのかを皆さんの前で説明をしている最中でも主人は私に喋らせまいと口を挟んでくるので地域包括の方から「あんた、黙っといて」と怒られ、最終的に実の息子である主人の判断にかかってきても下を向いているだけなので「もう家では世話でけへんやろ・みられへんやろ・無理やろ」といわれて施設入所の書類にサインをしてくれました。その後もいろいろあって施設のカンファレンスには主人にも参加してもらうようにして施設からの急な呼び出し以外は私一人で施設へ行くのはやめました。
    その代わり毎週一回は主人が一人で行くようになり、一人で行くようになってからは姑の様子を自分自身で施設の方から直接きいたりみたりしてきた成果でしょうか最近になって「介護は一人では無理や」と少しは分かり始めてくれたようです。あ~~しんどかった。

    投稿日時:2017年10月29日 14時48分

    コメントを書く

  • その他

    実家の親と義理の親の介護PART1
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 64348

    地域包括の寄合で義理の親と実家の親の介護について話をしてきました。実家の親を介護・施設へ入所させるには何の問題もないのですが、嫁として嫁ぎ先の親を介護・施設へ入所させるとなると必ず立ちはだかってきたのが主人でした。
    当時主人は介護・看護に関しては無知・不干渉で、私のやり方・言い方・態度が悪いといって自分の親の本性については何も知ろうとはせず、姑は自分でやれることも自分でやろうともせずに私ばかりに「あれやって・これやって」状態で家族の協力も皆無、このままではと思って施設入所を主人に相談しました。地域包括の方に間に入ってもらわないと手続きもままならい状態で「おまえ一人で地域包括と話してこい・お前の勝手でお袋を施設にいれたというたる。有休はとられへん」とまでいわれましたがケアマネさんが主人の勤務している会社に直接電話をかけて話し合いの場に引っ張り出してくれました。

    投稿日時:2017年10月29日 14時25分

    コメントを書く

  • 提案

    全国規模で
    かなさん / 千葉県 / 50代 / 子ども
    記事ID: 64319

    車につける、初心者マークや各障害者マークの様な、誰が見ても、着けている人が、認知症だどわかる使い捨てバッチが欲しいです。

    団体旅行などに用いられる様な、紙製に安全ピンがついたようなものが良い。(安くて数があった方が、各服に付けられるので)

    10個、50個いくら。みたくして販売されればいいな。と思います。

    全国的に認識されれば、バッチを着けている人が1人歩きしていれば、見た人は、声をかけるなり、警察へ連絡するなりすれば、行方不明も減るのではないかと思います。

    全国規模って考えると、テレビ等で提案し、作ってくれるところや、広める事に協力してくれるところなどが、必要になるため、個人レベルでは、どうにもなりません。

    ある認知症相談に相談したところ、人権問題などもあるので、と言われましたが、強制でつけるのではなく、必要な人が自分の家族につければいいんです。
    法律的な難しい事はわかりませんが、認知症本人の安全確保、みる側の負担軽減にも役立つと思います。

    テレビの力は凄いんです。
    是非取りあげていただきたいとおもいます。

    投稿日時:2017年10月28日 11時00分

    コメントを書く

  • その他

    介護ベーシックインカム
    recoveryさん /
    記事ID: 64307

    介護事業、在宅介護の技術革新(AI、ロボット活用)
    介護サービスの核家族セルフ化で人件費削減、
    そこに、
    ベーシックインカム は
    介護にとっても、希望につながるのかもしれません。

    投稿日時:2017年10月27日 23時51分

    コメントを書く

  • うれしい

    認知症でも幸せそうです。
    デルボンヌさん / 埼玉県 / 40代 / 姪
    記事ID: 64266

    私の伯母は一人娘に先立たれ、今はグループホームで生活しています。

    いとこの葬儀の時に、数年振りに伯母に会い認知症であることを知りました。
    数ヶ月、伯母のマンションに泊まりこんで一緒に生活したのですが、
    長く続けるのは難しかったので、施設を探しました。

    グループホームは認知症の人しか入居できないので、どのような所か不安もありましたが、何度か見学に行き職員のかたのお話をして環境も良かったので入居を決めました。

    いざ入居するとなった途端、独りでマンションで生活できる!と、頑なに引越しを拒んでとてもナーバスになっていました。
    施設の方に相談をして、引越しの時まで内緒にして、近くに買い物に行く感じで引越しをしたほどでした。
    入居してみると居心地が良いのか、マンションに帰りたいと言う事もなく、外出するとすぐホームに帰りたいと言うほどです。
    入居してる方同士で、『ここは良い所だから、私たちは恵まれているわよ。』などと話をしているようです。
    忘れてしまうことも、お互いに認め合っているからか、不安を感じることがないようです。
    グループホームでは、出来ることを手伝ってお互いに支えながら生活させてもらっているようで、皆さん自分に自信を持って生活しているようにみえます。
    80歳を越えて、新しい人間関係ができ、忘れてしまうことに悲観しないで生きている伯母の姿を見ていると、認知症でも幸せそうで安心してます。
    これも偏に、職員の方々が居心地のいい環境を提供してくださっているからだと思います。
    ホームに伺う度にそのように感じています。



    投稿日時:2017年10月26日 13時52分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    RECOVERさんへ
    かずこさん / 兵庫県 / 50代 / 一人っ子の嫁
    記事ID: 64223

    私もRECOVERさんを含めて色々な方に励ましてもらったお陰でこうしていられる自分がと思っています。
    姑が最初に通っていたデイの方から教えてもらったり、病院の先生に愚痴を吐いて教えてもらったこと、自分でスッタフの皆さんがやられていることをみてアレンジしたのもあります。
    TVもみえてても・みえてなくても・聞こえてても・聞こえてなくても・興味があろうが無かろうかはおいといて、全く聞こえない・見えないわけではなかったらTV・音楽はつけっぱなしでいいの、話し声や音のあるところに居てもらうことが大事だと教わりました。
    ナースステーションに看護婦さんと一緒に車椅子に乗った一人の「認知症」の方がいたのでスタッフの人に「どうして一人だけあそこにいるの?」と聞くと「人の話し声やざわつき、物音がする、人のぬくもりがある、それが大事やから脳の刺激のために居てもらっているの」と教わりました。

    投稿日時:2017年10月25日 13時52分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    テレビと認知症
    recoveryさん /
    記事ID: 64151

    この頃、母はテレビを見てもあまり楽しそうに見えません。
    それは認知症の進行のせいなのかもしれませんが、
    本当に必要なものに巡り合えていないさみしさなのかもしれません。
    私も、以前は楽しく感じていた番組も、「こんなものに時間を割いても認知症が治るわけでもない」と早見したり消したり、興味が変わってきました。
    十年数十年先を見通した情報にすら、あきらめとともに興味が薄れてきました。
    流れてくる情報と自分たちの置かれている現状に、あまりにもギャップを感じ、より孤立感を感じてしまうこともあります。

    認知症患者向けの「おしゃべりテレビ」とか「テレビ体操」のようなものがあれば…
    本人の脳活性の見える化と連動した番組選択ができれば…
    などと思うこの頃です。

    投稿日時:2017年10月22日 16時00分

    コメントを書く

  • かなしい

    現実を見て…
    あんずさん / 大分県 / 50代 / 長男の妻
    記事ID: 64106

    接し方、伝わるをテーマにされるとか…。
    どうか綺麗事にして良い結果だけを全面に出されませんようお願いします。 実の親で良い思い出がある方、またご本人が認知症だと自覚されて、テレビ出演が可能な方ならば、心も言葉も通じるかも知れません。

    しかし、そういう一部の方を切り取って放送されてしまうと
    自分が認知症だと思うどころか、まともで正しいと信じ、暴言や暴力、妄想で家族や通所サービスの方に多大な迷惑をかけている多くの重症の患者の実情が伝わりません。

    それどころか実際に介護している人に余計なプレッシャーをかけることになるのではないでしょうか。

    笑顔で何度でも同じ話を聞く? 認知症の人にもプライドがある?もうお題目はいりません。

    嫁いじめの限りを尽くした義親でも認知症になったから、と全部リセットして優しく介護しないといけませんか?
    金銭面も含め施設入所が叶わず、夫の兄弟姉妹は口を出すだけで何もしない中、夫の親を介護している人にも配慮して下さい。

    幸い私はケアマネージャーさんや通所でお世話になっている職員さんに恵まれ、家庭での介護を続けていますが、
    励ますつもりなのか、認定にくる役場の人や、親戚、近所の人に「大事にしてあげてね」(←もっと聞き苦しく汚い方言ですが)と言われると気分が悪くなります。

    もっとがんばれ!必ず通じる優しく目を見て!などと言った介護者を追い詰めるような番組にならないことを切に願います。

    投稿日時:2017年10月20日 16時52分

    コメントを見る(現在1件)

現在のカキコミ212件中