本文へジャンプ

  • 不登校経験者の方へ あなたの「声」を聞かせてください。(2016年1・4月放送)

    番組ディレクター
    記事ID:47492

    あなたは学校に行けなくなったことがありますか?

    いま日本では、「病気」や「経済的な理由」以外で、年間30日以上学校を休む「不登校」の小・中学生が、約12万人いると言われています。そのきっかけは「友達からのいじめ」「勉強についていけない」「先生との関係がうまくいかない」など様々です。

    そこで、1月・4月のWEB連動企画“チエノバ”では、2回シリーズで、学校に行けない/行かない/行きたくない当事者の“生の声”に耳を傾け、じっくり考えていきます。

    ★1月の放送では、不登校の渦中にいる子どもたちの声に向き合います。
    現在不登校中だという方、「学校へ行けなくなった(行かなくなった)理由」や「悩んでいること」、「周囲に伝えたいこと」はどんなことですか?ぜひ、あなたの体験や今の気持ちを教えてください。

    ★4月の放送では、1月の放送をご覧になってのご意見・ご感想のほか、「かつて不登校を経験した」という大人の方や、「子どもが不登校を経験した」という親御さんの声なども募集します。
    学校に通うこと/通わないことのメリットやデメリット、当時の気持ち、その後どんな道を歩んできたか、今だから言えること・・・また、「何のために学校があるのか」など、原点に立ち返った意見もご紹介したいと考えています。
    今、渦中にいる子どもたちに伝えたいことを、ぜひお寄せください。

    ※放送は終了しましたが、カキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
    ★関連ブログ…不登校の児童生徒の数、定義などの基礎情報をまとめました。
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画“チエノバ”」を選んで投稿してください。
    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。 誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2015年11月09日 18時32分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在309

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    学校はウソの世界
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 63882

    今日は学校に通っていた頃を思い出していました。
    学校って生徒が
    「授業を真面目に受けているっぽく見せるウソ」
    「勉強が出来る優等生っぽく見せるウソ」
    「学校での振る舞いを良く見せるウソ」
    こんな空気がありませんでした?
    皆「こうすれば成績や内申点が良くなるんだろ?」とウソをつく世界に感じていませんでした?

    不登校の子はそのウソに耐えられなかったのでは、と思うのです。

    正直あの学校の空気嫌いでした。
    そのウソについていくのは大変でした。
    それではガス抜きにいじめは起こると個人的に思います。

    今思うと「よく自分は不登校にならなかったなぁ…」とつくづく思います。

    投稿日時:2017年10月12日 21時13分

    コメントを書く

  • エール

    荻上チキさん
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 63753

    チエノバで荻上チキさんの発言、
    「学校はサブ、家がメイン」
    というのがなるほど、と思いました。
    確かにそうだ、サブに振り回されてどうする!学校なんて人生のたったわずかな時間だ、家に帰ったら(家以外にもあるけど)好きなものに囲まれているのがメインなんだ!
    …と不登校の子に言いたいなぁと思います。

    外に行ったらつらいこと多いけど、家でマンガ読んでアニメ見て、好きな音楽聴いているのが至福の時な30代の自分からのメッセージです。

    投稿日時:2017年10月06日 19時08分

    コメントを書く

  • 提案

    不登校
    七星さん / 10代 / 子供
    記事ID: 63722

    高校1年生の者です。
    小中高合わせると10年目になりますが、学校に通ったのは半分にも満たないかもしれません。

    こんな私がいうのもあれですが、登校=いじめ、勉強が嫌いという、概念はやめて欲しいです。
    また、不登校=ダメな子、問題児だなんて思わないでください。

    私は学校があまり好きではありません。
    友達も好きですし、成績も優秀な方だと思います。
    なのに、あまり学校に来ない私のことを、変わってる子やかわいそうな子という人もいます。
    また、そういう目でみる人もたくさんいます。

    でも、食べ物や音楽、趣味などに合う合わないがあるように、学校も好きな人、嫌いな人がいて、当たり前だと思います。
    どんなに好きになれと周りに促されても、好きになりきれないことだってあります。
    それは学校にも言えることだと思います。
    いじめや勉強が嫌いなどのような、決定的な理由なくてもどうしても行きたくない人だっている、それは当たり前なことです。
    だから、周りが変わってるとか、かわいそうとか言われると、余計に悲しくなります。

    私は今の友達が好きです。
    私は学ぶことが好きです。
    私は好きなことがあります。
    なによりも、私には夢があります。
    そのために、最低限のラインでもいいから、なんとか学校に行けるよう励んでいます。
    そんな私の過去は今は十分充実してますし、頑張っているつもりです。

    そんな私のどこが変わっていますか?
    かわいそうですか?
    友達が好きで学びたくて、好きなことも夢もある、それはみんなと同じで何一つ変わっても、かわいそうでもないと私は思います。

    不登校、ということを最近はよくテレビなどのメディアでも話題になって考えてもらえるのはすごく嬉しいです。
    でもまずは不登校、に対する世間の目や先入観、から考え直していけば、もっと救われる人も増えると思います。

    投稿日時:2017年10月05日 19時30分

    コメントを書く

  • エール

    神経すり減らしてまで
    悠燈さん / 滋賀県 / 10代 / 不登校経験者
    記事ID: 63684

    小6と中3の時に不登校になった者です。
    小6の時は「なんとなく」保健室通いでしたが、中3の時はいじめに遭っていて保健室通いをしていました。
    正直、辛すぎて中3の時の記憶がありません。
    記憶なくなるほど神経すり減らしてまで、毎朝死にたいと思いながら学校に行く必要性は?
    私は今でもそう思っています。
    当時は本気で死にたかった。
    でもなんとか生きて、無事に大学生になりました。

    行きたくないなら行かなくていいと私は自分の経験から思います。
    頭悪くても常識さえあれば、人の気持ちが分かる優しい心さえあれば、あなたの魅力に気付いてくれる人は必ずいる。
    特にいじめられた経験がある人は、苦しんでいる人の気持ちが分かる人が多いと私は思ってます。

    投稿日時:2017年10月04日 16時19分

    コメントを書く

  • 悩み

    お兄ちゃんの学校に行きたい
    じゅんこさん / 東京都 / 40代 /
    記事ID: 62519

    下の子が来年高校生なんだけど、重度の知的障害なんです。なのに、文化祭の影響で『お兄ちゃんの学校に行きたい』と思っているようですが、あたしは反対です。なぜかというと、上の子は中学時代、不登校だったので通信制でサポートのある高校へ通っていますが何人か知的障害の子もいます。重度の生徒はおすすめしないし、向いてないんです。不登校だけではなく、発達障害や精神の病気を抱えている生徒が多い人がいる学校だから、普通の授業ではついていけないと思っているんです。
    あの子は今、学校は特別支援学校で、中学生だから、このまま特別支援学校の高校へ通わせたいのだけど…『古くさい』イメージが強いみたいようで…あたし自身、精神的に困ってます。

    投稿日時:2017年09月01日 09時18分

    コメントを書く

  • 提案

    矛盾
    ふうせんさん / 大阪府 / 40代 / 母親
    記事ID: 62373

    3人の子供がいずれも、不登校、登校拒否を経験し、保護者である私自身も学校の保護者間の関係性に全く適応できていません。

    公立小、中学校の良さは誰もが平等に教育を受ける機会を得れることだと思っています。

    しかし現実には矛盾だらけです。
    学校と連動したPTA活動は任意であり保護者の加入の有無を問わずその学校に通う全ての児童のための活動であるにも関わらず実際にはその事実を隠し保護者に半強制的に活動を強要してきます。

    そこから保護者間で摩擦が生じ子供の人間関係にまで歪みをきたしてしまうこともあります。

    学校とPTAの微妙で曖昧な関係性そのものが学校の中の風通しの悪さ作っていると感じます。

    「みんな頑張っている」
    「みんなと同じように」
    「連帯感から生まれる絆」

    そこには多様性や自尊心はベールに包まれ、あるけれど隠しておくもの扱いされているように感じます。
    こういう矛盾や建て前だらけの学校で子供たちは、本当にのびのびと居場所をつくり、学ぶ意欲を持つことができるのか?

    少なくとも私にとって学校はいつも何かをさせられ追われ孤立しないか不安な場所でした。

    既存の学校がしんどくなった子供たちの受け皿をもっと拡充してほしいです。

    投稿日時:2017年08月29日 00時14分

    コメントを書く

  • その他

    学校が全てなのか?
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 62329

    私は不登校経験者ではありませんが、学校嫌いでした。
    不登校の理由で一番多いのは「何となく」らしいですね、私も何となくイヤでした。
    あんな所のどこが良いの?と思います。
    学校に行くために生きているのか?
    イヤなら行かなくてもいいじゃないですか、生きるための勉強は学校以外でも出来ますし。
    学校で学んだことより図書館で読んだ本の方がずっとためになりました。

    もしも中学生の頃フリースクールがあったら間違いなく通っていましたね。

    投稿日時:2017年08月28日 17時43分

    コメントを書く

  • 提案

    不登校=いじめ だけではない、
    さらさん / 東京都 / 20代 / 自身
    記事ID: 62259

     いじめで不登校、いじめで自殺
    というニュースをよくみるようになってきました。

     ですが、私自身、不登校になり、通信制高校へ転校しましたが、いじめられたことは一度もありません。 
     成績優秀者でいることで自分の立場を作ったり、家庭環境、女子校だったので友達に合わせてわいわいするのに気疲れしたりと様々なことが重なり、体が重くなりうつになり無理して学校に行こうとすると、涙がでるようになりました。

     不登校は、いじめだけではなく、多感な思春期に見た目では友達もたくさんいて、成績も良くてむしろうまくいっていると思われていても、本人はそう演じてるだけでとても辛かったり
     そういういじめられてなくても個々の学校生活での悩み、複雑な家庭環境により不登校になることもあるというところまで焦点をあてていってほしいです。

    投稿日時:2017年08月26日 14時18分

    コメントを書く

  • 悩み

    壁を感じる
    のれさん / 山梨県 /
    記事ID: 58586

    不登校経験者です。
    不登校を経験して、決めたのは自分のはずですが、やはり負い目を感じます。
    普通に学校に通っていた人たちとの差を感じ、壁をつくってしまいます。
    打ち解けられる気がしません。
    不登校の経験を話し合える場が欲しいなと思いますが、
    リアルでそんな場所もありません。
    ずっと箱の中に押し込められているようで苦しいです。
    悩みを吐き出したくて、書き込ませていただきました。
    ありがとうございました。

    投稿日時:2017年05月20日 23時22分

    コメントを書く

  • ありがとう

    やっとさずかった命
    かっちゃんさん / 栃木県 / 50代 / 父親
    記事ID: 58035

    やっと生まれてくれた息子、みんながとても可愛がってくれました。とても優秀で勉強ができるとあだなは博士などと、しかし長男が中学校に入学する前に優しかったお爺ちゃんが75歳で亡くなりました。小学校6年生、家族で旅行に行ったとき長男は何か突然、親と話をしないし、頭痛がすると病気か?私は息子の異変を感じました、中学のときの運動会、とても頑張って、学校に慣れたのかなと思い私は一安心しました。しかし、その翌日、学校に行けなくなりました。家に引きこもりの日々、学校の正門前で車から降りることができないのです。先生は、学校に行かなくてもいいので休んでくださいと、なぜ学校に無理して行かなくていいのか理解に苦しみました。保健室登校を進められました。少し足が向くようになり、個別実習なので、先生の指導はなく勉強には付いていけなくなるだろうなと感じ家庭教師さんをお願いし、勉強は家庭で学校は、いくだけという日々でした。3年生になり、新しくできた町の学校に場所を移し、少しづつ、足が向くようになりました。家庭教師さんは国立大学の女の子でした、とても優しく指導してくださいました。今ではとても感謝しています。長男は高校に入りたいと面接に挑み将来は大学にも行きたいと、希望が持てるようになったのです。中学模試のテストでも学年で中の上という結果で、推薦入学でした。無理に学校にいかなくていいのだよという意味がわかったような気がしました。今日は、国立大学の女の子と家族で国立公園に連れていく予定です。

    投稿日時:2017年04月29日 05時36分

    コメントを書く

現在のカキコミ309件中