本文へジャンプ

  • 「うつは甘えだ」という考えの人ほど罹りやすい

    星野区
    記事ID:49512

    うつに理解のない書き込みを見て、それを鵜呑みにして「うつは甘えだ」という考えが植えつけられてしまった方はいらっしゃいますか?

    私は子供の頃からインターネットを閲覧することが趣味で、「うつ病は甘えだ」という書き込みを見て育ってしまったため、その考え方を自然と吸収し、つらくなっても「甘えなんだ、全然頑張ってないんだ」と思いがちになっていきました。そうしていざうつ病という病名を貰っても、まだ「甘えだ、自分はなまけている、たるんでいる」という考えを捨てきれずにいます。
    けれども、現在は、家族や医師の言葉を聞いて、だんだんと、「これは養生だ、自分は休んでいるんだ」と、氷がゆっくり解けていくように考え方が変わっていくのを感じています。「うつは甘えだ」という考え方に囚われて、自分で自分を苦しめていることを自覚し始めたのです。

    同じように、うつ病を患いながらも「うつは甘えだ」という考えを持ってしまっている方はいらっしゃいますでしょうか。

    投稿日時:2016年02月03日 21時39分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在9

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    うつは心の風邪と思ったら大違い
    せいじさん / 大阪府 / 20代 /
    記事ID: 67917

    自分の周りだけでも、うつは甘えだという考えや発言をする人はたくさんいます。また、外見では病状を知ることはできないため、素人目線では病気ではない人との見分けが不可能です。それなのに、自分の目線で人は他人を判断するのです。友人や家族から心無い言葉を言われたり、会社の重役社員から人生の重大な選択を迫るような言葉をかけられたりするのです。
    うつは心の風邪という言葉が流行った時期がありました。誰もが罹る病気である点では、正しい言い方なのかもしれません。
    しかし、実際の症状としては風邪よりも重症で、心の骨折、心の癌といっても過言ではないほどのものです。回復・寛解に到るまでには、患者本人だけではなく、周囲の人間や会社の人間の協力が不可欠なのです。
     その事実に理解を示せる人は、今の世の中でもあまりにも少なすぎるのが現実です。体の健康とともに、心の健康に関しても、より一層の理解のある社会・会社が多くなることを願って止みません。
    心の病がなくなることが第一ではありますが、爆発的に病に罹る人が増えている今、せめて理解のある世の中になってほしいです。

    投稿日時:2018年02月20日 22時06分

    コメントを見る(現在1件)new

  • 提案

    今思えば……うつだった
    ほしみさん / 20代 /
    記事ID: 67684

     私は中学校の時に人間関係でいろいろあって、ご飯が食べられなくなったり動けない、考えられない、すぐ泣いてしまうといった状態になりました。なんとか卒業したら元に戻りましたが今思えば完全にうつ病でした。
     現在、またうつ病寸前といった感じです。なんとなく将来が不安なのと自分の役に立たなさ、無能さが情けないし自分はどこに行っても邪魔なだけなんじゃないかと思ってしまいます。食事は食べられない状態か食べ過ぎるかのどちらかで、睡眠も不安で眠れないときと寝すぎる時があります。変わらないのは涙が出てくること、考えられないことです。皆さんはどうやって鬱と付き合っていらっしゃるんでしょう......。

    投稿日時:2018年02月15日 04時17分

    コメントを書く

  • なっとく

    私もうつ病です。
    ロッキーさん / 宮城県 / 30代 / 本人
    記事ID: 66628

    私は3年前より仕事のストレスからうつ病を発症しました。うつ病は甘えだという考えはよくわかります。私の場合は身体症状が強く嘔吐、目眩、頭痛で仕事を休むことが多いです。前はこんなに体調を崩すことはなかったのですが休むたびに自分は価値のない人間だ。前はもっと頑張れてたのにって思います。周りの反応も気になります。休むことが多いことに甘えだって思ってる方もいると思います。でも、休みたくて休んでるわけではないのでそこのところで周囲の理解を得ることは難しいと感じています。

    投稿日時:2018年01月21日 22時59分

    コメントを書く

  • その他

    私もです。
    自分さん / 愛知県 / 30代 / シングルマザー
    記事ID: 65399

    ただ、私の場合は親、兄姉までもが全員そのような考えの人達で
    私は今でも自分の病気は甘えや怠けなんだと思ってしまっています。
    また医師から鬱病の為就労不可との判断を頂き現在生活保護を受給しながら子育てをしておりますが長女からは私らの税金で飯食うな等と子供達の目の前でも言われてしまい、子供達にあんな思いをさせてしまった自分を殺したくなります。

    投稿日時:2017年12月13日 07時15分

    コメントを書く

  • なっとく

    私もです
    りわさん /
    記事ID: 65360

    うつ病として入院していたとき、自分は詐病やなまけなんじゃないかと思っていました。が、みなさんの書き込みを見るうちに、「怠けや・いじけ」ではないと思うようになりました。自分の苦しさや辛さが自分の生活を壊しているのは事実なのですから。

    投稿日時:2017年12月12日 11時43分

    コメントを書く

  • その他

    うつ病の正しい理解
    りわさん /
    記事ID: 65031

    以前見た映画に「うつは、自己嫌悪と怠け者が混ざったものだろ」
    というセリフがありました。私は「うつ病」と診断されたとき、脳裏にその言葉が浮かび不安になりました。


    投稿日時:2017年11月29日 11時37分

    コメントを書く

  • その他

    まさか自分がなるとは
    かめきち2号さん / 神奈川県 / 30代 / 当事者
    記事ID: 63940

    15年以上前の話。無知だった頃の発言のため閲覧ご注意下さい。

    高校時代、テレビでうつ病の特集をしていた時に
    「動けないとか、だらけじゃん」

    「やる気が出ないって言えば、うつ病になるんでしょ?だったら私も言おうかな。」

    なんて思ってました。


    しかし、社会人になって私生活が原因でうつ病を発症。
    実際にかかってみると思うように体が動かない。
    「なにもする気が起きない、動けない」
    と言うと、母から
    「動けないとか怠けたいだけでしょ?」と何回言われたことか。

    まさか、自分がうつ病になって、昔の自分が考えてたのと同じ事を言われるなんて・・・。

    あの時の自分を消したいです。

    投稿日時:2017年10月14日 23時39分

    コメントを見る(現在1件)

  • なっとく

    『うつ』とは限らず...
    じゅんこさん / 東京都 / 40代 /
    記事ID: 49717

    あたしも同じだなぁ。
    職場の人間って、何でも精神の病気は『うつ病』と言い切るのだろう...変な話、うつは治るものと治らないものがあるんですよね。
    うつ病だけで済むのなら、職場復帰するにも時間はかかっても大丈夫かと思う。しかし、あたしの場合は精神でありながらも、一生障害者となって生きていかなければならなくなった。
    今まで1人だけでは仕事探しに関して失敗の連続だったけど、どうやらあたしは落ち着いている自分がここにいる。

    話は変わるけど、失敗した職場の中で、ただ厳しいだけの障害をバカにした会社がありまして、やってみたら、1週間でクビになりました。あれは会社じゃありません。

    投稿日時:2016年02月14日 17時02分

    コメントを書く

  • なっとく

    同感です。
    ピイタロウさん / 30代 /
    記事ID: 49547

    私も自分がうつになる前は心のどこかでそう考えていたフシがあります。頑張って、限界超えて、今まで経験のない自分の異変に気づいた時、初めてこれがうつなんだとわかりました。

    そして今でも「うつは甘えだ」と思っているフシがあります。「新型うつ」と呼ばれる人たちについてはその考えは一生消えないんじゃないかと思います。私はこれだけ頑張った結果こうなったのに、あんたは…!って思いは常にあります。

    きっとこんなこと、変な正義感持たずに他人事としてサラリと流せる人間なら、うつになんかならないんだろうなぁと思います。でもこれが良くも悪くも私という人間なのです。

    あと、ネットの掲示板は人の批判をしたい人の集まりにしか思えないです。私は見ないようにしています。

    投稿日時:2016年02月05日 21時45分

    コメントを書く

現在のカキコミ9件中