本文へジャンプ

  • 薬物依存についての体験談・メッセージお待ちしています!(2016年2月“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:49613

    2月2日深夜、元プロ野球選手の清原和博容疑者が、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
    著名人が薬物を使用したなどとして逮捕される事件はこれまでも相次いでおり、そのたびに「ショックだ」「堕ちた英雄」「あれだけのスターが…」といったセンセーショナルな報道がなされています。しかし、「薬物依存症」や「クスリを使ったその後のこと」を正面から取り上げたものは、決して多くありません。

    これまで「ハートネットTV」では、依存症の取材に継続的に取り組み、本人や家族の声に耳を傾けてきました。だからこそ、薬物問題の背景には「依存症」という病気があり、そこにどう向き合っていくかが問われていると考えています。そこで、今回改めてみなさんの「声」を募集し、番組で緊急特集を組むことにしました。

    依存症本人のみなさん、家族のみなさん、治療・支援に関わっているみなさん、
    あなたは今回の事件でどんなことを感じていますか?
    社会に伝えたいことはどんなことですか?

    やめたくてもやめられない苦しみ、報道について思うこと、治療や支援のあり方、“回復”に関わるご自身の体験談やメッセージ…どんなことでも構いません。あなたの考えや意見、「これだけは伝えたい!」といった思いを聞かせてください。

    ※2016年2月の放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、ご意見を募集させていただきます。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★WEB連動企画“チエノバ”
      「緊急特集!薬物依存」2016年2月25日放送終了

    当日はTwitterでご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で50文字程度でご意見を

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    投稿日時:2016年02月09日 17時01分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在78

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    覚醒剤と処方薬の元依存症者です。
    春夏秋冬さん / 当事者
    記事ID: 50675

    私は自助グループが全てとは思いません。
    当事者だからこその声です。


    覚醒剤と処方薬が原因で施設に入り
    数年ほど前に施設を自主的にやめました。
    私の場合は自助グループやミーティングとかに行ったら
    逆に使いたくなるしイライラする方でした。
    そういう場でも売人は狙って来ます。
    昨日使ったとかいう人間もきます。
    発言した言葉にズタズタに傷つけられたりもしました。
    自助グループで覚醒剤を辞めた人間で自助グループ内に留まり続けている人は
    働けるのに「今でいいと思ってる」って生活保護を不正自給しているのもいるし正当化している。
    生活保護受けるためにカタチだけ職安に来たって晒してる人もいました。
    そんな人間でも長くやめた人間は神様か芸能人みたいな扱いを受け
    おかしい!と反発するとハブられましたし仲間じゃないと罵られました。
    神様か芸能人みたいな存在は絶対で私は良いと思いません。
    働いていて自助グループに行けないと「自助グループに来れないような仕事なんて辞めろ!自助グループ中心に生きていくべきだ!」と言われた事もあります。

    だからもう全て離れました。

    今はきちんと毎日コツコツと週5で普通の仕事をして働き、職場では沢山の人間を纏めるリーダーをやっています。
    私の過去を受け入れてくれた素敵な婚約者がいて幸せに安定した日々を過ごしています。
    仕事は大変ですが ただただ穏やかな時間が幸せです。
    夢もコツコツと確実に叶えています。

    寂しかったり満たされなかったり追い詰められたりするから 薬物系に手を出した過去。

    今、人生の中で一番充実し、穏やかで幸せです。
    それが私を覚醒剤、処方薬から開放させました。
    今は鬱病のももちろん薬関係は全て無しです。

    もちろん男で生きていくのではなく
    自分の足で生きていけるようになったのが前提です。

    投稿日時:2016年04月09日 10時01分

    コメントを見る(現在1件)

  • なっとく

    とりあえず...
    澪央さん / 東京都 / 10代 / 当事者/精神疾患/引きこもり/LGBT/
    記事ID: 50530

    僕もある種、薬物依存 なのかも知れません。様々な精神疾患を抱えている為、何十種類もの処方薬を飲み続けています。でも、飲み続けていると効力がだんだんと無くなってきてくるので変えて貰ったりしています。「飲んでいてもあんまり効かないな、」と思ったりしますが、「飲まないともっと酷くなる」と思ってしまい一応飲み続けてはいます。
    僕が精神科から処方された薬を飲み始めたのは小学5年生の頃からです。それから徐々に病気と共に薬も増えていきました。あとは、市販薬の風邪薬(風邪を引きやすい)も飲み続けてるので...そう考えると薬物依存、薬漬けだなぁ...と思います。本来なら、飲まないことが身体にとって一番なのでしょうけど脱却するのは難しいことだと思ってます。

    投稿日時:2016年03月31日 03時43分

    コメントを書く

  • 相談

    薬物依存とは
    受験期さん / 京都府 / 10代 /
    記事ID: 50095

    覚せい剤などの違法薬物に限っての話でしょうか?いつも気になります。
    私は違法な薬物は触れたことがありません。
    けれど、アレルギー薬や解熱剤、咳止め薬、処方薬(精神科)の乱用が見られます。
    いわゆるオーバードーズです。
    やめるにやめられない抗うつ薬を除き、睡眠薬や抗不安薬は溜めがちです。
    そして辛い状況の時に一気に飲むのです。
    お酒と飲めばすぐに寝てしまえます。
    そこからしばらくは記憶がありませんが。

    投稿日時:2016年02月29日 18時13分

    コメントを見る(現在1件)

  • その他

    幸せの国の薬物汚染
    はっしーさん / 岡山県 / 30代 / 精神障害と発達障害の当事者
    記事ID: 50092

    前の地元紙の記事で読んだのですがGNH(国民総幸福)を重視しているブータンでは若者の薬物汚染が社会問題化しているみたいです。
    薬物関連の犯罪での逮捕者が1000人を超えてるそうです。
    若者が薬物に走る原因が失業率の高さで、携帯電話を使って隣国から薬物を入手してるそうです。
    依存症者を支援するNPO団体も出来てるみたいでした。
    ブータンの事例は決してほかの国の問題とは言えないと思います。

    投稿日時:2016年02月29日 16時20分

    コメントを書く

  • 提案

    とても勉強になりました。
    ぱぷりかさん / 兵庫県 / 40代 / 母親
    記事ID: 50038

    本当に素晴らしい番組でした。

    夜の時間帯にまた再放送をお願いします。

    番組を観ていない高校生の息子に話したら、関心を持って聞いてくれました。

    学校の授業でも流してほしいなと思います。

    投稿日時:2016年02月26日 20時42分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    有名人の薬物依存の背景
    ママレードさん /
    記事ID: 50026

    清原元選手の逮捕によって、緊急にこの企画が立ち上げられました。
    番組には田代まさしさんが出演。
    日本、海外問わず、有名人の薬物依存は後を絶ちません。
    イギリスの有名女性歌手が、オーバードーズで亡くなり、芸能界に大変な衝撃が走ったこともありました。

    なぜ有名人の薬物依存が多いのか。
    私なりに分析しました。これはあくまでも私の視点です。

    当然ですが、一般人よりも、有名人、特に過去に栄誉あった人の逮捕の方が大きく報道され目立つ。

    有名人は超多忙で、睡眠も満足に取れない人も多い。
    疲れを忘れさせ、気分を高揚させる薬物への誘惑に駈られやすい。

    これも、当然ですが、有名人は一市民の一般人よりも、他者からの知名度が高い。薬物を入手するルートを掴みやすい。有名人を狙って売る、闇のビジネスも存在するのかもしれません。

    違法薬物、特に覚醒剤は、物凄く高価です。お金がなければ欲しくても買えない。収入が多い有名人の方が、一般人よりも、入手する機会がある。

    などだと思います。

    投稿日時:2016年02月26日 01時26分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    依存症っていう「病気」とされるものがあるんです
    きさらづさん / 千葉県 / 30代 / 本人
    記事ID: 50025

    処方薬の依存治療中です。
    他にも依存があり依存する生き方しか知りませんでした。
    依存症になる人は概して生き方がわかりません。
    依存症ではなく生きている方には理解しがたいと思うのですが、脳の作り、環境、等身大を受け入れられない、性格など様々な理由で人一倍孤独な状況に追い込まれやすく、過敏です。私もいじめから自分の存在を許せなくなりました。先日依存を取り上げた番組を動画サイト連動で見てたら「クズ」「薬を病気にするな」「最低」「生きる価値なし」が多く、これが世の現実と思いました。やっている事の表面は確かにクズの中のクズ。
    でも人間は未体験な事はわからないと経験から学んだので私も他人に「依存症を病気と思って!」とお願いしようと思いません。
    でもなぜ始めたのか、始める前どういう心境だったのか、それだけはどうか耳を傾けて頂きたいのと、「クズ」「最低」だけで片づけられない何かがある状況...という事だけは少しだけ知ってほしいんです。
    人は人間から物質に依存がシフトすると聞きます、人間には限界があるから物質に行く。私は始め親でした。依存の関係しか作れない同級が周りにいたら「重い、うざい、離れよ」ではなく保健室の先生などにその子の事を話してあげるだけでも専門家に繋がる可能性は広がります。個人的に担任は信用できないかな、向き合ってくれなかったら(苦笑)。

    投稿日時:2016年02月26日 00時56分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    専門医、スタッフの充実を
    ユキヒョウさん / 静岡県 / 30代 / 市販薬依存当事者
    記事ID: 50011

    番組拝見いたしました。

    改めて思いました。
    松本俊彦先生のような専門医が、
    日本にもっといたらいいのに、と。

    日本の精神科は10年遅れていると言われますよね。

    アメリカなどは、薬物などの依存症になっても、回復が優先され、
    リハビリ施設でしっかり回復に専念できる環境が整えられているんですよね。

    わたしがかかったことのある精神科医は、あまり悩み事に取り合ってくれなかったですから。
    上から目線すら感じました。
    それに、患者の声に耳を傾ける姿勢がお世辞にも感じられません。
    『薬使っちゃダメだよ』
    くらいなもんです。

    本当に全国に依存症専門病院、
    リハビリ施設を増やして欲しいです。そして民間まかせではなくて
    行政が積極的に支援を行ってもらうことを希望します。

    本当に医療面に力を入れてくださいと行政に言いたいです。

    投稿日時:2016年02月25日 21時03分

    コメントを書く

  • かなしい

    生きる為に飲んでいる。
    ユウトさん / 佐賀県 / 20代 /
    記事ID: 50010

    僕は気付けばもう15年間、精神薬を飲んでいます。
    不安やパニックに襲われたら安定剤を、寝る前には安定剤+睡眠薬を。
    多い時は、就寝前の処方箋だけで25錠飲んでいました。1日で50錠くらい。
    死にたいくらい辛くなったらODもしました。1回で1500錠とか飲みましたが、1週間昏睡とかで、今も普通に生きてます。
    眠剤が無いと未だに眠れません。
    でも、自傷行為を抑えるため、眠って明日目覚めるために薬に依存しています。生きるためです。
    死にたいけれど、死ぬ気力もないから、ただ生きています。死んだように、生きています。
    でもきっと薬を取り上げられたら、離脱症状とかでパニックに陥って、意外と呆気なく死ぬかも知れませんね。

    投稿日時:2016年02月25日 20時58分

    コメントを書く

  • なっとく

    回復を応援します。
    gack-moneさん / 広島県 / 10代 /
    記事ID: 50008

    私が小学生の時に習ったものと事実の差が激しいことに驚きました。勝手な差別的な感情を抱いていましたがそれは間違っていたことに気付かされました。申し訳ありません。学校での薬物の授業はさまざまな目線でもっとくわしくするべきではないでしょうか…。

    投稿日時:2016年02月25日 20時40分

    コメントを書く

現在のカキコミ78件中