本文へジャンプ

  • 事故・事件の度に精神疾患を誇張される事

    今の社会に出るのが怖い一人
    記事ID:53897

    私は、うつとストレス障害者で、社会復帰を目指してますが、事故や事件がある度に加害者及び関係者に精神疾患の人がいると、その事ばかり誇張され、精神疾患者が関わる事故・事件は、全体の事件等の僅かなのに報道の度、家族すら「精神疾患者だから…」と偏見を持って悲しくて、メディアの人に思い遣りある報道を願って止みません。発言する場も成りすまし対策かも知れないけど、疾患の為に名乗る事が出来ないと頑張ってお手紙やメールをしても脚下され泣き寝入りです。

    投稿日時:2016年09月13日 12時51分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在7

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 呼びかけ

    精神疾患(自閉症スペクトラム障害)でも事故対応で出来る事がある
    エミリー圭さん / 海外 / 50代 / 発達障害当事者
    記事ID: 61006

     帰宅途中の上海地下鉄の江苏路駅の昇りエスカレーターに乗っていたら背後でゴトンと大きな音がしたので振り返ったら50代後半とおぼしき恰幅のいいご婦人が頭部を下に転倒していてなかなか起き上がれずにいました。
     
     大変だ!・・・・と判断したので急いで駆け上がりエスカレーターの非常停止ボタン(赤い部分)を直ぐ押下して止めて巻き込み事故にならずに済みました。
    ご婦人は後ろに転倒したときに後頭部と、肘を打ったようですが、目立った外傷は無く駅員に引き継いその場を後にしました。
     
     自閉症スペクトラム障害の当事者は突発的な事象への対応は苦手な場合が多い方が多いのですが、私は何度かこういったトラブルに遭遇して対処した経験が在るので、今回も躊躇することなく行動できました。
     
     明日は我が身と危機感を忘れずに日々の健康管理と怪我にならないように落ち着いて上海生活をエンジョイしていきます。

    投稿日時:2017年07月21日 12時09分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    負けるな
    コスモスさん /
    記事ID: 60658

    私はありとあらゆるテレビ局にメールを送りました。
    内容は
    「てんかんのことを知らずに間違った事を広めた責任を取れ。てんかん発作と誤解される病気と、他のてんかん発作も取り上げて欲しい」といった内容です。
    2016年9月21日(水)夜9時~10時54分で放送してもらいました。

    世の中は無知な人しかいません。
    今年の7月1日です。
    サッカーの応援に行き、サポート自由席の熱気むんむんとした場所で、飲酒による熱中症で救急車を呼ばれた人がいました。
    周りで介抱していた人が話していた事ですが、飲酒により熱中症で倒れたのは看護師、その近くには脳外科医がいて、どこかの病院のメンバーだったようです。
    こんな人たちに診てもらいたくない!と思いましたし、飽きれてしまいました。

    むしむしとした熱気のある場所で水の代わりにアルコールを飲むことは熱中症になると素人でも分かる事です。

    資格を盾にした無知な人たちの餌食にならないようにしましょう。

    投稿日時:2017年07月10日 19時41分

    コメントを書く

  • 悩み

    ○○障害を抜け道に
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 54871

    よく裁判で弁護士が「被告人は○○障害の可能性がある」と言うのをニュースで見聞きしますがあなたはそれしか言えないのかと感じています。
    弁護士にとって簡単だから、としか感じないです。
    人権派弁護士ってこんなものか…

    投稿日時:2016年11月14日 13時41分

    コメントを書く

  • エール

    続き
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 54667

     何べんもくどいほど書きましたが、あたしは、「発達と難病の'専用の'手帳制度実現」や今回の事件のことなど多くの議員さんや各道府県の知事、関係機関などに堂々と投書しました。(`´)

     今は、SNSなどの掲示板にも書き込んでいます。訴えています。

     それも良しですし、署名運動でもかまいません。

     しかし、どうしてもというなら、自ら'出馬'してみては??

     始めは区市町村レベルの小さなものでかまいません。政界があなたの活躍を待っています。

     あたしも余裕があれば、都知事の講演会に参加したいです!!! (`^ ^´)

     一緒に戦いましょう!!! p(^^)q

    投稿日時:2016年10月31日 13時16分

    コメントを見る(現在3件)

  • ムカムカ

    今の社会に出るのが怖い一人さん、ひんしのくまさん、はたろうさんへ
    いんびじえぶるさん / 新潟県 / 20代 /
    記事ID: 54666

     はじめまして、発達凸凹当事者のいんびじえぶるです。

     あたしは皆さんとは'違います'!!!

    あたしは、とにかく'戦って'、'戦って'、'戦って'…'戦いまくって'います。

     「発言する場も成りすまし対策かも知れないけど、疾患の為に名乗る事が出来ないと頑張ってお手紙やメールをしても脚下され泣き寝入りです」とか「投書はあんまりおすすめしないです。そういうのはいろんな活動家や発信者に任せておいてもいいと思います」とありますが、あたしにしてみれば、「甘ったれるな!!!」「世の中そのなものではない!!!」

     この番組で紹介された当事者の方々も、「何もない」ところから'戦って'、'戦って'、'戦いまくって'…'勝ち越えた'から今の幸せがあるのです!!!

    LGBTのさつきさんも「生きづらいなら変えればいい!!」「今日生きづらいからと言って、あしたもそうとは限らない」と信じていますし、あたしもそう信じて'戦って'います。

     まだまだ世の中の風当たりは厳しいものがありますが、わずかですが「よい方向へ」向かいつつあります。
     実は、うんと昔なんて「ハンデあり」は「非国民」と亡き者扱いでしたよ。

     平和になってもその流れは変わらず、それでも「名もなき多くの当事者や家族」が'戦い続けた'結果、勝ち取った憲法・権利・条約・法律です!!!

    (1/2)

    投稿日時:2016年10月31日 13時08分

    コメントを書く

  • 提案

    やっても福祉系番組として偏っていると認識されるのは残念ですが
    はたろうさん / 統合失調症
    記事ID: 54629

    要はそういった形でしか精神疾患というものが注目を集められず彼らの目に触れる機会がないというのが問題なのではないでしょうか。
    それらに自粛を促すというなら、精神疾患をカミングアウトした一般人の、いわゆるほんわかニュースや活躍ニュースが一般人の特別な注意を引けない事の方を嘆くべきだと感じました。

    事件が起きた時に、容疑者の思想や心情や容疑者の置かれた状況としての病は、多くの場合事件との因果関係がある可能性があります。
    偏見を助長する可能性があるとしてトップでの報道を控えることもあるようですが、そういった動きに対する一般の障害のない人々からの批判の芽もでてきているように感じます。
    投書はあんまりおすすめしないです。そういうのはいろんな活動家や発信者に任せておいてもいいと思います。

    精神疾患を持っている人は統計ではたくさんいまして、一般人やってます。
    だからそうして犯罪者予備軍としてしか認識されていないというのは、辛いものがありますね。

    投稿日時:2016年10月28日 15時23分

    コメントを見る(現在3件)

  • 提案

    人は下を作る
    ひんしのくまさん / 岩手県 / 30代 / 精神疾患の当事者
    記事ID: 54583

    悲しいですが、人間下には下を作りたいのです。
    社会人による事件より無職による事件、無職による事件より精神障害者による事件が叩き易いのです。

    その方が「自分たちはまだマシ」「自分たちからは遠い世界」という安心感を得られるのかもしれません。
    相模原市の事件で自分は「一般人から見て加害者と被害者、どちらとも同じ遠い世界の人」というポジションにいる障害者なのだなと思いました。

    福沢諭吉は「人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」と残していますが一般人と言われる人達は今回の事件で身体と知的の人達にやさしくなりましたが精神には…という状況です。

    アレー( ゚ 3゚)?障害者権利条約は?障害者差別解消法は?

    投稿日時:2016年10月25日 23時31分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ7件中