本文へジャンプ

  • もう一度発達障害をとりあげてほしい。

    キラキラ
    記事ID:54229

    もう一度発達障害をとりあげてほしい。
    発達障害とは言っても一人一人違うんだから、何回かとりあげてほしい。

    私の場合は広汎性発達障害です。一番苦手なのはグループワークです。輪に入ることができませんでした。コミュニケーションもとれません。

    うつ状態にもなりました。発達障害とうつをとりあげてほしいです。世の中に障害を知ってほしいです

    投稿日時:2016年10月03日 16時11分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在1

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • その他

    同意
    能師さん / 長野県 / 20代 / 発達障害当事者
    記事ID: 54808

    高機能で傍目にわかりにくくても、苦労している方達が、検索して個人ブログや掲示板を観た限りでも沢山いた。

    私もその一人。「だったら適切な支援を最初から求めた上、適した集団に属したらどうだ」とは周囲が当事者に近年、差別防止法やら通級やらの施行もありよく言うことかもしれない。しかし、診断確定に至る受診を本人がためらったり、雇用・労働環境そのものが厳しい中、自らにできることなど無かろうと悲観したりと、言動を起こす前からためらわれる要因もある。

    どれが現実だとしても、「堂々と声を上げられる」状況へは変えられると信じたい。先の例は、定型発達“らしくない”人々を事実上排除する動きが社会にあることが元凶。少しでも周囲と“ズレた人”に対する鬼並みの不寛容さは、改善の余地があると私も思う。

    やはり現在は、ちょっとやそっとコトバの上で発達障害が知られたのみで、支援はおろか本質的な理解にすら至っていない。

    投稿日時:2016年11月08日 23時30分

    コメントを書く

現在のカキコミ1件中