本文へジャンプ

  • 孤独感

    英ちゃん
    記事ID:54270

    私は自分自身が良く分からないのです。良く他人からは「君は自分自身の事を良く解っている!」と言われますが、結構それを言われるとキツいです。何処かで吐き出したいけどいつも独りで悶々としていますよ。
    きっと『寂しい』のかも知れないね。弱さを露呈する事が余りないし、いつも強がっていますが心は凄くナイーブなのです。この頃、そんな自分から脱皮したいと考えています!皆さんは孤独感に苛まれた時、どう対処していますか?良きアドバイスお願いします(^^)

    投稿日時:2016年10月06日 05時23分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在4

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • 提案

    孤独な人の文章は面白い
    そうめんさん / 東京都 / 30代 / 母親
    記事ID: 64263

    面白い、とは失礼なのですが、私にとっては「孤独な人」の方が、孤独ではない人よりも興味深いです。そういう私も、孤独感があり過ぎて(家族が居ますが)最近ブログを始めました。そこに、若い頃封印した、記憶の中の風景や人々を開放して、孤独感を和らげています。とてもじゃないが、家族にあけすけに話せる事ではないですから。自分の心の中の出来事や風景を、誰かと共有したり話したり出来ない時、孤独感が募るのかもしれないです。

    投稿日時:2017年10月26日 13時02分

    コメントを見る(現在1件)

  • かなしい

    私も同じです
    コスモスさん /
    記事ID: 63739

    私は実母から「お前は良く知ってるね」と言われます。
    でも、その言葉から感じられるのは実母の現実逃避です。
    言われるたびに心の傷が深くなるような気がします。
    あちらこちらに自分の経験を書いていますが、私の病気が判明した途端に療育者の言い争いが毎日続き、合わないくすりの影響なのか、それまで無かった夜間のけいれんが続いても一人で寝る日々でした。
    毎晩のけいれんと祖母からの叱責は辛かったです。
    勉強して疑問が出てその事を質問すると「てんかんだから良いの!」の繰り返しです。
    実は救急事態なので、病院に連れて行くことが正しい選択で、もしかしたら命がなくなっていたかもしれないと知り、辛いです。
    手術可能だと知り、付添をお願いしても仕事があるからと全員に断られました。
    実父が糖尿病でけいれんを起こすようになると直ぐに救急車を呼ぶので、ずるい!と言うと「糖尿病とてんかんは違うの!てんかんは放置しても良いの!」でした。
    「低血糖発作なら砂糖を飲めよ!救急車呼ぶなよ!」と言い返し。
    私はなぜ、てんかんが嫌われ、療育者から見捨てられるのかを知りたいです。

    投稿日時:2017年10月06日 13時07分

    コメントを書く

  • 呼びかけ

    寂しさに苛まれる日々
    ゆかりーにさん / 群馬県 / 30代 /
    記事ID: 63699

    最近寂しいと感じる事がとても多いです。信じている友人と電話したりご飯を食べたりして帰属感をしっかり得ます。
    それが出来ない時...
    相手も人間で予定があります。私主体で時間と物事が動いているわけではありません。予定が合わず、誰とも顔を突き合わせて時間を共有出来ない時が、とても厄介。寂しさってどう解消するのか...
    人間は社会的な生き物で、繋がりを求めるのが本質的な生きる意味に含まれています。LINEでもなく、メールでもなく、顔を突き合わせて同じ空気を吸いながら息遣い、目の色、顔の表情、声色、を見て聞いて話す事が1番寂しさを解消出来る方法です。
    ソーシャルコンボイと言って接する環境が多ければ多いほど、豊かな生活が送れると言います。私は30歳ですが、エリクソンの発達課題と検索してみると分かっていただけると思いますが、周りの人達との親密性と孤立、が課題です。信じている友人には寂しい時に隣にいて貰う事で親密性を深めます。
    で、予定が合わない時、どうするか?ですが
    皆さんどうしてますか?
    質問返し!私も知りたい笑笑


    投稿日時:2017年10月04日 22時16分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    愛着障害?
    マインドたろうさん / 海外 / 80歳以上 / その他
    記事ID: 54383

    孤独感は自分が帰属する関係が無い・分からないーという可能性があります。
    自分が帰属する関係とは幼児期に色々な世話をされ、要求を満たされて、自己
    有用感が生まれ、人に対する信頼感となるーいわゆる養親との信頼関係です。
    何らかの事情でこれらがうまく育たなかった場合、人といても共感や安心感が
    得られず、孤独感を感じる事があります。「愛着障害」というものを調べてみ
    てはいかがでしょう?
    >他人からは「君は自分自身の事を良く解っている!」と
    これは自己の何らかの問題や矛盾を合理的に説明するために、自分自身が自分
    を長く考えていた結果と思います。

    投稿日時:2016年10月14日 12時33分

    コメントを見る(現在2件)

現在のカキコミ4件中