本文へジャンプ

  • 精神疾患の親に育てられた経験のある方 体験談・メッセージをお寄せください(2017年4月「チエノバ」)

    番組ディレクター
    記事ID:56728

    「気分に波のある母親に毎日振り回された」
    「恥ずかしい、知られたくない、誰にも相談できない」
    「私のせいだ、私がもっと頑張らないと…」

    ここ数年、精神医療や福祉の現場で、「精神疾患の親に育てられた子ども」の存在に、少しずつ光が当たるようになってきました。
    そこで明らかになってきたのは、当事者が抱える壮絶な生活の実態と生きづらさです。親に病識がなく未受診だったり、周囲の大人から病気のことを説明してもらえないなど、理由の分からないまま混乱の日々を送っていたという人が少なくありません。「家族のことは誰にも話せない」「自分がなんとかしなくては」と抱え込み、「誰も助けてくれない」と絶望したり、「親を殺したい、でも見捨てられない」などの葛藤に苦しんだという声。さらには、大人になってからも、自己肯定感が持てない、対人関係の困難さなど、さまざまな生きづらさを抱えるケースが多いと言われています。
    しかし、こうした問題は、社会にほとんど知られていません。

    そこで“チエノバ”では、改めて、精神疾患のある親に育てられた当事者の声を募集し、番組で取り上げます。

    例えば
    ●子どもの頃、こんなことが辛かった、苦しかった、分からなかった
    ●大人になってから、こんなことで苦しんだ(苦しんでいる)
    ●周囲の大人にこんなふうに関わって欲しかった、こんなサポートがあれば良かったのに
    ●自分を救ってくれた出会いや経験、過去との向き合い方、今だから言えること
    ●渦中にいる子どもたちや同じ立場の人たちに「これだけは伝えたい」こと… など

    番組は、みなさんからのカキコミをもとに作ります。
    あなたの言葉が、こうした子どもたちがいることを世の中に知ってもらうことに繋がり、また、同じように苦しむ人たちにとっての力になるかもしれません。

    ぜひ、体験談・メッセージをお寄せください。お待ちしています。

    ※放送は終了しましたが、こちらのカキコミ板ではみなさんにとっての「交流の場」となるよう、引き続きご意見を募集します。ぜひ、あなたの「声」をお寄せください。

    番組スタッフより
    ★関連番組

    2017年4月6日放送  WEB連動企画チエノバ 「精神疾患の親を持つ子ども」

     
    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらいという方、メールフォームもあります。

    メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)

    ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。


    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

    誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年03月01日 13時53分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在150

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • ムカムカ

    進みたい
    動物園さん / 京都府 / 20代 /
    記事ID: 64575

    私は父親と暮らした記憶がありません。私が中学生のころから、母親が食事を取ろうとしない、急に機嫌がよくなったり、突然ヒステリックになり狂ったように怒りだして何を言っても聞かないという状態でした。兄弟は兄、姉がいましたが、みんなで機嫌をとって合わせていました。私が高校生になると、兄弟2人が父親の家に転がり込んでしまい、母親の見捨てられ不安が強くなり、極度の拒食症になりました。入院をしても、毎日見舞いに来て欲しいといってきたり、私以外に入院のことを言わないで欲しいといってきたりしました。母親に暴力をふるわれた時は親に殺されると思いました。それをきに私自身親とどう関わったら良いのかわからなくなり、親との関わりをたちました。すると親の不安が爆発し、部屋に鍵をかけてもドアの目の前でずっと私を生むつもりはなかった、失敗作だと叫ばれ続けました。学校にいても、私のせいでまた体重が減ったというメールや電話が1分ごとにかかってきたりしました。私自身リストカットをするようになっていましたし、親の作った食事は食べなくなっていました。また、受験の時期でもありました。父親、兄、姉にはそれぞれ相談しましたが、話を聞くどころか母親の相談をされたり、そんなこと誰でもある、と言われたり、そもそも本気でかけあってもらえませんでした。母親も私がリストカットしてようが、変わらずでした。何度も死ぬことを考えましたが、死ぬのは怖くてできないのだと、はっきり感じました。生きるしかないならごちゃごちゃいっていないで生きるしかないと決めました。孤独感に負けないために絶対に引きこもらず外との関わりを持つことが一番大事だと心がけました。
    今では全てを受け止めてくれる人達と出会えて幸せに過ごしています。リストカットも1年以上止まっています。もし皆んなが落ち着いたら、交流が持てると嬉しいのではないかと思えるようになってきています。

    投稿日時:2017年11月08日 15時46分

    コメントを見る(現在1件)new

  • 悩み

    暗い話でごめんなさい。
    セーテツさん / 東京都 / 20代 / 子供
    記事ID: 64507

    過去の投稿を拝見させて頂いて、自分と似たような体験をされている方も多くいらっしゃるんだなぁ、と思い自分のことも書いてみようか思いました。

    僕の母親も、僕が小学校の時に統合失調症を患いました。
    小学生の僕が寝室で寝てる間、母がリビングで一晩中独り言を言うようになったのがことの始まりでした。
    毎年親からクリスマスプレゼントを貰っていたのですが、その年からなくなりました。

    母の症状が酷かった時は、包丁を突き付けられたり、買ってきた食べ物に毒が入ってると言われて捨てられたり、意味もなくぶたれたり、出て行ったと思ったら警察に保護されてたり...。
    まぁ、色々ありました(苦笑)
    今でも母が暗い部屋で包丁を振り回していた様子はよく思い出します。

    今は母は毎日薬を飲んでおり、傍目には言わなければ精神疾患と分からないぐらいには回復しています。
    とは言っても、小さい頃に身近な大人が精神疾患にかかってしまうと、物事を悲観的な風にしか考えられなくなったり、自分に自信が持てなくなったり、それを良しとしない社会や周囲の人たちにうんざりしてしまうものですよね...。

    僕は一人っ子でしたし、周囲には相談できる大人も友達もいなかったし、そもそも人のことを全然信用していませんでした。これは未だにそうです。
    頼れる人は誰もいないので、僕は本や音楽といった芸術分野に逃避し、救いを求めるようになりました。

    今は好きな作家が作品を出してくれることだけを楽しみに生きてます。
    暗い作品しか愛せないし、人間関係で疎外感を感じることは常ですし、人生は暇つぶしだとしか思えません。
    でも、自殺するような元気はないので、新しいものを見たいという数パーセントの希望だけで生きてます。

    僕はそういう風にしかできないのですが、同じような思いをされている皆様にも少しでも救いがあれば、参考になれればと思います...。

    投稿日時:2017年11月04日 00時59分

    コメントを書く

  • 悩み

    2回目の大学受験
    ユニークさん / 茨城県 / 10代 / 子ども
    記事ID: 64449

    私は昨年の入試で失敗をして浪人しています
    私の父親はうつ病ぎみです
    母親もうつ家計ではないもののお金に敏感で毎日のようにその日の受験勉強を終わらせて夜帰宅すると愚痴を聞かされてきました

    私は一人っ子で誰にも相談できませんでした
    昨年の夏の前は父親方の祖父母が2人ほぼ同時に亡くなりました。父親は親の葬儀に借金をし、私の学資保険を使ってしまいました
    この事実を私が浪人生になってから母親が私に話しました
    直前期の今に何で話すんだ。という気持ちでした

    入学金がなければ大学に受かっても入ることができません
    私は国立大学を目指しています。滑り止めで私立も受けなければなりません。私は受けたい私立大学があります
    父親は3者面談にはやたら出向くのに、先生の説明を一向に聞こうとはせず、ただ私の成績表を見て説明はガン無視
    人のお金を勝手に使ってしまうのは大人としても親としてもあるまじき事態だと思います

    現在私は入学金も授業料も払えないのはまずいな、成績優秀者で免除してもらうしかないのかな、それとも親戚に頭を下げて私がお金を借りなきゃいけないのかなとか考えながら過ごしています
    ここの私立を受けたいとも親に言うことができません

    本来ならお金のことはあまり考えず目の前の試験や課題に精一杯になるはずです
    こんな家系に生まれたことを小さいころから不利に感じていました
    こんなに学びたいと思うのになんか不公平に感じます

    現役とまた同じ感じで落ちるのだけはもう御免です

    何かいい解決方法はないのでしょうか。父親の感情の波の激しさに振り回されたりもう嫌です。助けてほしいくらいに悩んでます
    これが今の私の心の嘆きです

    投稿日時:2017年11月01日 23時28分

    コメントを書く

  • エール

    頑張ります
    あきらさん / 青森県 / 20代 / 妊娠中
    記事ID: 64128

    私の母は、私達兄弟が小さい頃から、目の前で手首を切ったり、タバコを体におしつけて笑っていたり、友達を家にいれるとどなったり、学校のことには興味がなく、物も準備してくれなかったり、ご飯は作ってくれず、コンビニ弁当やカット野菜や栄養ドリンクを置いて、夜の仕事へいってしまい、怒るとすぐに手を上げる母親でした。
    父親はおらず、母親にはいままで何人か彼氏ができて、一緒に暮らしましたが、何年もしないうちにて出ていきました。
    そのうち、仕事にも行かなくなり、ずっと家にこもって、怒りすらしなくなり、手を挙げられることもなくなり、田舎の親戚の家へ引っ越すことになりました。
    そこでも母親は仕事をせず、毎日寝たきりで、些細なことで泣くようになりました。
    洋服も買ってもらえず、給食費も払ってもらえなかったため (親戚も裕福ではないため兄弟三人分は払えなかった)、ある日誰かが連絡したのか、児童養護施設というところに引き取られることになりました。

    そんな私にも彼ができ、結婚して、来年子供が産まれます。
    その彼と、彼の家族からは、たくさん傷つくことを言われました。
    私の家族はおかしい、親(母)がおかしいと子供(私)もおかしいのか、神経質すぎる、短気だ、普通に話せないのか、お前いまの言葉失礼だよ、話が噛み合わない、普通に話せないのか、人に甘えなさい、変なところで気をつかうな、などなど
    自分では普通だと思っていても、周りからはおかしい、不快だ、と思われていたんだなと気づかされました。
    子供をきちんと産んで育てられるか心配ですが、ポジティブに、神経質にならず、子供の前では負の部分を見せないように明るい母親になります。絶対に。

    投稿日時:2017年10月21日 15時30分

    コメントを書く

  • その他

    何が正解なんだろう
    なんさん / 大分県 / 20代 / 子
    記事ID: 64105

    私の母は、私が中学生の頃から統合失調症です。
    母が、本来、優しい人だと知っています。
    でも、「ひどくなったら、また入院すれば良い、、」という母。
    日中、ひどい時には深夜でも、大声で歌を歌う母。
    母のせいではないけれど、人の声に吐き気を覚えるようになりました。
    人との付き合いが苦痛です。声を聞きたくありません。
    自分の中で、うまく物事が昇華できない。
    そんな私はそのまま大人になってしまいました。
    将来が不安です。
    私は私自身でこの問題を解決しないといけない。
    それと同時に、母が母自身で、この病気を治したいと思ってくれなければ、周りがどれだけ手助けしても、堂々巡りだと実感した。

    家族の誰かが精神疾患を持っていると、本人も辛いが、周りも辛いと思う。

    投稿日時:2017年10月20日 16時24分

    コメントを書く

  • その他

    惨めな子供時代
    ハートのはなこさん / 30代 / こども
    記事ID: 64042

    母親が気分障害で自殺未遂を繰り返し、父親はおそらく発達障害で家庭にトコトン無関心で殆ど家にいない、周りに親戚皆無の核家族で育ちました。
    母親の入院中は祖父母が田舎から出てきていましたが、これも父方母方共に変人の部類で、嘘の話を聞かされたり、ギャンギャン怒鳴られたりと散々な目に合いました。何かの宗教の信者さんに身の回りのお世話をして貰って過ごした時期もあります。
    小学校低学年の頃から母の愚痴便所としてありとあらゆる嫌な話、悲しい話を毎日何時間も聞かされました。
    大人になって冷静に観察して、母は病気を治すつもりもない子供じみたワガママ女で、父親はヒスられるから家に寄り付かず、子供に世話を押し付けた無責任男だと分かりました。
    二人共軽蔑しています。
    特に子供の時に感じていた「お母さん可哀想」という気持ちは全くなくなりましたので、徹底的に疎遠にしています。
    私は小学校六年生の頃、自殺願望が芽生えそれから20年以上に渡り悲しく虚しい日々を送りましたが、結婚したら嘘のように気分が晴れ今は幸せなので、この生活が一生続く事を願っています。

    投稿日時:2017年10月18日 14時30分

    コメントを書く

  • 提案

    言葉に出来ないから、逃げれないから
    Nさん / 岩手県 / 30代 / 母親
    記事ID: 63978

    私の母親は、私が思春期を過ぎても、成人になっても、同じことを毎日注意して、私の考えは、違うと言い続けました。

    母親のイライラを毎日受けるうちに、髪の毛の中は、高校生の頃には、真っ白に白髪でした。兄弟も、沢山白髪がありました。

    専門学校で、親元を離れると、黒髪にすっかりなりました。

    いつも怒っていて、居場所はありませんでした。

    20代になり、恋人のことも、両親から、悪く言われ、殺意や自死を考えたり、幻聴で、父親の怒鳴り声が聞こえ、あちこち、逃げて帰らなかったり、それを責められ、入退院を何度も繰り返す20代でした。

    母親も父親も 私の動きや考えを、自分の思い通りにしたいようで、違うことをすると、怒っていました。

    薬を飲んで、自分の考えを、考えないように、抑えるしかありませんでした。

    一緒に入院した子も、その子の家を訪ねると、母親が心ないことを沢山彼女に言っていました。

    優しくて、おとなしいから、母親がイライラをぶつけやすかったのかもしれません。

    私の両親は、いつも喧嘩していました。

    悪い環境から逃げることです。

    いい環境に身を置くことです。

    心のあたたかい人といれたら、少しずつ治ると思います。


    一概に、全ての統合失調症があてはまらないかもしれないけれど、

    家出をしたい 親の虐待から逃げたい人が、社会生活をする力をつける、無償の施設みたいな所があれば、いいと思います。

    なかなか 心が傷ついていると、自立は出来ないから、親から隔離するのが一番だと思います。

    投稿日時:2017年10月16日 18時11分

    コメントを書く

  • ありがとう

    自慢の母
    ハートたろうさん / 福岡県 / 20代 / こども
    記事ID: 63705

    私が4歳の頃、母は統合失調症になりました。統合失調症になる前から精神的な病気があったみたいです。そんな母は私が物心ついた時にはずっと布団に寝てこんでいました。重度の統合失調症でした。
    そんな母がわたしが22歳になるのですが、やっと落ち着いてきました。
    ある日母親とまともに話しをしました。
    そこで母親から一言言われました。「今まで母親できなくてごめんね」って。
    私は涙がこみ上げてきました。
    なんか嬉しかった。物心ついたときには寝てる母親しか見てなかったので。
    でも今ではお互い冗談言いあったり、相談しあったりして楽しいです。空白の10数年間だったけど、今こうやって親子が仲良くできてるだけで幸せです。
    母親を大事にしていきます。統合失調症は周りから冷たい目で見られたりするけど、それでも胸張って言えます。
    自慢の母親です。

    投稿日時:2017年10月05日 01時43分

    コメントを書く

  • 悩み

    未だに続く精神的なトラウマ
    おもちさん / 20代 / 子ども
    記事ID: 63588

    私は統合失調症の母親に育てられました。母は幻聴・妄想の影響からか、私が話しかけても、怒ったような顔でずっと独り言を言っていて、私の声は聞こえていないようでした。その頃は家族も母本人も病気だとは思っていなかったので「私が何かお母さんを怒らせるようなことを言ってしまったんだ」と、当時幼稚園児だった私はずっと思っていて、あまり笑うことのない母親にどうにか笑ってほしい、怖い顔の母親は見たくない、と、いつも母の前でおどけてみせていました。

    私の実家は、父、母、母方の祖母、姉、私、で住んでいたのですが、 父と祖母の仲が悪く、働かない父の悪口や、私・姉への教育に関してなど、何かと愚痴や文句があれば祖母は母に怒鳴っていました。

    次期に母は暴力的になり、祖母を殴るようになりました。頭を何度も殴られ、頭から血を流している祖母を見ました。
    包丁を持って祖母の元へ向かう母を、私は泣きながら抱きしめ、止めました。当時私は小学6年生でした。

    毎晩、寝室では祖母以外の4人で一緒に寝ていたのですが、母親がトイレから戻ってくる度に、家族全員が母に殺されるんじゃないかと不安で、私にとって家は安全な場所ではありませんでした。

    ある日、とうとう警察沙汰になり、そこで初めて母は精神科へ行くことになりました。

    モニター越しに見た、閉鎖病棟の何もない部屋に閉じ込められて、肩を小さくして床に座り込んだ母親の姿が、大人になった今でも忘れられません。

    その後、中学生になった私は、「母親の病気のピークと自分の反抗期が重なったせいで、母の病気が悪化したのではないか」などと、自分を責めるようになりました。

    「母親が病気が悪化したのは自分のせい」「母親を傷つけてしまった」と子供時代ずっと思っていたせいなのか、今でも人を傷つけるのが怖く、本当の自分として他人と接することができず、深く関わることができません。

    投稿日時:2017年10月01日 12時42分

    コメントを書く

  • 悩み

    自分が弱くなったときは守ってくれない
    すずめさん / 神奈川県 / 20代 / 子供
    記事ID: 63559

    物心ついた頃から、母は鬱と他の身体的な病気を併発していました。小学生の頃は家で寝ているのが当たり前、家事をしたり買い物に行くと機嫌が悪くなって帰ってくるのが当たり前でした。母の起源を取るように一言一句に気を使う生活が当然の生活でした。
    中学生になり、兄が進学で出ていくと、家庭内で母の鬱を受け止めるのは私一人となりました。同じ頃に父が情緒不安定となり、親戚の目とアルツハイマーが進行していた祖父の体調を気にしながら暮らしていました。母からは「こんな家庭環境はよくあること、私が子供の頃のほうが大変だった」と言われていました。
    大学生になった頃には母の鬱は多少マシになり、父親は元に戻りました。大学生になって、自分の親を直接知らない友達が出来たことで特に親しい友人に家庭のことをカミングアウトしました。そこで自分の家が普通ではなかった、少なくとも楽ではなかったということを知りました。裕福な家庭の多い学校だったので、家族と仲良くしている同級生がとても多く、憧れを超えて嫉妬をするようにもなっていました。
    就活で失敗した頃、私自身が統合失調症の症状が出始めました。しかし、母は自分の鬱のほうが大変だ、お前は新型うつで甘えてるだけだ、お前が家にいる頃は機嫌をとるのが大変だった、親として心配すらさせてくれないのか、と言って、向き合ってくれませんでした。
    現在も母の鬱が悪い状態で、朝から晩まで、メールから電話まで罵詈雑言と「一緒に死のう」という言葉を浴びせられています。

    自分が元気ならいくらでも受け止められたはずなのに、今はそれができない無力感と、必死に寄り添ったはずなのに、そんなことはなく、むしろ私が原因で悪くなったと言わんばかりの母の言動に疲れてしまいました。

    投稿日時:2017年09月29日 22時38分

    コメントを書く

現在のカキコミ150件中