本文へジャンプ

  • うつ病者は会社(或いは社会)にとって邪魔?

    つつみけい
    記事ID:58398

    軽度のうつ病(気分障害)と診断されています。
    治る気配はありません。
    薬やら健康法、運動法など色々やってますが気分が良くなることはなく
    そもそも、どういう状態が治った(健常)と言えるのか自分でもよく分からなくなっています。

    私が提起したい問題は、上述の部分ではなく『うつ病の人は会社にとって邪魔なのか?』ということです。
    今の勤務先にはうつ病(気分障害)を隠して働いているのが現実です。
    軽度だから、苦しくなった時には安定剤を飲んで平静を装えています。

    というのも今の会社に就職する以前、とある会社に就職した際に研修期間中うつ病であることが発覚してしまい即日解雇になりました。
    解雇の日「そういう訳の分からない変な病気持ちの人間は気持ち悪いから、雇えない」と言われましたが、職安に提出された理由は「能力と業務が見合わないため」でした。

    この事実から『うつ病の人は会社にとって邪魔なのか?』という疑問が頭に横たわっています。

    解雇した会社もその後の私の就職活動のため、せめてもの配慮としてうつ病が原因であることを明記しなかったのかもしれませんが、そもそもそういう配慮があるということは『うつ病だと就職に不利である』ということのメタファーだとも解釈できるのです。

    今の勤務先も、うつ病が発覚したら解雇される可能性があります。
    結局❝バレていないから働けている❞だけのことであって、周りを見渡しても経営者は働かせる働かせてうつ病なんかになって使いものにならなくなった従業員は使い捨てることについて平気なのだなと思っています。

    私のエピソードの様な体験をされた方や、今闘っている方のご意見をコメントで伺えれば幸いです。

    投稿日時:2017年05月16日 18時30分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在4

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • なっとく

    結論は出ました。
    つつみけいさん / 静岡県 / 30代 / その他
    記事ID: 59231

    皆様、トピックに対してコメント頂きましてありがとうございました。
    mamoさんの就業規則違反というアプローチからの書き込み、じゅんこさんのお仕事をするのが難しいという現状…。
    私の中で、精神的な病い(と診断された)は、会社そして社会にとって邪魔な存在であるということで決着が付きました。

    社長にとっては、社員はお金を稼ぐための道具やツールでしかなく、本来の働きをしなくなった場合は不要であり、使えない道具を買いたいとは思わず、何かしら理由をつけて処分したいというのが現実でしょう。
    かつて「オマエは病名を医師から貰うことで病気のせいにして楽している」と言われたことがあります。
    ひょっとしたら、そうかもしれません。
    パワハラ、モラハラ、セクハラをして精神的に誰かを追い詰めていても、健全に見えれば必要とされる人々なのでしょう。
    外から見たら普通に見えることがギャップになっているのかな…。
    カミングアウトして良いことなんて一つもありません。

    投稿日時:2017年05月31日 09時56分

    コメントを見る(現在2件)

  • その他

    多分、わたしは会社(或いは社会)にとって邪魔だったのだろう。
    mamoさん /
    記事ID: 58936

     わたし自身は、うつではありませんがつつみけいさんと同じ様に新卒で入社した会社でパワハラに遭い、精神の病を患い、精神科を受診して心因反応と診断され、まともに会社に出社出来ず2回の休職後約10年で退職しました。退職したときはわたしから退職したことになっていますが、実質的にはクビと同じでした。
     会社はボランティア団体ではありませんから、精神の病を患って仕事が出来なくなったわたしは会社にとって邪魔になったんだろうといまは思ってます。働かない、働けない社員はいらないのです。つつみけいさんのケースとは違いますがわたしの場合はそうでした。
     わたしがパワハラに遭った頃は、パワハラという言葉さえありませんでした。ですから、パワハラが問題になっている昨今とは違いますが、当時はそういう時代だったのだと思います。
     
     わたしの職場での話は、コメントで述べた通りです。わたしの職場は障害に理解があります。しかし、雇われるからにはそれなりの働きをしないといけないと思ってます。

     つつみけいさん、いろいろと勝手なことを言いましたが、じゅんこさんが言われるとおり、どうか、「心」と「体」を大切になさってください。仕事をする前に「心」と「体」がちゃんとしていることが基本ですから。
     

    投稿日時:2017年05月24日 21時43分

    コメントを見る(現在3件)

  • かなしい

    なんか『ひどい』会社だな…と感じた
    じゅんこさん / 東京都 / 40代 /
    記事ID: 58530

    あなたの投稿を読んでて感じた事なんだけど、「かわいそう」はもちろん、「会社側がひどすぎる‼」とそう感じた。
    どういったきっかけでうつ病になったのかわからないが、会社には人間関係のストレスがあるし、仕事でのストレスもあるでしょう。ちょっとした病気でも「退職」するような会社だったらもう、訴えてもいいんじゃないかな…あまりにもひどすぎてね。
    manoさんの意見で雇用契約を読ませて頂きました。これはあまりにも『やり過ぎ』だと思います。下手したらTVのニュースでありますように「自殺する」ことになるってことを上司たちはわかっているでしょうか。うつ病だけではなく、精神の病気は簡単に治るものではありません。お薬の必要がありますし、大きな病気に成りかねないからです。
    今は退職して、精神的につらいでしょうから慌ててお仕事探すのはやめてゆっくり休んでください。体調崩すこともありますから。

    投稿日時:2017年05月19日 12時26分

    コメントを見る(現在2件)

  • 提案

    雇用契約はどの様になっていますか。
    mamoさん /
    記事ID: 58438

    つつみけいさんカキコミ失礼します。
     わたしが、つつみけいさんの投稿文を拝読して疑問に感じたのは、つつみけいさんと会社との間で交わした雇用契約書に「うつ」についてどう書いてあるか、また、就業規則はどうなっているかということです。もし、そこに抵触したならば、就業規則を順守してないことになると思います。ですから、当然解雇もありうるし、それを承知して働いているつつみけいさんがどの様に言われてもしょうがないと思います。

    投稿日時:2017年05月17日 18時53分

    コメントを見る(現在10件)

現在のカキコミ4件中