本文へジャンプ

  • 【募集中】精神科病院での「身体拘束」について、みなさんのお考えや体験談などお寄せ下さい(2017年9月放送“チエノバ”)

    番組ディレクター
    記事ID:61259

    「暴れてもいないのにいきなり拘束されて、怖かった」
    「身体の自由を全て奪われ、トイレもおむつ。人間の尊厳を失った気がした」
    「母が認知症で病院に入院した時、拘束されケアを受けていた。不安だけど任せるしかなかった」

    ご自分が、あるいは家族が精神科病院に入院した時、手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束をされ、不安な経験をしたことはありませんか?

    厚生労働省の調査によると、精神科病院で身体拘束を受けた人は、2014年には1万人を超えました。ここ10年で2倍近く増加しています。しかし、「精神科病院に入院していたことをしられたくない」「話しても全部病気のせいにされる」「誰も助けてくれない」など、その経験を誰にも話せず、ひとり苦しみを抱えたままの人も多く、その実態はなかなか伝わってきませんでした。
    そこで今回、“チエノバ”では、精神科病院に入院、身体拘束をされた経験のある当事者やその周囲の方々の声を募集し、番組で取り上げます。

    皆さんとともに、日本の精神科医療や身体拘束のあり方について考えていきたいと思います。
    ぜひ、体験談・メッセージをお寄せください。

    番組スタッフより
    ★投稿されたカキコミは、一部を番組内でご紹介させていただく場合があります。その場合は投稿名でのご紹介となります。

    ★放送予定
    WEB連動企画“チエノバ”「精神科病院の“身体拘束”を考える」
    【生放送】9月7日(木)夜8時
    当日は Twitter でご意見を募集します。ハッシュタグは「#チエノバ」で、50文字程度でご意見を
    再放送 9月14日(木)昼1時5分 ※放送日時が変更する場合があります

    ★どうしても掲示板方式の「カキコミ」はしづらい…という方、メールフォームもあります。
      メールフォームを開く(別ウインドウ/PCサイト)
      ※シリーズ名から「WEB連動企画チエノバ」を選んで投稿してください。

    ★投稿のルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。
      誹謗中傷、他の人を不快にさせる投稿は一部または全文を削除させていただく場合があります。

    投稿日時:2017年07月28日 20時10分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在197

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。

  • かなしい

    続・報告です
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 64548

    先日の学会は、医師だけでなく、当事者を含む様々な人たちの集まる学会でした。
    ところが、シンポジストの医師・看護師は、他の病院・全国・海外の実情にも、患者の退院後の人生にも、無知・無関心で、被害者たちや支援者の証言・意見にも、弁護士からの違法性の指摘にさえも、聞く耳を持ちませんでした。
    看護師は、弁護士に対しても、強制治療すれば良くなる、強制治療しなければ入院が長引く、と自信満々に主張しました。良くなるというのは、その場だけ、見た目だけである、患者は後々まで苦しんでいると、すでに被害者たちや支援者が証言したのですが。仮に本当に良くなるとしても、治療のためなら法律に違反しても構わないのでしょうか。死ぬか生きるかの瀬戸際でもないのに。

    投稿日時:2017年11月07日 13時41分

    コメントを見る(現在2件)

  • かなしい

    報告です
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 64516

    先日、ある精神医療学会のシンポジウムに出席しました。
    ある身体拘束被害者が、痛風で歩けなくなり救急車を呼んだら、遠くの病院へ措置入院させられ、身体拘束された、措置入院を決める指定医2名の診察では、全く同じ質問を続けて2回受けた、と証言しました。(措置入院は、暴力を振るうなどして警察沙汰を起こした精神障害者を、指定医2名の診断のみで、誰の同意も必要とせず強制的に入院させられる制度です)
    別な被害者は、いつも元気な男性なのに、いつになく辛そうで、泣き出しそうになり、座長だったにもかかわらず、途中で一旦退席しました。しばらくして戻ってきて、身体拘束を受けたら、どんな拷問にも耐えられると述べました。
    もう一人の座長の締めくくりの言葉が印象的でした。人に危害を加える危険性なら、暴力団の方がはるかに高いのに、暴力団を予防的に逮捕することはなく、精神障害者は予防的に隔離・拘束するというのは、明らかに差別です、とのことです。

    投稿日時:2017年11月04日 23時53分

    コメントを見る(現在2件)

  • 呼びかけ

    お願いです
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 64248

    精神医療への批判を見聞きすると、不安を感じることもあるかと思います。でも、あわてて薬をやめてしまうことのないように、お願いいたします。危険ですので。
    落ち着いて、よく調べたり信頼できる方に相談したりして、もし薬を減らすとしたら、正しい方法で、慎重に、ゆっくり、様子を見ながら、見守ってもらいながら、やっていかなければなりません。少し減らしてみて、やはり減らしてはだめかな、と感じたら、無理しないで、元に戻した方がいいと思います。しばらく待って再挑戦するのもアリです。
    くれぐれも、あわてないように、お願いいたします。

    投稿日時:2017年10月25日 23時41分

    コメントを見る(現在3件)

  • 呼びかけ

    このトピックの深さ
    英ちゃんさん / 福井県 / 40代 /
    記事ID: 64214

    正直、始めは、このトピックを作った事に対し大丈夫かなぁ?と思っていました。
    辛い経験を当事者、または医療関係者が語らなければ成らない。
    または家族の思いもですね。
    このトピックのおかげで一時期、体調を崩しましたが、皆さんに励まされ感謝です(^^)
    確かに拘束経験の有る私に体験を話して欲しい。解りますが、もうこれ以上、話すことはありません。何故ならば辛い、苦しい体験をしたからですよ。
    私は従来、明るい性格です(^^)
    しかしながら、もうこれ以上はいいです。
    ストレスの吐き出し口としての場で本当に有り難いトピックですが、
    ネガティブな意見もいっぱい有りましたがね。
    私は皆さんと共に学ぶ事が出来て良かったですよ(^^)
    正直、難しい問題点です。
    妥協点と言うか解決策はなかなか時間を掛けなければ成りませんね。

    もう統合を患って30年。
    拘束は無くなってません!
    私の生きている内に何かアクションを起こして欲しいですけどね。

    経験者としての私の気持ちです。

    ありがとうございました(^^)

    投稿日時:2017年10月25日 06時13分

    コメントを見る(現在4件)

  • その他

    道徳・多様性
    訴えを受け止めるさん / 熊本県 / 20代 / 聾者
    記事ID: 64207

    「道徳」と「多様性」との両立が国づくりに役に立つ
    一人ひとりが理不尽な日本に向き合う
    周りに気付かれない、見られないところで、密かに身体拘束を行われていることにショックを受けています

    投稿日時:2017年10月24日 20時00分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    身体拘束被害者が病院を裁判で訴えるしか手段がない
    2歳児のパパさん / 埼玉県 / 40代 / 夫
    記事ID: 64137

    放送後2ヶ月近くが経過しようとする中、久しぶりにカキコミ板を見て想定外に投稿が続いていたことに驚いております。
    それと同時に精神医療関係者からすれば所詮は喉元過ぎればで、被害者らの辛い無力感も伝わってきてとても心が痛みました。

    しかし、身体拘束されていたニュージーランド人が死亡するという痛ましい事故が表沙汰になり、こうやってNHKで特集も組んで頂けた事は、私達被害者に一つのチャンスが与えられたことに今も変わりないはずです。
    今回の事故を風化させないため、そしてチャンスを無駄にしないためには、やはりこれをきっかけに裁判に訴え、一件でも私達で判例を増やしていくしかないような気がします。
    勝ちでも負けでも良いので判例を残して欲しい。
    もちろん身体拘束を考える会のような集まりの中で、何か裁判費用を助け合えるしくみができればなお良いのですが。

    私の方は近く妻の身体拘束被害で裁判に出られる可能性もあり準備を進めております。
    参考までに、裁判所の証拠保全に30万円ほど費用がかかりましたが、分割で支払っております。
    おそらく裁判になれば裁判費用が更に大きな負担になることも予想されますが、多くの身体拘束被害者を代表しても戦おうと思います。

    裁判が終わる頃までもしカキコミ板が残っていれば結果報告はしたいです。

    裁判費用の問題もあり個人で行うには大変負担の大きなやり方ですが、ひとりでも多くの被害者が泣き寝入りにならない励みになればと思い、呼びかけさせていただきました。

    精神病院で行われているほとんどの身体拘束は人権侵害です。
    精神医療から人権侵害がなくなるまで諦めずに頑張りましょう。

    投稿日時:2017年10月21日 22時53分

    コメントを見る(現在8件)

  • その他

    病院を選ぶことの困難さ
    病院の選び方さん / 熊本県 / 20代 / 適応障害をもつ聾者
    記事ID: 64054

    突然、心の病を患った人は「私をこの病院に連れて行ってくれ!」を家族等に頼む事は難しい
    ドナーカードやヘルプカードのような事前の意思表示が必要です
    突然、心の病を患った人を見かけたら、家族等が適当に病院を選択しているのではないでしょうか?
    家族等が心の病を患った人抜きにその人の事を決めていませんか?
    「私達抜きに私達の事を決めないで下さい」という言葉を忘れていませんか?
    病院は命に関わるので、病院の選び方は慎重にして下さい
    病院の選び方によって、人生が左右する

    投稿日時:2017年10月18日 20時14分

    コメントを見る(現在1件)

  • 提案

    わたしがこのトピックを読んで疑問に感じること
    mamo さん /
    記事ID: 63987

     わたしがこのトピックを読んで最近疑問に感じることがあります。
     日本の精神科医療には身体拘束や長期にわたる入院、向精神薬を沢山服用させるなど問題が多いのは事実です。しかし、このトピックに投稿される方のなかには精神科に掛かっている方も少なくないと思います。その方々は現在、どの様にして精神科病院や精神科医と係わっているのでしょうか。信用出来る精神科医に掛かってないのでしょうか。また、精神科は信用出来ないので精神科への通院はしてないのでしょうか。精神科医に頼らないと生きてゆけない人もいると思うのですが、どうでしょうか。
     わたしは日本の全ての精神科が信用出来ないということはないと思ってます。わたしも精神科を受診してますが、主治医はいろんな面で信用してます。でないと、わたしの病の治療は出来ませし、これから先も不安です。わたしは今の主治医はわたしのことを考えて診察してくれてると思ってます。
     精神科に通院している者として疑問に感じるのですがどうでしょうか。
     

    投稿日時:2017年10月16日 20時40分

    コメントを見る(現在7件)

  • その他

    世の中には・・・
    諦めないさん / 熊本県 / 20代 / 適応障害を持つ聾者
    記事ID: 63971

    世の中には理不尽な事が多い
    精神科病院での身体拘束問題は謝罪するだけで済ませる話ではない
    時代に合わせた法律を作る
    永遠に法律が変わらないと、どうなるか分からない
    一人ひとりに他人を思いやる心があればいいけど、なかなか難しい

    投稿日時:2017年10月16日 14時13分

    コメントを見る(現在1件)

  • 呼びかけ

    日本全体の問題の縮図
    日本人やめたいさん / 東京都 / 50代 / 当事者・専門家
    記事ID: 63938

    自分の体験や思い「だけ」でなく、国際情勢・国際感覚、日本の異常な数字と実態、身体拘束のリスクや死亡・悪化・後遺症・トラウマなどの深刻な結果、被害者・遺族・寄り添う家族らの悲痛な訴え、看護師・家族ら関係者の苦悩などなど、「事実」に基づいてよく考えてみていただきたい、と再三お願いしてまいりました。そして、互いに違う立場・体験・意見などを尊重し合い、日本の精神科医療をよくして行こうという共通の目標に向かって、今後どのようにして行けばよいか、一緒に話し合っていきましょうと再三お願いしてまいりました。
    しかし最近、他のサイトで多くの人たちが、番組やこの掲示板を見て面白がって不謹慎なことを書いて流したり、自分の体験や見聞「だけ」に基づく自分の意見「だけ」を通そうとしたり、完全に他人事として「評論」したり「批判」したり、精神科患者や家族へのヘイトスピーチまがいのことを書いて流したりしているのを見ました。(もちろん、中には真面目な意見もありますが)
    こんな世の中で、自殺したくなったり、暴れたくなったりして、どこがおかしいのか、それを身体拘束して抑え付けることが本当に「治療」なのかと問いたいです。まして、暴れてもいないし自殺しようとしてもいないのに「いつ暴れ出すか、いつ自殺するか、わからないから、拘束は必要だ」しかも「人手が足りないから付き添えない」など、あまりにも理不尽・無慈悲です。カキコミする看護師のほとんどは、自分たちは危険にさらされている、大変なのだ、努力している、ちゃんとしている、好きでしているのではない、理解しろ、待遇を改善しろと主張するばかりで、患者や家族・遺族をディスる人たちも多いです。
    本当に日本人やめたいです。
    身体拘束を特殊な問題としてではなく、日本全体の問題の縮図として、全体を見直すきっかけとして考えていくべきであると思います。

    投稿日時:2017年10月14日 21時41分

    コメントを見る(現在6件)

現在のカキコミ197件中