本文へジャンプ

  • HSP

    にゃはーと
    記事ID:61950

    まだまだ理解されていないHSP。
    物心ついてからずっと苦しく悲しく生きている意味もわからなかった。
    2006年うつ病の診断。
    それからも自傷・自殺未遂は続いた。仕事を休職して1年半。
    1冊の本に出会った『敏感過ぎる自分を好きになる方法』
    泣きながら何度も何度も読んだ。
    生きていていいんだと生まれて初めて思った。
    学会では認知度の低いHSP。主治医は肯定も否定もしなかった。
    でも私は救われた。苦しみ悲しみ辛く憎悪の塊になり自分を責め続け死ぬことばかり考えてきた長い永い時間の「整理」がついた。納得ができた。
    大丈夫なんだ「私」でいいんだ初めてそう思えた。
    心が嘘のように軽くなり自責も自殺希求もほとんど出なくなった。
    難解なクイズや問題が解けたとき「やったー!これだ!」「出来たー!」「よーし!次も!」あの感覚と言えば理解してもらえるかも知れない。
    まだ身体症状は消えないし服薬もしている。波もまた来るだろうけれどこの本があれば大丈夫と今は思える。

    投稿日時:2017年08月18日 09時03分

  • このトピックに「カキコミ」する
  • 現在0

投稿ルールを必ずお読みの上、ご利用下さい。