NHK名古屋放送局
このページをいんさつする

探検1 はたらく人クローズアップ はたらく人たち

NHKではどんな人が働いているの?

お天気キャスターに話をきいてみました。

■どんな仕事?
ふだんの生活でいちばん身近な情報(じょうほう)が天気予報(よほう)です。天気の状態(じょうたい)はつぎつぎと変化し、交通機関、いろいろな人たちの仕事、学校行事など、社会に大きな影響(えいきょう)をあたえます。ニュース番組の中では、無人観測所(かんそくじょ)「アメダス」や気象衛星(きしょうえいせい)の情報をもとに天気予報したり、天気図を使って解説(かいせつ)したりしています。

■大変なところは?
天気はみなさんのくらしや時には命にかかわる大切なものですから、正確(せいかく)な情報をわかりやすくお伝えできるように努力しています。

お天気キャスター天気画面のひみつ


■仕事の必需品(ひつじゅひん)は?

カレンダー、気象ハンドブック、傘立春、冬至(とうじ)など暦(こよみ)に関する情報がのっているカレンダーを身近において、コメントの参考にしています。