NHK名古屋放送局
このページをいんさつする

探検1 放送のれきし アナログ時代 1920年代

成長期のテレビ

NHKは放送網(ほうそうもう)を全国に広げ、民放も各地で開局が相次ぎネットワークを形成していきます。

カラーテレビ本放送開始 1960年(昭和35)年

テレビはしだいに家庭電化品のシンボル、一家団らんの中心となります。東京オリンピックの開会式をオリンピック史上初めてアメリカへ衛星中継(えいせいちゅうけい)したほか、人類が月に立つ歴史的瞬間(しゅんかん)を生中継するなど、衛星中継の時代がはじまります。

人類が月に立つ歴史的瞬間の生中継
1960(昭和35)年 カラーテレビ本放送開始
1961(昭和36)年 連続テレビ小説第1作「娘と私」放送
1963(昭和38)年 大河ドラマ第1作「花の生涯(しょうがい)」放送
初の日米間テレビ衛星中継受信実験
(ケネディー大統領暗殺ニュース報道)
1964(昭和39)年 「東海道新幹線」全線実況(一部録画)中継
東京オリンピック実況中継
1968(昭和43)年 民放初のUHF局開局
1969(昭和44)年 NHK・民放 FM本放送開始
初の月面着陸をテレビ中継

NHKの連続テレビ小説や大河ドラマがはじまったのもこのころでした。