NHK名古屋放送局
このページをいんさつする

探検3 放送の仕組みを知ろう! 放送が家庭のテレビに届くまで

放送のしくみ

電波が家庭に届くまでのちがいにより、放送は主に次のように分類されます。

テレビ局からの電波は、いろいろな方法で家庭に届きます。

■地上放送
放送局からの電波は、瀬戸デジタルタワーや中継放送所を経由して、みなさんの家のアンテナまで届きます。一般的なテレビ電波の受信方法です。

地上放送

■BS放送[放送衛星を使った放送]
放送局からの電波を、赤道上空36,000kmの宇宙にある放送衛星を経由して受信する放送で、地上放送では映りにくい山に囲まれたところや離島などでもきれいな映像と音声を楽しむことができます。

BS放送

■CS放送[通信衛星を使った放送]
放送局からの電波を、宇宙にある通信衛星を経由して地上で受信する放送で、BS放送と似ていますが、CS放送は受信希望者がCS放送の会社とけいやくを結んで見る有料放送が中心になっています。

CS放送

■ケーブル放送[CATV]
ケーブルテレビ会社と家庭を専用のケーブルでつなぎ、ケーブルテレビ会社が衛星や瀬戸デジタルタワー・中継放送所から受信した電波と、独自(どくじ)に制作した番組をそのケーブルを通して直接家庭に届けています。そのため高いビルなどに電波をさえぎられることがありません。

ケーブル放送