NHK名古屋放送局
このページをいんさつする

探検2 ニュースの現場を体験! 緊急報道が放送されるまで

日本全国に54の放送局、それに支局や報道室などがあります。

各放送局には、24時間体制で職員が待機していて、大きな事件や災害などの一報があると、最寄りの放送局などからすぐに取材に駆けつけます。

緊急ニュースをいち早くお伝えするために

■すぐに中継・放送できるように
中継車や報道用のヘリコプターなどの設備を利用し、すぐに中継・放送できるように備えています。また、事件や災害の規模によっては、近隣の放送局から応援が駆けつけることもあります。

■緊急ニュースを放送する場合
通常放送している番組を中止してニュースを放送する場合は、報道の担当者と番組編成の担当者などが話し合って、事件や災害の大きさなどを考えて決定します。その場合、いつ通常の番組に戻すのか、緊急報道で休止になった番組を代わりにどこで放送するかなどもあわせて検討していきます。

「ニュースの一日」どうがをさいせいする