総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2
東京日本橋生まれの林家木久扇師匠にとって、忘れられない洋菓子が人形町の老舗洋食店で食べた「プリン」。今でも大好物です。こどものころのお菓子といえば甘食パン、ドーナツ、シュークリームなどで、今流行りのスナック菓子や袋菓子には味気なさを感じてしまう。「こどもだけでなく大人にとっても、おやつは大切!」というのが持論の師匠が、家族とともにお菓子を通じて地球の平和を歌います。
 番組関連グッズを探す
総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2
おなかの中のあかちゃんを愛おしく想い、もうすぐ会える喜びを感じているママの日常を歌にしました。ときには、「ちゃんとママになれるかな」と不安も感じます。でも大丈夫。会いたい気持ちは、大きなおなかより、もっと、もっと、大きいのです。あかちゃんを抱きしめられる日を、待ち遠しく想う。愛おしく想う。そんな気持ちを伝える曲です。
 番組関連グッズを探す
総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2
大切な人にほど、好きな人にほど素直になれなくて、思ってもいないことを言って傷付けてしまう。誰にでもきっと、そういう経験はあると思います。そんなちっぽけな自分と、もじもじと動くけむしを重ねて「弱虫けむし」という言葉を使いました。「ごめんなさい」の一言がなかなか言えない。本当はずっと伝えたいのに、どうしても素直になれないあなたの背中を少しでも押せたらという想いが込められている曲です。
 番組関連グッズを探す
総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2
日本の食文化を語るとき必ず登場するのが、「納豆」を代表とするネバネバの食べ物です。「とろろ」「おくら」「めかぶ」「なっとう」という4大ネバネバの食べ物を歌の題材に元気の出る歌に仕上げました。曲は「ネバネバ」が持つ語感の面白さをベースに、子供がついマネしたくなるようなフレーズ、覚えやすいメロディーで構成しました。ねば ねばねばねばで、ネバーギブアップです。
 番組関連グッズを探す
総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2
総合テレビ
Eテレ
ラジオ第2