誰かがサズを弾いていた
2011年04月-05月
「世界の歌姫」ヤドランカは、さまざまな民族が暮らす東欧の国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(旧ユーゴスラヴィア)の首都、サラエボの出身。さまざまな国を旅して現在、日本に活動の拠点を置いています。これまで文化の異なるたくさんの人たちと出会い、お互いを理解することで、多くの影響を受けてきたという彼女が歌うのは、民族楽器サズのエキゾチックな音色に乗せて、吟遊詩人さながらシルクロードの夢を語った子守唄。サズは、イラン・トルコ・バルカン半島諸国の民族楽器で、ペルシャ語で「笹が奏でる風の音」という意味。シルクロードのキャラバン(隊商)を通じて東西文明を渡り、形を変えながら旅をしてきた楽器です。そんな異国情緒たっぷりなうたを幻想的に描くのは、日本を代表するイラストレーターのひとり、宇野亜喜良。1950年代から広告デザイナーとして活動し、1960年代以降、横尾忠則らと東京イラストレーターズ・クラブを設立。マックスファクターの広告美術、寺山修司「天井桟敷」のポスター、絵本、小説の挿絵、装丁など、確かな筆致とデザイン性、幻想的な画風で活躍しつづけています。今回は、人形や石像、駱駝といった造形物をはじめイラストレーションを担当。映像化を岡野正広が担当します。
  • 番組関連グッズを探す