エレファン
2011年10月-11月
いつの時代にも、美しく、悲しい物語は、こどもたちの心を育ててきました。「マッチ売りの少女」「フランダースの犬」「人魚姫」、日本では「ゴンぎつね」「鶴の恩返し」「ゾウのはな子」「忠犬ハチ公」、そして、みんなのうたでは「さとうきび畑」「スーホの白い馬」「勇気一つを友にして」。大切なもの、かけがえのないものが何なのか、それを涙とともに教えてくれた名作たちは、安易なハッピーエンディングで片付けないからこそ、幼い心に深く刻まれます。そのような寓話を“みんなのうた”に久々に登場させたい。その思いから生まれたのが、「エレファン」です。母親の愛を一身に受けて育った小象のエレファン。いつも当たり前だと思っていたその愛が、かけがえのないものだと知り、初めて「ありがとう」と言えるようになるまでの物語を、ドラマティックな旋律と、深く美しい映像で綴ります。歌は、ジブリ作品で人気を博し、若いながらも成熟した歌唱力で広い世代を魅了し続ける手嶌葵。松本俊明(ピアノ)、斉藤ノヴ(パーカッション)、渡辺等(コントラバス)、三浦一馬(バンドネオン)の演奏でお送りします。
  • 番組関連グッズを探す