ウメボシジンセイ
2011年12月-2012年01月
気軽に口ずさめるメロディーで、ちょっとなつかしい…。日本の原風景でもあるよ うな、情緒豊かな曲が誕生しました。ひかえめでありながら、私たちの暮らしにしっかり と根付いている「ウメボシ」たちが、四季の移り変わりの中で私たちの日常 に見たものは?明治時代に発行された「尋常小学読本巻五」に収録された“うめぼし”という一編の詩を、クリエイティブ・ディレクターの大島亜佐子が翻案・補作詞。作曲家の櫻井映子が、思わず口ずさみたくなるメロディーをつけました。うたはビューティフルハミングバード(ボーカル・小池光子)と、小池がかつて所属した、NHK東京児童合唱団の共演。映像は、補作詞の大島が自ら手がけ、大勢の子役をウメボシに【変身】させる、おどろきのアニメーション手法と手作りのアートワークで彩ります。
  • 番組関連グッズを探す